2007年06月30日

●ミニトマトが赤くなるとカラスがやってくる

1、裏庭のミニトマト、いい色に。
  カラスとの戦いがはじまる予感。

 iroduitekita.jpg

2、日当たりイマイチな場所だから、
  どうかなあと思っていたんだけど、とんでもない。
  どえらいことデカくなっちゃいました。
  実はミニでも、トマトはやっぱ強い。ただいま2m。

 dekakunarisugita.jpg

3、こちらはカムバック賞の卯の花。
  一時期、死亡説が
  まことしやかにぼくのあいだでささやかれていたけど、
  どうして、どうして、若葉も出てきて、まだまだ現役でした。

 hukkatusitekita.jpg

4、朝顔の新芽も、ビニール紐に無事到達。
  麻ひもで誘引したから、
  きっとこれからクルクル巻いて行くはず。
 「朝顔は左巻き」ってのは、小学校のときに覚えた知識。
  今ごろになって、役に立つとは。

 todoitekita.jpg

5、さいごは、
  昨日奥さんが買ってきたクランベリー。
  もう実がついてます。どこに植えるかはまだ思案ちゅう。
  生だと酸っぱいけど、ジャムにするとうまいんだとか。
  赤くなったら、まず生で試してやろう。

 yattekita.jpg

Posted by tekigi1969 at 13:21 | Comments [0] | Trackbacks [0]

2007年06月29日

●季節の記憶

ぼくはけっこう理屈っぽいところがあって、でもそういうのはあんまりカッコイイことじゃないとも思っているから、できるだけサラッとした話し方、書き方を心がけているつもりなんだけど、それでもたまに「ぼくは実は理屈っぽいんだよ」とカミングアウト気分でいってみると、たいがい「知ってるよ」と返されてしまう。ということは、たぶん、そういうぼくの傾向は隠しようもなく現れてしまっているみたいで、それはすごく悔しいことなんだけど、だからといって、38年こうしてきたモノをいまさらどうすることもきっとできないだろうから、これから先もこんな調子でたぶん生きていくんだと思います。ところで、ちょっと前に知り合いになったIくんに保坂和志「季節の記憶」という小説を勧められました。この小説中の人物もなかなかに理屈っぽい。文体もそれにあわせてなのか、かなりもってまわってて、しかもセンテンスが冗長な感じがするほど長くて、勧めてくれたのがIくんでなかったら、もしかしたら、すぐに投げてしまっていたかもしれないんだけど、Iくんの小説の好みはぼくとかなり一致していることがわかっていたから、「きっと大丈夫だ」と読み進めていったら、ほんとうに大丈夫でした。いや、ただ大丈夫だっただけじゃなくて、おもしろかった。すごく。ペースさえつかめば、最後までつらつららと読めてしまう。たぶん、「理屈ってのはただの方便のひとつで、筋道の正しさうんぬんよりも、聞いていて心地よいかどうかでしか判断されないことの方が多いわよね」とか、そんな感じのことを作者さんが思っているからじゃないのかな。違うかな。ぼくはそう思ってるんですよ。理屈ったって、上手く行っても、ただ正しいだけなんだし。でも、理屈ぐらいしか言うべきことが見当たらないときも多いし、もってまわってあれこれ言いつつ、ああでもない、こうでもない、なんてな調子で、どこにもたどり着かずにグルグルしているのも、心地いいし。ぼくはこういう雰囲気、とても好きです。それにしても、この作品は、最初から最後までホントに何にもおこらない。そういうの、ひさしぶりに読みました。それで、それなりのボリュームがあるから、後半ドキドキしていたら、最後の最後の2行で、きっちりまとまってしまうのでした。これが、すっげえ気持ちよかった。教えてくれた、Iくん、ありがとう。

ちなみに、これ読み終わって、いまは町田康「告白」読んでます。まだ途中だけど、これまたおもしろい。

 

Posted by tekigi1969 at 13:58 | Comments [0] | Trackbacks [0]

2007年06月28日

●目のつけどころ

1、まだ分かんないんだけど、ちょっとした書籍の仕事の依頼があって、もし決まれば、これまで会ったことのないのジャンルのお仕事をしている方に話が聞けそうです。こういうのって、仕事でも、遊びでも、すごく楽しい。

2、麻雀を覚えてから、歩きなれた町を通ると、「こんなに雀荘があったのか」と急に見えてくる感じ。ゴルフ雑誌で仕事をしていたときは、中古クラブショップがある地域にだけ偏って集まっていることにある日気付いて、驚いた。お金がなかったときは消費者金融が目に入る。その道のプロとか長年ひとつの仕事をしている人を会話をすると、こういう発見がたくさんある。それだけじゃなくて、思ってもみなかった目のつけどころを指摘されて、びっくりすることもあります。

3、例えば、「イチローと松井」という著書のあるスポーツライター・エディターの秋元一剛さん。彼は某国の20代の若者が投石をしているニュース映像を観て、「この国の野球はまだまだレベルが低い」と言っていた。投げるフォームが、なっちゃいないのだとか。ぼくは政治的な抗議活動のニュースを、そんな風に観たことがなかったからびっくりしました。でも、言われてみれば確かにそう。日本人の男の子なら、どこかで一度はソフトボールなり野球なりをやることが多いから、石を投げれば、自然に野球っぽいフォームになる。でも、その国はそうではなかった。

4、こないだ開高健「ずばり東京」を読んでいたら、画廊の話が出てきました。彼らはマンションとかビルの建設ラッシュをみながら「これから壁がたくさんできるから、絵が売れる」と考えていたのだとか。これはビジネスチャンスとかそういう視点の一種なんだろうけど、やっぱりすごい。「壁が増える」だなんて、思ってみたこともなかった。

