2007年10月31日

●プライバシーってカンタン、他

1、昨日のぼくの大発見。
  「フライパン一つでカンタン」と
  「プライバシーってカンタン」は
  ものすごく字づらがよく似ている。

2、これ、何かに応用できないものかしらん。
  できないか。モッタイナイな。せっかくなのにね。

3、ずっと欲しかった壇一雄さんの伝説のレシピ本「檀流クッキング」。
  絶版なのだと思い込んでいたら
  とっくの昔に文庫化されていたんですね。知らなかった。
  このレシピを実際に再現しているサイトも発見。(→こちら
  ウワサどおり、ホントにうまそう。
  買おうっと、やろうっと。

 

4、中日ドラゴンズ、日本シリーズ第3戦も圧勝。わっしょい。どっしょいしょ。こうなってくると、「ドラファン以外のひと、楽しいのかな」とかちょっとだけ心配になってきます。そんなに全国区のチームじゃないと思うし。実際どうなのかは分かんないけど、二遊間の守備とかホントすごいので、よかったら見てください。ついでにファンになってくださいませ。スポーツ新聞とか読んでいると「ドラゴンズ絶好調」という感じが強くなっているけど、ここまま行くとは思えない。去年コテンパンにやられちゃったイメージがあるのですよ。やっぱりあの外野の守備はすごいと思うし、稲葉がこのまま終わるとも思えない。ダルビッシュとも、もう一度対戦することになるだろうし。選手、コーチはもちろん、テレビ前で応援するぼくもまだまだ油断は禁物なのです。ぼくが緊張してても、ちっとも意味はないけども。

5、犬購入を目指して、さいきんブリーダーさんサイトをあれこれ見ております。狙っているのは和犬。雑種でいいんだけど、やっぱり黒柴、いいなあと日々ため息。近くて、信用できそうなところを探しつつも、写真が豊富なサイトをついつい見入っちゃいます。 年明けぐらいをメドに検討していく所存。神奈川近辺で、オススメブリーダーさんなどご存知でしたら、教えてください。

Posted by tekigi1969 at 15:37 | Comments [2] | Trackbacks [0]

2007年10月30日

●トケイソウがえらいこと育ってます

1、家の入り口わきに植えたトケイソウが
  けっこうたいへんなことになっております。

 tokeiso1.jpg

2、最初は50センチくらいのを↑こんな風に植えたのです。
  そしたら↓こんな具合にグイッと上へとのびて

 tokeiso2.jpg

3、同軸ケーブルみたいな太い茎を
  横にあった木(たぶん「槙」)にしっかりと絡ませ、

 tokeiso3.jpg

4、横の槙、横の槙へと、あらよっと渡り、
  ↓の写真右上へとのびていって、

 tokeiso4.jpg

5、ついには、
  数本の木全体が、槙なのかトケイソウなのか
  分からんような状態になっちゃいました。
  ここまで数ヶ月。あっという間の天下取り。

 tokeiso5.jpg

6、これが無事に越冬して、
  来年の春・夏に咲いたら、どんな光景になるのかしらん。
  トケイソウは、かなり派手な花なので、ちょっと楽しみです。

7、ちなみにすぐ横のブロック塀の足元では
  同じつる性植物の「ツタ」も、虎視眈々と天下を狙ってます。

 tsuta.jpg

Posted by tekigi1969 at 09:44 | Comments [0] | Trackbacks [0]

2007年10月29日

●日本シリーズはじまりました

1、2007年の日本シリーズ、ついに開幕しました。第1戦は、午後6時まで京都府の取材先にいたので、観られず。聞いたはなしによると、ドラゴンズが負けたとかいうウワサだけど、まさかねえ。知人からは「ダルとサエコのラブ劇場」だとか、「史上初の二安打完投敗戦投手誕生」とかいろいろ言われたけども、まあともかく、ぼくとしては自分でテレビを観た2戦目が開幕戦。荒木が走って、井端が捕って、森野が打つ。強いドラゴンズが観られてうれしかったです。MLBのワールドシリーズみたいに一方的な展開にならなくてよかった。

