2007年07月16日

●天国っていわれても

うちには門とかそういうのがまだない。その代わり、ってわけでもないんだけど、玄関前のアプローチ部分の両脇に花の咲く草木を植えている。たぶん夏になると、もう少しそれぞれがでかくなって、花も咲いて、いい感じになっていくはず。

 genkanmae.jpg

ときどきうちにやってくるあるひとが、こないだ褒めてくれました。少しずつ草木を増やしているのに気づいていたらしい。曰く「天国みたいですね」とのこと。あまりしっくり来ない表現だけど、まあお世辞として聞けば、悪い気はしない。ありがとうございます。でも、そのある人は、いつも冊子を抱えてくるひとで、それは「ものみのナントカ」で、ようするにエホバのなんちゃらさんなのでした。

だから、そのひとのいう「天国」ってのは、たぶんぼくが漠然とイメージする「いいところ」ってのは、きっとちょっと違う。もう少し宗教的な事情に基づいたモノがあったり、なかったりする世界なんだと思う。だから「天国みたいですね」には、じつは素直に喜べなかったです。ムズガユイ。なにがどう違ってるかは、あんまり分かんないけど、きっとこの人の「天国」には、ニョロリとしたH氏はいないんじゃないかな。聖書的に、たぶん。

関係ないけど、横須賀には「天国」とかいて「てんくに」と読む、老舗居酒屋があります。でっかいコの字型カウンターの居心地のよいいいお店です。エホバのなんちゃらさんと話しながら、ぼくのアタマには、ずっとこの店のホッピーが浮かんでいました。

Posted by tekigi1969 at 2007年07月16日 10:16
トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://tekigi.hiho.jp/cgi/mt/mt-tb.cgi/1332

コメント
コメントしてください




保存しますか?