5、ふと思い出したけど、たしか世界的なヒゲ剃りメーカーのオーナーは、「いまこの瞬間にも、世界中でものすごくたくさんのヒゲが伸びていると思うと、よく眠れる」と発言していたと聞いたことがあります。想像すると、ちょっとどうかと思う映像が浮かんじゃうけど、これもきっとひとつのリアリティなんだろな。

6、ぼくが仕事をしていても、いろんな「目のつけどころ」が出てきます。例えばスカッシュの関係者は、全国にいまいくつのコートがあって、選手人口がどのくらいで、新しいモノがつくれる可能性があるのはどこなのかという視点で体育館を見つめている。風俗業界の関係者は、イメクラの今後の流行はどこに向かうのかを考えながら、秋葉原を歩いている。元とび職の某さんは、だぼだぼズボンの広がり方をみて、「いちばん、だぼだぼ度の高いのをはいている職人がもっとも若いんです」と教えてくれた。合法ドラック店の店長さんは、原宿の町を歩きながら「いま、すれ違ったうちの1人は、やってますね」とつぶやいた。こういう風な話をたくさん聞いて、覚えておくと、同じ町でもどんどん風景が変わる。たぶん、ぼくがライターをやっているのは、これが楽しいからなんだろうと思う。それだけじゃないかもしんないけど、やっぱ、かなり大きい。

 

Posted by tekigi1969 at 07:12 | Comments [2] | Trackbacks [0]

2007年06月27日

●日々草、つる植物、アホウドリ本

1、昨日はいい意味でジメジメしたうっとおしい天気でしたね。
  すっきり晴れてます@横須賀、今日も、いい意味で。

2、庭でみつけた開花ちょいまえの日々草。

 hirakusunzen.jpg

3、折りたたまれた花びらが
  クルクルっと横にスライドしながら開くんですね。
  風グルマみたい。こんな風だなんて、知りませんでした。

4、千成ひょうたんは、
  どりゃああああっと、上へ上へと伸びてます。

 doryaa.jpg

5、サンルームの一角にひょうたんがたれさがる日は
  そんなに遠くないかも。

6、朝顔はもうちょい。がんばれ。
  関係ないけど、こういう葉っぱに入る白い斑点を
  「斑」っていいますよね。
  ぼくはこれをずっと「はん」と読んでいました。
  どうやら「ふ」が正しいみたい。これまた、知りませんでした。

 mouchoi.jpg

7、「アホウドリの糞でできた国 ナウル共和国物語」のamazonランキング。
  テレビでナウル番組が放映されてから、
  70000位台→(テレビ)→2000位台→774位→852位
  →昨日の朝4081位
  →今朝1489位に再浮上。
  てな具合で動いております。わっしょい。

8、お買い上げくださった方々、ホントにありがとうございます。
  これからはもう、「おはようございます」の前にまず、
  「ありがとうございます」といわなくちゃですね。
  みなさんにイカされている、じゃなくて、生かされております。
  いや、イカされるのもいいかもしんないけど。

9、朝顔にも、千成ひょうたんにも負けないぐらい、
  さらに上に伸びて欲しい。
  んでもって、第二弾もつくりたい。

10、そういえば、
  オーストラリアのニュースサイトで
  ナウル憲法改正に向けた議会が近々開かれるという記事をみかけました。
  詳細が分かったら、あらためて、アップします。

Posted by tekigi1969 at 11:16 | Comments [0] | Trackbacks [0]

2007年06月26日

●梅雨、エビフライ、アホウドり、ニョロリ

1、横須賀は雨寸前、ってな空模様。 
  買物に行きたいから、踏ん張って欲しいんだけど
  ここまで湿気まみれで、はっきりしないと
  「もういっそ降ったらいいじゃん」
  と逆ギレしたくなるような、ならないような。

2、先週発売の「週刊女性」で取材した
  名古屋市千種区「キッチン欧味」の
  「ジャンボ&ジャンボエビフライドッグ」(1050円)

 janboebihuraidoggu.jpg

3、写真でみるとわりに普通だけど
  このエビフライ、30センチあるんです。
  しかも、うまい。
  お店までいけば、テイクアウトもできるらしいですよ。
  書いてたら、また食べたくなってきた。

4、日曜夜のテレビでナウルが取り上げられた影響なのか
  「アホウドリの糞でできた国 ナウル共和国物語」の
  amazonランキングがけっこう上がっているようです。
  ものすごくうれしい。ありがとうございます。
  読んでくれた人にも、喜んでもらえるといいな。

5、某ベテラン編集者さんによれば
  「単行本は出して2年経ったら、もうほとんど動かない(≒売れない)」
  らしいです。
  でも、ぼくにとっては最初につくった愛着ある単行本なので
  このまま初版で終わらないことを、祈るばかりです。

6、そういや、関係ないけど、
  昨日、ひさしぶりに裏庭にヘビがニョロリとやって来ました。
  いきなりそこにいたからびっくり。でも、だいぶん慣れました。
  「おわあ!」とは言っちゃったけど。まあ、それはナイショで。
  あれは、たぶんアオダイショウですね。

 
 アホウドリの糞でできた国
(↑楽天市場でも売ってますよ)

Posted by tekigi1969 at 10:05 | Comments [0] | Trackbacks [0]

2007年06月25日

●イッテQ!でナウル観ました

1、夕べの日テレ「世界の果てまでイッテQ!」。
  後半はぜんぶナウル共和国でしたね。
  最新映像にわくわく。
  ちょっと人見知りっぽい国民の雰囲気になんだか納得。
  興味深い30分間でした。

