2007年07月10日

●雑誌記事索引データベース

1、「明治・大正・昭和前期 雑誌記事索引データベース
  でなにげなくナウルを検索してみたら、1冊ヒット。
  昭和17年に「外地評論」という雑誌に載った
  「ナウル島の変遷と今後-労働政策の観点よりみたる-」
  という記事があるようです。

2、なかなか興味深そうな内容です。
  東大、京大、立教大にあるみたいなんだけど、
  大学図書館ってどうやって利用したらいいんだっけか。
  時間ができたら、閲覧しにいきたいなあ。

3、この検索サイト、つかってみると、けっこうおもしろい。
  大正、昭和初期といえば、エロ、グロ、ナンセンスの時代。
  例えば「ナンセンス」で検索すると、どうなるか。

4、「ナンセンスものがたり=シガレット型の握飯」(昭和3年「婦人公論」)
  「貧乏ナンセンス物語◆不潔同盟」(昭和5年「中央公論」)
  「 モダン・ナンセンス講座 ランデブーの訓へ」(昭和6年「婦人公論」)
  「★ナンセンス★ 現代馬鹿」(昭和7年「中央公論」)
  なんてな記事が出てきます。

5、ちなみにこの4つの記事
  1番上の掲載号のタイトルは「吾等の秩父宮殿下と節子姫号」。
  2番目の記事を書いた作者は、吉行エイスケさん。
  吉行淳之介さんのお父さんですね。
  NHKドラマの「あぐり」では、野村万歳さんが演じてました。
  3つめ、4つめの記事の作者は、サトウ・ハチローさん。

6、よ、よみてえ。
  国会図書館行けばあるのかな。

Posted by tekigi1969 at 2007年07月10日 18:44
トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://tekigi.hiho.jp/cgi/mt/mt-tb.cgi/1327

コメント
コメントしてください




保存しますか?