2、ちなみに最後の取材先は某プロ野球選手のご実家。お話のなかで、ふと「このあと息子が解説やるんですよ」と聞きました。家族、しかもご自分の子どもが日常的にテレビに出てくるのって、どんな気分がするんだろう。慣れてはいても、やっぱりどきどきするんじゃないかなあ。そういえば、幕内に上がって間もないころの琴奨菊関の取組を、ご家族と一緒にテレビ観戦したことがあります。コタツを囲んだごく普通のお茶の間なんだけど、応援にかける気合がぜんぜん違う。彼にとっては、世界一の応援団が、きっとここなんだなあ、と思いました。

3、明日からはナゴヤドームで日本シリーズ第3、4、5戦。ウッズの一発も待ってるけど、やっぱりドラゴンズ、ファイターズの対戦だけに、今年も華麗な守備が観たい。日ハムの外野はほんとにあきれるくらい守備範囲が広いし、捕球体制がいいから、返球も早い。ドラゴンズは英智がケガで欠場してるので、そのへんはちょっと劣る。でも二遊間なら、負けてないっす。それにしても、ああいう守備をみていると、プロ野球・MLBっては基本的にアストロ球団なのだなあ、と思います。だって、ぼくには、ダブルプレーなんてきっと一生できないもの。

 

Posted by tekigi1969 at 21:02 | Comments [0] | Trackbacks [0]

2007年10月28日

●大海洋は誰でしょう

1、3泊4日の取材を終えて、昨夜帰宅しました。ふう。
  つかれた。でも、充実した取材ができた気がします。

2、下の写真は、二日目に行ったちゃんこ鍋屋さんでの貴重な一枚。
  たどたどしい字で「大海洋」と書いてあります。
  「洋」はたしか名だったので、姓は、タイカイ。
  これが誰だかわかるひとは、かなりの相撲通だと思います。

 akebono.jpg

3、じつは、これ、ローウェン・チャド・ジョージ・ハヘオくん、
  のちの横綱「曙」の色紙なのです。
  前相撲では、この名前で初土俵を踏んだのでした。

4、だけども、当時「大魁」(タイガイ)という、
  聞き違えやすい名前の先輩力士がいたため、
  すぐに「曙」と改名したのです。
  だから、この色紙はものすごくレアなのです。

5、ちなみに関脇までの「曙」には点がなくって、
  大関以降は、
  右側に点の付く「曙」になっています。

6、これは「曙」の命名者でもある、
  このちゃんこ屋の社長さんの「天(点)下をとる」という
  希望が込められていたのだとか。

7、そんな話を聞きながら食べるちゃんこは
  やっぱりひと味もふた味も違うなあ、と思いましたよ。

Posted by tekigi1969 at 16:52 | Comments [0] | Trackbacks [0]

2007年10月26日

●関西2



昨日は京都。手描き友禅の職人さんのところにいきました。でも取材内容は着物のことではなくってお子さんのこと。庭にたくさんの花木の鉢がおいてあって、帰り際に少し教えていただきました。茶花が多かったのかも。

取材後、編集Aさんと上鴨神社のそばを歩いていたら、ちんまりした黒い子猫がにゃあにゃあ登場。なんでかしばらく着いてきました。ああいうのってなんだかうれしい。夜は四条のおばんざい居酒屋さんで地ビール、米焼酎。賀茂ナス田楽頼んだら、おいもみたいなほくほくしたのが出てきました。うめえ。

Posted by tekiteki at 08:12 | Comments [0] | Trackbacks [0]