2、見逃したという方は、
  番組ホームページに 放送内容のダイジェストが掲載されてますよ。
  「世界の果てまでイッテQ!ホームページ」の
  「放送内容」 →「過去のOAリスト」にある
  「#16 Q:日本に一番人気のない国ってどんな国?」をクリックです。

3、きれいな長谷部瞳さんはともかくとして、
  一緒に現地に行くのが、何故はなわさんなのだろう
  と思ったんだけど、最後まで観て納得。
  ナウルソングを歌うためだったんですね。

4、日曜夜のゴールデンタイムに
  「ナウナウナウナウナウ~ル♪島民みんなメタボリック♪」
  と歌っているのをみるのは、なんだか不思議な感じでした。

5、放映直後くらいから、
  このBLOGへのアクセスも増えているみたいです。
  もうちょっとナウル共和国について知りたいという方は
  ナウル情報を集めた「ナウル共和国カテゴリー」を
  下から順に読んでくださいね。

6、ぼくと寄藤文平さんがつくったナウル共和国の本
  「アホウドリの糞でできた国 ナウル共和国物語
  なんてな本もあります。
  ここ100年間くらいのナウルの歴史について
  イラスト・写真付きで、分かりやすくまとめた一冊です。
  (出版元のアスペクトさんの特集ページ→こちら
  こちらも、宜しくしていただけると、とってもうれしいです。

 

Posted by tekigi1969 at 10:25 | Comments [9] | Trackbacks [0]

2007年06月24日

●ナウル、コンタン、オクラ

1、ナウル共和国の最新映像満載らしい日本テレビ「世界の果てまでイッテQ!」(毎週日曜19時58分~20時54分)の放送は、いよいよ今夜です。(→関連)ご興味のある方はぜひ!ぼくもなかなかご興味があるので、観ます。
 (「ナウルって何?」
  「ナウル共和国のことをもっと知りたい」という方は
  このBLOGの「ナウル共和国カテゴリー」を
  下から順に読んでいただくか
  拙著「アホウドリの糞でできた国」をご参照下さい)

2、こないだお隣さんに脚立を借りて、屋根からビニール紐を4本たらしました。朝顔のツルをからませようという魂胆です。プランターにまいた種は、真っ青な花が咲く品種。魂胆って、コンタンと書くとずいぶんかわいくみえます。

 yanekara.jpg

3、オクラ。いつの間にか実が大きくなっていました。開花してるの、見逃していたみたい。まだ1ケだけだけど、採れたてのオクラって、笑っちゃうくらいおいしいんです。

 okuranomi.jpg

Posted by tekigi1969 at 10:19 | Comments [4] | Trackbacks [0]

2007年06月23日

●梅雨前線あがったりさがったり

1、今日は晴れ。梅雨前線はこんどは太平洋上にいっちゃったみたい。

2、更生之素食べました。
  すごくオーソドックスで、だから、逆にすごい新鮮にうまい。
  例えていうなら、
  知人の披露宴に出席したら、
  どっかのおじさんが「3つの袋」のはなしをはじめて
  「あー、またか」とアタマでは思っているのに
  なんでか涙が溢れてきた、とか、そういう「しみる」味です。

3、さっき新聞屋さんに
  ドラゴンズ戦のチケットをもらいました。横浜-中日戦。
  「中日のチケットはよく余るから、また持って来ますね」
  とのこと。やった。よっしゃ。でかした。

4、でも、
  「よく余る」ってのは、ちょっと悲しい気もするな。
  ま、いっか。おかげで内野で見られちゃうんだもん。
  今年も夏はスタジアムでビール飲めそうです。

5、ナウル共和国の最新映像が観られる
  日本テレビ「世界の果てまでイッテQ!」(毎週日曜19時58分~20時54分)
  の放送は、いよいよ明日(6月24日)ですよー。
  (→関連記事

Posted by tekigi1969 at 18:42 | Comments [0] | Trackbacks [0]

2007年06月22日

●ようやく梅雨らしく

1、横須賀、久しぶりの雨。ようやく梅雨らしくなってきたなあと思ったら、明日は晴れるらしいですね。なーんだ。

2、一昨日、庭にスズメが死んでいました。朝、漁港までゴミを出しにいった帰りに発見。どうしようかと思ったんだけど、放置もしづらい。スコップで少し深めに穴を掘って、榊の葉っぱを1枚そえて、埋めました。なんまん。

3、そしたら、そのすぐそばにスズメが2羽やってきた。ぼくが掘り返した土のあたりでしばらくじっとしている。ちょっといい光景でした。まあ、たぶん、砂浴びしてただけだとは思うけれど。

4、ゴーヤの雌花発見。
  受粉できていることを祈る。

 go-yamegana.jpg

5、今夜は高校の後輩が遊びに来てくれる予定。しかしこんな日にかぎって、お刺身がちょうおいしい某店はお休み。生協に行くも、しこいわしは入荷なし。ぐわ。とりあえず、今朝地元の港に揚がったというまこがれい、秘蔵のお酒、更生之素(←昨日のBLOG記事参照)などなどを準備。うまいといいんだけど。

Posted by tekigi1969 at 18:09 | Comments [0] | Trackbacks [0]

2007年06月21日

●レッツ更生!

