2007年07月15日

●週末日記

心配していた台風は、思ったよりも早めに過ぎて午後は晴れ。いやあ、どうなることかと思った。

 taihuuikka.jpg

1、金曜夜。名古屋から遊びに来る予定だった2名から「台風が直撃したら帰宅できなくなるかも」と電話。どうするか検討するとのこと。ところが金券ショップで買ったチケットが払い戻しできなくって、そのまま夜行で来ることに。そのころ台風は沖縄直撃ちゅう。東京から合流するもう1名も「土曜の様子をみて決める」。けっきょくこちらも来た。でも土曜の横須賀はどしゃぶり。それでも傘さして、米軍基地正面にある老舗ハンバーガー屋「ハニービー」でランチ。すごく肉がうまかった。店の雰囲気もすごく好き。ぼくはここで別行動したんだけど、横須賀美術館のヤノベケンジとらやんファイヤーは、カッコよかったらしいです。「やっぱ、火みると興奮するね」。だろうなあ。ちなみにこのイベントに参加していたMASってバンドは、ぼくがちょっとだけ知っているYくんが率いているユニットだったらしい。「2年前から音楽で食えるようになったんですよ」と言っていたそうです。びっくりだなあ。世界はやっぱり狭い。ホントに100人くらいの村なんじゃないだろうか。台風は九州に。

2、土曜夜は予約しておいた寅次郎のお刺身。配達がムリらしいので、受け取りにいく。地味にヒロイックな気分になりつつ、豪雨のなかひとりで傘をさして、とぼとぼ歩いて行ったら、マスターが「台風で漁ができないから、いつもみたいな地魚は用意できないよ」とすまなさそう。ああ、そうか。残念だけど仕方ない。それでもマスターはちゃんとがんばってくれました。トビウオ、サザエ、マグロ、タコ、カンパチ、アジなどなど。全部プリプリ。しかも、長さ数十センチはあるでっかい舟形のお皿にどでーんと盛ってくれた。用意してくれてるあいだ、ホッピーのんで、魚についてあれこれ教わる。台風の直後だと、沖に逃げてた魚が戻ってくるから、うまくていい魚が食えるらしい。よし、次の台風が過ぎたら、飲みにこよう。それはさておき、でっかい舟盛りを手に外にでた、わたくし。バスで帰るつもりだったけど、これはあまりに目立ちすぎる。タクシーを拾おうとしても、なかなか来ない。ちょっと途方にくれながら、駅近くのタクシー乗り場でなんとか1台つかまえました。みんなデジカメぱしゃぱしゃ、喜んでくれたので、よかった。でもぼくは写真撮るの忘れた。雨が少しあがったので、すかさず庭で花火。義母からもらったスイカも食べました。ひさしぶりに酒飲みまくり。「デスパレートな妻たち」がはじまったころに、ぼくだけ寝ちゃいました。

3、起きたら、今日、日曜。風は強かったけど、午後にはすっきり晴れました。みな、適宜、海辺の散歩。スコーンづくり教室がはじまったので、その横でぼくはフォカッチャつくりました。「うまい」といわれて満足。お世辞だったのかもしれないけど、そういう褒め言葉は直球で受けとって、すぐ得意げになるのがぼくのいいところなのです。晴れてるし。帰り際、「どうなることかと思ったけど、来て良かった」といわれて、さらに満足。ひとりがご近所でニョロリとしたH氏に遭遇して、写真を撮ってきていた。「うわ」「えー」とかいいつつ、みんなでその写真をみてました。この光景にも、ちょっと得意げな気持ちになったのは、何故かしらん。

Posted by tekigi1969 at 2007年07月15日 20:45
トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://tekigi.hiho.jp/cgi/mt/mt-tb.cgi/1331

コメント
コメントしてください




保存しますか?