2007年09月18日

●浦賀・叶神社のお祭りその2

浦賀・叶神社のお祭りその1」の続き。

1、渡し舟をスルーして、東浦賀からてくてく北上して浦賀駅。そこで折り返して南下すると、商店が並ぶ西浦賀。浦賀は、東側と西側のあいだに湾と造船所のドックが切れ込んでいるのです。だから、以前は「造船の町」でした。ここで「会社」といえば、「住友造船」を意味したそうです。昭和40年代頃まで 、会社の給料日には、住友の出入り口から駅・商店街までずらっと縁日が出たのだとか。 この日も西浦賀には屋台が連なっていて「昔は毎月こんな風になったのかしらん」と想像しつつ、ビール飲みつつ、歩きました。

2、そんな当時の名残なのか、鴨居八幡のお祭りに比べて神輿が多い。お神楽を乗せた山車もけっこう出てる。遠くで聞くと混じっちゃって分からなかったんけど、けっこう奏でているメロディというかリズムって違うんですね。各町会ごとに伝わっているモノがあるのかしらん。でも子どもがテキトーそうに叩いている山車も多いから、その場のノリかも分かんない。いくつか短い動画を撮ってみたので、よかったら聞き比べてみて下さい。



例えば↑と↓はよく似てる。
この二つは、たぶん東浦賀にある町内会。



でも、↓はかなり違う。
こっちはたぶん西側にある町内会のお神楽。



3、そんな感じで、500mlのビール1本空いて、2本目に突入。海辺でちょっと休憩してたら、東の叶神社に神輿が帰っていくのが見えました。ついでに西側の叶神社までいこうと決心。(たぶん続きます)

 s-164_6435.jpg

Posted by tekigi1969 at 2007年09月18日 09:17
トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://tekigi.hiho.jp/cgi/mt/mt-tb.cgi/1399

コメント
コメントしてください




保存しますか?