2007年09月02日

●ナウル総選挙はスコッティ大統領勝利

8月25日におこなわれた
ナウル共和国の総選挙は、
”改革派”とされるスコッティ大統領支持派の圧勝だったようです。

◎ナウルの総選挙については、
 このBLOGの過去記事→「ナウル3年ぶりの総選挙は明日
 または
 ニュース記事→「南太平洋に浮かぶ世界最小国ナウルで総選挙の投票始まる
 を参照ください。

◎「いや、そもそもナウル共和国って何よ?」という方は
 このBLOGの「ナウル共和国カテゴリー」の過去記事
 または拙著「アホウドリの糞でできた国
 が参考になるのではないかと思います。

まだいくつかのニュース記事をざっくり読んだだけなのですが、
18議席のうち、スコッティ派の14名は全員再選を果たし、
反対派の急先鋒だった
レネ・ハリス元大統領派は1議席しかとれなかった模様。

ちなみにその1議席ってのは、
レネ・ハリス氏本人のようです。

(参考にしたニュース記事(英語)
 →「Scotty returned as Nauru president
  「Nauru Government re-elected」)

もう少し詳しい情勢が分かったら、
また更新する予定です。

Posted by tekigi1969 at 2007年09月02日 18:13
トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://tekigi.hiho.jp/cgi/mt/mt-tb.cgi/1382

コメント
コメントしてください




保存しますか?