2007年05月22日

●ご近所烏

昨日は一日カラスががあがあ鳴いていました。とくにひどかったのは夕方。裏庭あたりで騒ぎはじめて、たぶん何かに怒っている。興奮した一羽が、裏の山から飛び出して、うちの屋根にどかんと激突。すげえ驚いた感じでふらふらとどっかに消えていきました。あんたもびっくりだろうけど、ぼくも驚いたよ。

そういえば大学生のころ、「コウモリが怖い」という女の子の先輩がいた。「あいつらは超音波があるから近く飛んでても平気でしょ」といったら、「いや、超音波、アテになんない」と否定された。なんでも、夜に木の下を自転車で走り抜けていて、コウモリが顔に激突してきたことがあったそうです。あ、そういえば、新幹線とかもダイヤ改正で走行スピードをアップするとカラスがぶつかることがあるそうですね。でも数ヶ月すると当たらなくなるのだとか。学習する、っていうことなんだろうけど、その後の世代になってもその学習内容が受け継がれるらしいってのは、不思議。何はともあれ、今日のカラスはまだ静か。いま、うちの近所の山でマンションを建ててるからその影響じゃないのかな。

Posted by tekigi1969 at 2007年05月22日 08:35
トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://tekigi.hiho.jp/cgi/mt/mt-tb.cgi/1285

コメント
コメントしてください




保存しますか?