1、友だちOくんにこないだもらった謎の缶詰。
  その名も「更生之素」。

 kouseinomoto.jpg

2、パッケージに印刷してある説明によれば
 「本品は古来薩摩武士の元気付け食物として愛好せられた豚味噌に
  特殊の装置と近代科学の枠を集めて改良を加え精製された高度栄養食品で
  (中略)
  病弱者の体力更生に小児の発育に大人の精力増進に効果絶大である。
  しかも美味にして弁当の菜に、酒の肴に、パンのバター代用に最適なり」
  とのことです。
  体力の更生なんですね。気持ちのほうかと思っちゃいました。

3、ちなみに、製造者は鹿児島県立伊佐農林高等学校。
  どうやら学生が、実習で作っているようです。
  Oくんによればかなりウマイらしい。
  明日、友だちが遊びに来るので、酒の肴にしちゃうつもり。

4、ネットで検索したら
  詳しい記事がありました。→こちら(日経BPの記事)
  昭和7年からあるんだって。そりゃすごい。
  心していただかねば。

5、関係ないけど、
  最後に、こないだ「週刊女性」の取材で食べたジャンボ餃子の写真を。
  100個分を1つにまとめた、すげえヤツ。
  意外、といったら失礼かもだけど、すんごくおいしいです。
  (お店の詳細などは、「週刊女性」7月3日号を読んで下さーい)

 janbogyouza.jpg
 (↑横にちょこんとあるのが、普通サイズの餃子)

 janbogyouzanonakami.jpg
 (↑ナイスとフォークで食べます。真ん中で切ると、こんな感じ)

 
Posted by tekigi1969 at 18:34 | Comments [4] | Trackbacks [0]

2007年06月20日

●つるがからんだ

1、ふぁいとー。

 todokanai.jpg

2、いっぱーつ。

 todoita.jpg

3、千成ひょうたんのつるがようやく絡まりはじめました。
  この2枚の写真は、一昨日と昨日のモノ。
  太陽ってのは、すごいヤツです。負けたぜ。

4、昨日の朝、「ヒマだぜ」と友だちの編集某さんにメールしたら、
  「んじゃ木曜までにこれやってくれだぜ」と速攻で返信がありました。
  なんでもいってみるものですね。
  てなわけで、今日はお仕事がんばりますぜ。

Posted by tekigi1969 at 09:25 | Comments [0] | Trackbacks [0]

2007年06月19日

●メガ盛り記事書きました

1、本日発売の「週刊女性」に記事書いてます。
  42ページ~46ページ掲載の「メガ盛りフード大行進!」。
  取材・執筆の一部を担当しました。よかったら読んで下さい。

2、ぼくが担当したのは名古屋と東京の一部。
  いちばん思い出深かったのは、
  やっぱり、3・5キロの超巨大ハッシュドオムライスかなあ。
  お店などの詳細は現在発売中の「週刊女性」で御確認を。
  (表紙&グラビアが小池徹平くんの7月3日号です)

 mega.jpg

3、関係ないけど、
  大盛とB級グルメで有名な
  名古屋の「マウンテン」は昨年暮れから改装休業中とのこと。
  学生時代、何度かいきました。
  もう行く機会はないと思うけど、消えるのは惜しい。がんばってください。

4、ぼくも20代の頃は
  1食ごはん3合とかわりと平気で食べてたけど、
  さすがに40近くになると、量は減っちゃいますね。
  とくに大食いをしたいわけじゃないんだけど、ちょっと寂しい。

Posted by tekigi1969 at 13:15 | Comments [4] | Trackbacks [0]

2007年06月18日

●ナウルに日本のテレビ局が!

ナウル共和国に日本のテレビ局がロケにいったようです。
しかも、来週放映!

番組スタッフの方に聞いた話によると、
「日本人に一番人気のない国ってどんなとこ?」
という企画で、
日本人がほとんど訪れていないナウル共和国を
ピックアップしたらしく、
入国には苦労したものの、
「現地ロケもしましたよ」とのこと。

わお。
これは、ものすごく楽しみです。
ナウルに興味のある方は、必見でしょう。
番組は、
日本テレビの「世界の果てまでイッテQ!」。
(毎週日曜19時58分~20時54分)。

ナウル映像の放映は6月24日(日)の予定だそうです。

 (「ナウルって何?」という方は
 このBLOGの「ナウル共和国カテゴリー」の過去記事
 または拙著「アホウドリの糞でできた国」をご参照下さい)

アホウドリの糞でできた国
古田 靖文 / 寄藤 文平絵
アスペクト (2005.1)
通常1-3週間以内に発送します。


Posted by tekigi1969 at 08:51 | Comments [12] | Trackbacks [1]

2007年06月17日

●バルサン炊きながら思ったこと

1、バルサン、炊きました。

2、和室にダニがいるかもしれないと思ったからです。ことのついでにいまだ見ぬGとかK、Hとかもやっつけたつもり。Gってのは黒光りするアイツで、Kは痒いヤツラ、Hはぷーんとうっとおしいアンチキショウのことです。

3、バルサンの説明書きをみると、G退治の場合は、タマゴが孵化する14日後にもう一度やるとよいと書いてある。だけれども、そんなことを実際にしているひとを見たことがない。聞いたこともない。どうしてだろう、と考えるに、二つの可能性が浮かびました。

4、その1は「バルサンって、14日後にもう一回やる?」もしくは「バルサンを14日後にもう一度やるところを見せてくれない?」と誰かにいったことが一度もないから。その2は、14日後にもう一度やる人がめったにいないから。

5、どっちが正解なのかはわかんないけど、どこかの誰かが「14日後にもう一度バルサンってやったことある?」と聞いてみたくなったときに、「そうだ、あの人に訊ねてみよう」と思われるような大人になりたいな、と思います。キゼンとした態度で、しばし間をおき、「やったことないな。きっと君もそうだろ」と答える練習しておこう。

