2007年07月02日

●DDT観てきました

1、昨日はエンタメ系プロレス団体DDTを観てきました。初めてだったけど、おもしろかったです。大学のプロレス同好会がそのままプロになったみたいな感じで、後楽園ホールにいるような気がしないなあ、と思っていたら、隣にいたライターIさんが「本多劇場ですよね、これは」とひとこと。なるほど!そうだ、そうだ。これは小劇場コントなのでした。身体をつかった昔ながらの。

2、ぼくがいちばんおもしろいなあと思ったのは、ヌルヌルブラザーズの中澤マイケルさんとアントーニオ“ザ・ドラゴン”本多さん。ヌルヌルブラザーズってのは、身体中にオイルを塗ってるだけなんだけど、ただ「滑りやすい」というネタひとつで、あれだけドタバタとひっぱれるとはおもわなかった。すんごいよかった。本多さんは、意味がちっとも分からない動きと発言が、すごくツボでした。そうそう。マイクなしでも、リングで選手が何をいっているのか聞こえる規模の会場なんです。これ以上大きくなると、きっとこういうスタイルではできない。だから、小劇場っぽく感じたんだと思います。

 DDT1.jpg
 (ヌルヌルの中澤マイケル)

 DDT2.jpg
 (ディザスターボックス親方株争奪ラダーマッチ
  上からぶら下がっている「親」と書かれた紙=親方株
  を脚立にのぼってとったひとが勝ち)

3、けっこうグダグダになってしまう試合もあったような気がしたんだけど、慣れているお客さんが声援を送ったり、各選手ごとに決まっている掛け声をかけありして、ノリをつくってる。こういうのはプロっぽくないのかもしれないけど、すごいあったかい空気で、ぼくは心地よかったです。たとえばマイケル中澤さんには「変態!」とエールを送る。なんか小学生に戻ったみたいなんだけど、これもよかった。

 DDT3.jpg
 (ラダーマッチはちっともプロレスにならず、
  何度も中断しては
  リング上で反省会を開くという、コントになってました)

4、あと、元力士の星誕期(アルゼンチン出身の元十両)がすんごい楽しそうで、観ていてうれしくなっちゃいました。また機会があったらいってみようと思います。

 DDT4.jpg

Posted by tekigi1969 at 2007年07月02日 19:14
トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://tekigi.hiho.jp/cgi/mt/mt-tb.cgi/1319

コメント
コメントしてください




保存しますか?