2007年04月25日

●将棋関連、ひさびさに

1、先日チラッと書いたけど、
  来月1日発売の月刊「論座」(朝日新聞社)に、
  羽生善治さん×茂木健一郎さんの対談記事が出ます。
  光栄なことに
  ぼくが司会と構成を担当させていただきました。
  けっこう長めの大きな記事なので、
  ご興味のある方は、ぜひ読んでみて下さいね。

2、この対談のテーマは、コンピュータ将棋です。
  もちろん、渡辺明竜王VSボナンザ戦の話題も出てきますが、
  話はそこにとどまらず、すんごく広く、深く展開しました。
  えーと、詳しいことは来週書店でご確認ください。

3、ちなみに今日は将棋の名人戦第2局ですね。
  よく仕事をご一緒する70歳代の某編集者さんは、
  挑戦者の郷田真隆九段と親しいらしく、
  「郷ちゃんは、ほんとうにいい青年だ」
  と何度もいっていました。
  直接お会いしたことはないけれど、
  そんなわけで、なんとなーく、今期は郷田九段を応援しています。

4、さっき毎日新聞の名人戦速報記事をみたら、
 「森内はひげそりに失敗したのか、
  少し血がにじんだ鼻の下をティッシュで押さえた。」
  と書いてあって、そんなこと書かれちゃうのかと、びっくりしました。
  (参考→こちら

5、ひさしぶりに将棋の話題を書いたので、もうひとつ。
  「勝手に将棋トピックス」という人気サイトの、
  昨今の将棋界の動きを考える記事のなかで
  拙著「瀬川晶司はなぜプロ棋士になれたのか」に出てくる
  いくつかのエピソードが紹介されていました。(→こちら
  自分が関わった本が、こんな風に
  読んだ方々の考えをまとめる役に立つのって、とてもうれしいです。
  ありがとうございました。

 

Posted by tekigi1969 at 2007年04月25日 18:41
トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://tekigi.hiho.jp/cgi/mt/mt-tb.cgi/1261

コメント
コメントしてください




保存しますか?