Posted by tekigi1969 at 18:08 | Comments [3] | Trackbacks [0]

2007年06月16日

●07年6月16日のわたくしは

1、梅雨入り三日目の横須賀、快晴。こういう表現は気象庁の人にとっては不愉快なのかもしらんなあ。ごめんなさい。でも、すっごくいい天気なのでした。梅雨なのに。庭の雑草刈りをしていたら、お隣さんが花をくれた。「名前は知らないけど、毎年生えてくるし、けっこうきれいよ」とのこと。植物とそういう風に付き合えるのってカッコいいなあ。ネットで調べてみたら、もらったひとつはアガパンサスでした。アフリカ原産。ちょっと覚えづらいので、和名を採用。紫君子蘭。こっちで覚えておくつもり。

2、再び、雑草刈り。左手親指のはらを、カマでほんの少しさっくり。傷は大したことないんだけど、ケータイのボタンが押しづらい。キーボードの操作、その他日常生活には、いまのところ支障なし。ケータイが誕生して、左手親指は存在価値が高まっていたみたい。逆にいえば、ケータイがなかったら、未来人は左手親指が退化していた可能性だってあったのではないかしら。どうかしら。けっこうすごい発見をしたような気がするんだけど、どこに発表すればいいのか分からないので、とりあえずここに書いてみました。

3、これは今日の話じゃないけれど。今年30歳になる友だちNくんがこないだ行者ニンニクをもって遊びに来てくれた。彼は10代の頃、赤ワインを6本(全て同じ銘柄)持って来たことがあります。二人であっという間に飲み干して、床に赤いゲロを吐いたのも、いまではいい思い出です。あれって、血を吐いたのと区別がつかないんでびっくりするんですよ。匂いをかがないと分かんない。20代になってからは、マグロの頭の部分を抱えてきたこともあります。あれもガステーブルのグリルに入らないから、けっこうたいへんでした。いつも印象深いモノを持ってくるNくん、ありがとう。行者ニンニクも、その夜のDJプレイも、たいへん結構なお味でした。次も期待してるよん。

4、買物に出かけて帰ってきたら、近所の畑でTさんが雑草をむしっていました。「たいへんですね」と声をかけたら、「野菜はじめた?」との答え。ぼくも庭でつくると、引っ越した直後に話していたのです。ズッキーニがなかなか育っているといったら「ズッキーニってなに?」と聞かれました。あれって、どう答えるのがいいんだろう。返答に困って「イタリアだかどっかの野菜で、キュウリみたいなヤツです」としか言えませんでした。トマトの様子とか、ナスは鳥に狙われやすいとか教えてもらいながらTさんの畑をみていると、支柱がみんな竹とか干した枯れ木でできている。「あっちの山の竹を切ってきて、干してつかうんだよ」とのこと。思わず「カッコいいですねえ」といったら、不思議な表情をされてしまいました。いや、でも、カッコイイですよ、そういうの。ぼくも真似したい。

Posted by tekigi1969 at 17:10 | Comments [0] | Trackbacks [0]

2007年06月15日

●色のある庭植物

1、関東は昨日梅雨入りした(とみられる)そうですが、
  今日はすっきり晴れでした。明日も同じみたい。
  拍子抜けっぽい展開だけど、
  実は毎年こんな感じのような気がします。

2、こないだの庭写真は緑と黄色ばかりだったので、
  ちょっと色っぽいやつを。
  これは室内に置いてるマダガスカルジャスミン。
  いままで意識したことなかったけど、
  ぼくはどうやら白い花が好きみたいです。

 madagasukaru.jpg

3、玄関近くに植えた都忘れ。
  すぐそばのマリーゴールド、日々草は
  ナメクジに食われがちなのに、こいつはなぜか平気。

 miyakowasure.jpg

4、花は可憐。でも、たくましい。
  普段は無口で目立たない後輩の家に遊びにいったら
  壁にヒョードルのポスターが貼ってあった
  ってなイメージで育てています。

 nanndarou.jpg

5、正体不明の雑草。
  芍薬説、クリスマスローズ説など、いろいろ言われたので
  1株だけ摘み取らずに育ててみています。
  ぼくの母親は「ぜったい芍薬だ」といっていたけど、どうだろう。

6、その謎雑草の隣に、ゴーヤの棚をつくってみました。
  ぼくの腰くらいまで伸びてきています。

 go-ya.jpg

7、もっと伸びてるのが、ミニトマト。

 minitomatozentai.jpg

8、先週まではぼくの乳首くらいの高さだったけど、
  今はもうアゴに迫らんばかりの勢いになっております。
  実が色づくのが待ち遠しい。

9、関係ないけど「乳首くらいの高さ」という表現は
  太宰治の「斜陽」でしたっけ?
  それを調べようとネット検索してみたら、
  「左右の乳首の高さが違っているんです」
  という悩み相談サイトに行ってしまいました。

10、おっと。後半は、また緑と黄色ばかりでした。失礼。

 

Posted by tekigi1969 at 17:09 | Comments [6] | Trackbacks [0]

2007年06月14日

●湿気のある朝

1、けさの浦賀は湿度が高かったです。
  雨が振り出す前にと、ゴミ出し。

2、こういうとき、気温が低いと霧が出て、
  高いと海辺特有の磯の匂いがプンとする。
  んで、猫の動きが活発になる。気がする。

3、空気ぜんたいを昆布〆にしたような路地をテクテク歩いていたら、
  ウンコを守るように立ちはだかる小さな黒猫。
  いつもならすぐ逃げるのに、今日は近寄ってもビクとも動かない。
  ガンをとばされ、ぼくの方が避けました。

