2007年05月31日

●企画売込のち雷雨

1、雷雨のなか、さっき帰宅しました。
  某編集さんの単行本企画売り込みに同行したのです。

2、相手は、ぼくも某さんも初めていく出版社さん。
  名刺を交換して、自分がやる企画を最初に説明。
  これは引き続き検討してもらうことになりました。
  そのあとは、他の企画について話しているのを、
  たまに意見をいったりしつつ、じっと聞いていました。

3、ぼくはあんまり営業活動が得意でないので、
  こういう機会って、実はほとんどありません。
  編集プロダクションさん任せだったり、
  編集者さんから提案されて、受ける仕事が多いのです。
  でも、こうやって話し合っている場に同席していると、
  それぞれの企画のいい点、弱点、修正ポイントなどが聞けて、
  ものすごく参考になりました。行ってよかった。

4、やっぱり、ひとりでアタマひねってたり、
  依頼を待ってるだけじゃダメですね。
  どんな本が求められいるのか、分かんなくなってくる。
  これからもチャンスがあったら
  できるだけ同行しようと思います。

5、そうそう。
  いま読んでいる本がすんごいおもしろいのですよ。

 

6、たったひとりで出版社を立ち上げた著者さんが
  まさに体当りで見聞きした出版の世界のおはなしです。
  取次さんの影響力とか、注文の種類とか、ネット書店のへんてこさとか
  ぼくも10年以上この世界で仕事してるけど、
  初めて知ることだらけです。おもしろい。
  最後まで読んだら、また改めて感想書くつもりです。

Posted by tekigi1969 at 2007年05月31日 21:08
トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://tekigi.hiho.jp/cgi/mt/mt-tb.cgi/1291

コメント
コメントしてください




保存しますか?