2007年10月25日

●関西



取材に来ました。あちこちから小麦粉とソース、それから肉の焼ける匂いがしています。インタビューの会話にも「鶴橋の焼肉」がでてきた。さすがは食い倒れの町。

夜は待ち合わせた友だちと天満へ。テンマンかと思ったらテンマなのですね。メインの筋は商店街で、一本裏手が立呑屋ストリート。みな飲んでる。呑んでる。良さげな店がものすごくたくさんあって、どこも安い。でも、仕事帰りのひとでごったがえしている店と、誰もいない閑古鳥店の差がすげえ極端。ほどよくすいている店みつけるのに苦労しました。テキトーに入った居酒屋は安くていわしの天ぷらとか、おいしかったです。ビール、芋焼酎、芋焼酎。ワインのショットバーにもちらと寄ったけど、酔ってたせいか味わかんなかった。今日は京都行ってきます。飲みに、じゃなくて、取材にね。

Posted by tekiteki at 07:35 | Comments [0] | Trackbacks [0]

2007年10月23日

●タバコ吸いのいちにち

今日はひっさしぶりにスーツを着て外出。ネクタイも。急な仕事の依頼で、日比谷まで打ち合わせにいったのでした。天気も悪くなかったので、海沿いの道を選んで自転車でシャー。そうやって走っていると、浦賀ドックのあたりで急に磯の匂いが強くなる。ここさいきんずっとこうなのです。通過する瞬間、コンブとかの海草類で強烈に濃いダシをとったみたいな香りがしてきます。何かの工事で海底をほじくっているんじゃないだろか。駅前の自転車置き場に自転車を預けて(1回120円)、コンビニ前でぷかあと一服。ここには灰皿があるので、よく長距離通勤帰りのひとたちが集っています。
電車内はもちろん禁煙。団鬼六「果し合い」を読んでいるうちに、1時間ちょいで目的地に着きました。地上に出る。タバコが吸えそうなスポット見当たらず。待ち合わせていた編集者さんがすぐにやってきたので、まず最初の打ち合わせで某店へ。ランチタイムだからか全席禁煙。コーヒー飲みつつ、1時間ほどあれこれ話す。すると時間が来て、第2の打ち合わせへ。広告代理店さん、ディレクターさんらと合流して、某社会議室にはいる。当然、禁煙。1時間ほど話して、終了。
解散後、すぐに日比谷駅そばのビル地下で「吸えるところ」を探す。喫煙ルームがありました。きれいでおしゃれなお店が並ぶなかで、ここだけクスンデイル。「昭和」な雰囲気。レトロでなく、昭和。無言でみなぷかぷかやっている。ぼくも黙ってぷかり。ふう。勢いに乗って2本目にも火をつけたけどあんまりおいしくなかったので、すぐに出ました。男性はみなスーツ。一組だけ私服の二人がいて、首から提げているIDカードをみたら、某CPU会社のモノでした。やっぱりそういうふうなんですかね。
すぐ近くの出光美術館でセンガイ展をやっているとポスターが。観たいなあと思ったけど、「まあいいや」となんとなくスルー。帰りの電車は京急「快特・三崎口行き」だったので、いしいしんじ「みずうみ」を読みました。浦賀駅に着いて、コンビニ灰皿の前でぷかあ。バス乗り場から「この周辺での禁煙にご協力下さい」とのアナウンスが流れてきて、そのせいか二名の女性がそっちから灰皿目指して移動してきました。お互いにスペースを譲りつつも、無言。すぱあ。すぱあ。
自転車置き場にいくと、係員さんが「おかえりなさい」。さいきんここは市から民間企業に委託されるようになったらしくて、係員さんの愛想がものすごくいいのです。「おつかれさまでした」「ありがとうございました」なんて言葉のときもある。とりあえず「お世話になりましたー」と答えているんだけど、これって変かな。「どうも」ぐらいがいいのかも。相応しい返答をおいおい考えておきたい。帰路は、海から遠い道を選びました。それでもドックのそばは磯の香り。庭に野牡丹が咲いていました。ネクタイはずして、スーツ脱いで、お茶飲んで、タバコ吸って、一息ついて午後5時。くわえタバコで、カメラを持って庭に出た。花に近づいて、シャッターを切ったら、驚いたことにフラッシュが点灯。10月も23日になると、暗くなるのが早いですね。

 s-nobotansaita.jpg

 
Posted by tekigi1969 at 17:21 | Comments [0] | Trackbacks [0]