4、あの気迫はどっから来るのだろ。
 
5、今日の発見。
  ズッキーニの茎はなかが空洞。がらんどう。

 zukkininokuki.jpg

Posted by tekigi1969 at 17:26 | Comments [0] | Trackbacks [0]

2007年06月13日

●ニョロリのいない一週間

1、ニョロリとした例のアレ。フランクにいうと、へび、ですか。そのニョロリは6月5日を最後に、見かけなくなりました。山に戻っていったのかな。いなくなるとちょっと寂しい。なんてなことは、ござろうはずもございません。ずいぶん慣れたし、心構えもできてきたけど、それでもやっぱりあんまり見たくないです、ごめんなさい。

2、山が近いので、庭作業をしていると、けっこういろんなニョロリ系の虫をみる。世の中ってのは、ニョロリとしたモノとノンニョロリなモノの二通りがあるんだなあ、とつくづく思います。人間はわりにノンニョロリとしたモノをつくってきたのかも。まわりもノンニョロリでかためる感じで生きている。だから、街なかに住んでるときは、ニョロリは縁遠かった。ただ、ニョロリ系のウナギは焼くとウマイから、けっこう都会でもよく見かけます。調理済みのモノだけど。あ、アレは焼くと、カバになるからか。違うか。どっちでもいいか。

3、そういえば、近未来とかが舞台のアニメとかをみると、けっこうメカがニョロリとしてますね。これからは人工物もああいうふうになっていくんでしょうか。個人的には勘弁して欲しいと思っております。そのころには慣れてるかもしれないけど。

4、話はそれちゃいますが、「あわせて読みたい」というサービスが始まったようです。右下に表示させるようにしてみました。ようするに、このBLOGを読んでくださっている方が、ほかにどんなBLOGを見ているかが分かる仕組みです。

5、「適宜更新」だと、こんな風になります。(表示内容は、随時変わるみたい)
  ↓
  あわせて読みたい

6、知らないBLOGが多いんだけど、けっこう楽しめそうです。自分のBLOGがどんな風に読まれているのか分かるかも。しばらく表示させてみようと思います。

7、あ、そうだ。
 「報道できなかった自衛隊イラク従軍記」(金子貴一著)がamazonで、「なかみ検索」できるようになっていました。(→こちら)ぼくが編集協力をさせてもらった単行本です。もし宜しかったら、立読み感覚でのぞいてみて下さい。

Posted by tekigi1969 at 15:39 | Comments [0] | Trackbacks [0]

2007年06月12日

●〆切終えたら、庭仕事

1、横須賀、晴れ。午前中は〆切でした。早起きして、原稿書いて送信。ようやくひとだんらく。ずっとやりたかった庭作業を開始。そろそろ梅雨入りしちゃいそうだから、この晴天は逃すわけにはまいりません。

 zukkininomi.jpg
 初めて植えたけど、とても順調なズッキーニ。
 肥料をやればやるほど、実はでかくなるみたい。
 採れたてはうまいんじゃないだろうか。

2、まずは穴掘り。5月にタケノコをゆでたとき、残ったヌカ汁とタケノコの皮を土に混ぜて、ビニール袋につめたのです。「数ヶ月したら肥料になるのではないか」と期待しながら庭に放置。ところが、発酵が進むにつれて、すっごいウンコくさくなってきた。ビニールを3重にしてもまだ匂う。こりゃたまらん、というわけで、埋めることにしたのです。30分くらい作業して、ようやく完了。土をたんまりかぶせたら、ウンコくささも消えました。

 yamabousinomi.jpg
 ヤマボウシ。
 このまんまるいやつが赤くなると、食べられるそうです。
 どんな味がするんだろ。

3、続いて雑草むしり。それから水はけの悪いエリアの泥を取り除いて、代わりに刈り取った雑草を干したやつ、乾いた土などに入れ替える。泥は日のあたる場所にうつす。暑かったから、うっかり半そでで作業してたら、あちこち蚊に刺されました。長袖に着替えて、麦わら帽子着用。

 minitomatonomi.jpg
 ぐいぐい伸びてるミニトマト。実もけっこうでっかいです。
 摘んだわき芽2本を水に差しておいたら、すぐに根っこが。
 2株じゃ寂しかったので、これも植えてみます。

4、ここまででおよそ3時間。庭に出る前に干しておいた布団は、あっという間にフカフカになっていました。アイスコーヒーをごくんと飲んだら、強烈にうまい。

 momiji.jpg
 庭にあった切り株から、にょっきり出てきたモミジ。
 この状態から、奇跡の復活なるか。
 山崎武司、と名付け、密かに注目しています。

Posted by tekigi1969 at 14:33 | Comments [2] | Trackbacks [0]

2007年06月11日

●梅雨、近し

1、本日の〆切原稿、無事送信。午後は雨もやみそうですね。蒸し暑そうだけど、夕方には都内にいきます。いま、大盛料理の取材やってるんですよ。

2、9日夜のlazyworkersbar@渋谷に来てくださった方、心のなかでこっそり応援してくださっていたひと、ありがとうございます。最初はむちゃ混みになってたけど、雰囲気のいいお店で、ゆるーく楽しかったです。 個人的には17歳年下の某さんにアタマをはたかれたのが、「友だちになれたのかな」とうれしかったです。いや、マジで。その気になったらまた企画すると思いますので、 よろしくお願いします。

3、ちなみにDJは閉店間際にちょいとだけやりました。 酔ってたのと、ひさしぶりだったのとで、ボロボロでした。少しずつ勘を取り戻そうと思います。 徹夜するとホントだめな身体になっちゃいました。 次回からは寝溜めしてから行こう。

4、朝方、すっかりひとが少なくなった店内で「男4人だけでいく沖縄旅行」がひっそり計画されました。すっごい、つきづきしい感じ。実行するのかしらん。

 
 ↑9日深夜にかけた1曲はこのアルバムからのもの。amazonの商品リンクです

Posted by tekigi1969 at 10:41 | Comments [0] | Trackbacks [0]

2007年06月09日

●今夜は徹夜

1、今夜~明日朝まで、ひさしぶりに徹夜します。たぶん、今年初。

2、友だちが貸切にしたバー@渋谷で朝まで飲みます。DJもします。イベントというか、パーティーみたいなものかな。よかったら遊びに来てください。オールカミンです。

3、20人くらいで一杯になる小さなバーだけど、エントランスもチャージ代もかかりません。飲み代のみでOKだそうです。食べ物は持ち込み自由なので、お菓子とかもってきてくれるとうれしいっす。

4、場所は渋谷のlazyworkersbar。東京都渋谷区道玄坂1-13-2にあるビルの2階(地下にnostyleというクラブがあります。リンク先の地図が参考になると思います)。時間は22時~翌朝5時まで。

5、単行本編集者さん、雑誌編集者さん、印刷会社営業さん、将棋雑誌記者さん、郵便配達員さん、塾講師さん、SEさん、機械設計士さん、大学生さん、会社役員さん、フリーターさん、無職さん、誰かの友だちの友だち、知らない人などなど、いろんな方がいたりいなかったりすると思いますので、話してるだけでも楽しめると思いますよ。

6、木曜は取材で、名古屋まで行ってきました。昨日は浅草。そのときのことは、記事が出たら書きます。(6月19日発売の予定)

7、アスペクトPR誌で、次次号ぐらいから、新しい連載が始められるかもしれません。(「世界の通貨」はいま出ている号で終わり)ぼくが自分で「やりたい」と言い出した企画なので、おもしろいものになるよう、がんばります。

8、ニョロリとした例の彼(彼女?)は、ここ3日ほどみていません。

Posted by tekigi1969 at 12:10 | Comments [5] | Trackbacks [0]

2007年06月06日

●ニョロリとノンニョロリ

1、昨日みたヘビは、玄関からわりに近いところにいました。「玄関とか勝手口付近はダメよ」とBLOGにも書いたのに。たぶん、彼はインターネットを知らないか、日本語の通じない外国人かのどっちかだと思います。どっちもかな。んなことはともかく、ヘビ避けになるというウワサの木酢酸、タバコの吸殻液は、気休めにしかならないようです。ひとまず共存する方向で、ぼくのアタマのなかにある「ニョロリは苦手」「でも害虫駆除になる」とかの脳内イメージ関係各方面の調整を日々、諮っております。

2、さらに玄関前からお知らせします。桔梗が咲きました。

 kikyou1.jpg

3、たたんであった花びらが、ポンと開く感じ。折紙みたいですごくかわいい。なにしろニョロリとしていないのが、たいへん素晴らしいなと思います。

 kikyou2.jpg

4、夏に向け、日当たり&水はけの悪い裏庭対策をしようと思ってます。この本あたりが参考になるかなあと購入を検討中。

 

5、急な取材が入ったので、今週は名古屋にいってきます。たぶん日帰り。

Posted by tekigi1969 at 11:24 | Comments [0] | Trackbacks [0]

2007年06月04日

●梅雨前のある日

1、夕べは睡眠不足&歩き回ったせいで、21時過ぎには布団へ。横になるなりぐーてんと寝て、目覚ましタイマーのもるげんっという音で目覚めました。熟睡。

 baikautugi.jpg
 ↑こないだ庭に植えたバイカウツギ。梅花空木と書きます。
 枝は弱々しいんだけど、すんげえいい匂いがします。

2、さっき電話があって、某テレビ局でこんどナウルのことが放映されると聞きました。なんと、ナウル国内でロケをしたみたい。どこまで書いていいか分からないので、放映時期がはっきりしたらまたお知らせします。ゴールデンタイムらしいですよ。ついでにぼくの本も紹介してくれないかなあ。なんてなことを思ったり。

 sennarihyoutan.jpg
 ↑千成ひょうたん。窓の下に直植えにしてみました。
  こっから窓際にツルをはわせれば、
  ひょうたんの、ぶらん、とたれる日除けになるはず。

3、横須賀市内では、12時と17時にスピーカーから音楽が流れます。浦賀だけじゃなくて、米軍基地のそばにいっても、これは同じ。12時は「ふるさと」で、17時が「夕焼け小焼け」。夕焼け小焼けが終わると、遠くの家で雨戸を閉める音がする。そんな時間に自転車で港のそばを走るのは、すごく気持ちがいいです。昨日は、5、6歳くらいの黒人の男の子が漁網を片手に、ひとりで走り回っていましたよ。

Posted by tekigi1969 at 18:00 | Comments [6] | Trackbacks [0]

●横須賀中央→米軍基地→汐入その2

1、米軍基地から歩いて汐入へ。この日はちょうどお祭りだったのです。小麦粉とソースの焼ける匂いの方向に進む。

 sioirimaturi1.jpg

2、縁日の屋台がずらっと。あちこちでお神輿。地下足袋、雪駄を履いたひとだらけ。半纏を着た女の子って、カッコイイと思う。

 sioirimaturi2.jpg

3、横須賀はこういう「ただ神輿を一日中かついでねり歩く」祭りが各地域でおこわれるのだそうです。下の写真は神社の前でお囃子を演奏する子どもたち。なかなかうまい。我が家は鴨居八幡神宮のエリアなので、7月の終わり頃にやります。こんな感じなのかな。

 sioirimaturi3.jpg

4、神社の境内では、立派なお神輿の準備ちゅうでした。そういえば、土曜に「大祓人形」ってのをやった。人の形をした紙に名前と年齢を書いて、息を3回吹きかける。そうすると罪穢がそっちに移る。それを神社で焼いて、お祓いをしてもらうのです。うちの町内の神輿は、かついだまま、海に入っていっちゃうらしいですよ。楽しみだな。

 sioirimaturi4.jpg

 
 職人道楽 半纏ハンテン携帯袋(一番/白)017435
 
 鯉口シャツ 鳳凰と牡丹
(↑楽天市場の商品リンク。こういうモノもネット通販できるんですね)

Posted by tekigi1969 at 07:05 | Comments [0] | Trackbacks [0]

2007年06月03日

●横須賀中央→米軍基地→汐入その1

1、旧友と2人で横須賀中央駅周辺で酒を飲むつもりだった土曜。いろんな人が合流して、最終的には8人になっていました。初めましてその1は、ボードゲームマニアのSくん。タイ将棋だとか、ドイツから個人輸入したという聞いたこともないゲームをいろいろ持っているみたい。こんど、教えてもらおう。初めましてその2は、沖縄出身のKくん。ホンマかいなという逸話を大量にもつ人物のようです。剣道、3回しかやったことがないのに、全国大会に出なくちゃいけなくなった話とか、おもしろかった。また遊びましょう。

2、日曜。横須賀の米軍基地が一般開放されると聞いて、行って来ました。入口でセキュリティチェックを受けて入場。そこはもうアメリカでした。

 beigunnkiti1.jpg

3、まず、肉がデカイ。

 beigunnkiti2.jpg

4、ハーレーダビッドソンの展示ブースがありました。なぜだろ。

 beigunnkiti3.jpg

5、みんなでっかいピザを抱えて歩いている。名物なのかしらん。ビールはみんなバドワイザーっぽい感じでちょい薄め。ぼくはこんなサンドを食べたけど、これはイマイチでした。そもそも、なんの肉かわかんない。カツオ節っぽい味がしたのは気のせいかな。

 beigunnkiti4.jpg

6、横須賀にいるのは、海軍です。水兵のユニフォームはやっぱりかわいい。ちょっと前に、地元との交流を深めるため、司令官のトレーディングカードを配る予定がある、というニュースを読んだんだけど、見つけられませんでした。まだやってないのかな。ちょっと欲しかったんだけどな。

 beigunnkiti5.jpg

7、今回の一般開放は、横須賀のカントリーフェスティバルの一環だったみたい。帰り際に見かけたこのバンドは、TOTOの「アフリカ」を演奏していましたよ。

 beigunnkiti6.jpg

Posted by tekigi1969 at 19:30 | Comments [0] | Trackbacks [0]

2007年06月01日

●早寝、ヘビ、PC、DJします

1、さいきん21時過ぎると眠いです。がんばって23時くらいまでは起きてるけど、6時過ぎには寝覚めちゃう。フワクより先に、60代が近いのかも。

2、こないだ、裏庭の物置近くでヘビをみました。最初はちっこいやつ。僕はヘビが苦手なので、そのあともそっと様子をうかがっていたら、1メートル以上のでっかいやつまでやってきた。こんにちは。やあ、ヘビ君。いや、そんな風には歓迎できない。家の守り神なんて呼ばれているのは知ってるし、害虫とかねずみとか食べてくれるし、ほとんどのへびは人が来ると逃げるのも分かってる。呼ばれてるけど、知ってるけど、縁起物らしいけど、でも、やっぱりニョロリとしたあの姿はあんまり見たくない。アタマじゃなくって、身体がいやよと言ってるんだもん。でも、捕まえる度胸もないから、しばらくは様子をみるつもりです。木酢酸とかタバコの吸殻とかヘビが嫌うといわれるものをまきちらしつつ、共存の道を探っています。その日以来、まだ見ない。きっとそのうちまた出会ってしまうのだろうけど、それまでにはもう少し強い自分になっていたいと思う所存です。でもさ、とぐろとか、あんまりまかないで欲しいな。

3、ぼくのパソコンにインストールされているOSはwindowsMe。これだとituneもスカイプもセカンドライフもGoogleEarthもできません。やれません。本体ももう6年近くつかっているので、そろそろ買い換えようと決意。デルとかドスパラとかを見る。安いけど、XPとofficeをのっけるとそれなりの価格になってしまう。openofficeってどうなのだろう。仕事先のひとに迷惑かけないなら、それでもいいんだけど。よく分からないながらも、週末には決める予定です。やっぱりoffice2007入れておくのが無難なのかな。なんだか悔しいな。

4、来週土曜、6月9日の深夜にひさしぶりに徹夜します。というか、DJをやらせてもらいます。場所は、渋谷のlazyworkersbar。東京都渋谷区道玄坂1-13-2にあるビルの2階。地下にnostyleというクラブがあります。そこの2階。小さなバーらしいのですが、エントランスもチャージもかかりませんので、飲み代だけでOKだそうです。食べ物は適当に持ち寄る感じ。時間は22時~翌朝5時まで。もしよかったら、23時以降も起きているぼくとお酒を飲もうではありませんか。

Posted by tekigi1969 at 18:56 | Comments [1] | Trackbacks [0]