2007年10月22日

●うに醤、対談、講演、31

1、秋空をみながら、ああ、そうか、そろそろ年末だなあ、と気づきました。今年のお歳暮は、去年北海道で買ってきてうまかった、アレを送る予定です。そう、うに醤。うにじゃん、と読みます。これ瓶詰めなのに、もろにウニ、うに、雲丹、海栗、海胆の味がするのです。ぼくの知る限り、最強のおかず系商品のひとつ。都内ではほとんど見かけたことがないから、ぼくも1年ぐらい食べてない。お歳暮ついでに、自分の分も通販で買っちゃおうかな。

 
 コク!旨!辛!ドウナンの「うに醤(うにジャン)」
(↑これがうに醤です。楽天市場の商品リンク)

2、山根一眞さん(ノンフィクション作家)と村上信夫さん(NHKアナウンサー)の対談が掲載された、明治学院大学同窓会誌をいただきました。この対談をまとめたのは、実はぼくなんです。山根さんの代表作「メタルカラーの時代」を読んで、「こんな仕事をいつかしてみたい」と20代の頃に思ったぼくとしては、ホントに夢のようなお仕事でした。この本は大切に保存しておくつもりです。原稿を書いたのはずいぶん前のことなんだけど、尊敬する山根さんに原稿チェックされるのは、ドキドキでした。どう思われたのかなあ。知りたいような、知りたくないような。

3、おそれおおいことながら、来月、ひさしぶりに講演なるものをさせていただきます。これまでは学生さんを前にすることが多かったんだけど、今回は某幼稚園の保護者さんたち。拙著「アスリートが育つ食卓」とヨミスポでの連載「王者の食卓」をベースに、子どもの食事としつけ、食育などについて、これまで取材してきたことをぼくなりに話してみようと思っています。少しでも役立つものになるといいなあ。がんばります。押忍。

4、メジャーリーグのワールドシリーズはレッドソックスvs.ロッキーズに決定。おめでとうございます。個人的には、今回はロッキーズに勝って欲しい気がしています。でもメジャーはぜんぜん詳しくないので、観ているうちに変わるかも。それよりもやっぱし、日本シリーズでしょう。最終的にドラゴンズが勝つのは当然として、ぼくとしては、ここは背番号31・森野将彦の爆発に期待したいところです。福留のFA去就が微妙で、立浪が代打専任になったいま、次の「ミスタードラゴンズ」候補は彼のはず。でも、童顔な風貌もあって、まだイマイチそんな雰囲気にはなっていないだよなあ。掛布に憧れてこの番号を選んだというウワサだけれども、いっそこのシリーズで「31といえば森野」「ドラゴンズの主砲といえば森野」といわれるようになって欲しい。よりいっそうの飛躍を期待してます。

Posted by tekigi1969 at 20:11 | Comments [2] | Trackbacks [0]

2007年10月21日

●秋晴れの日曜、冬野菜も育つ

1、きょうの横須賀は雲ひとつない秋晴れ。
  青、一色。まさに、ドラゴンズブルーの空でした。

 sora.jpg
 (裏山の方角の空。クリックするとすごくデカくなります)

2、庭菜園も、冬に向けてあれこれ準備ちゅう。
  小松菜はいま、こんな感じ。
  寒くなるほど甘くなるから、
  少しずつ時期をずらして、何度か種をまくつもり。

 komatuna.jpg

3、こいつは、珊瑚礁花野菜、という新しい冬野菜。
  ブロッコリーとカリフラワーのかけ合わせ品種だそうです。
  ぼくは、この二つの野菜を食べるたび、
  「どっちだっけ」と名前が分からなくなるので、これは、ある意味、便利だ。

 sangosyouhanayasai.jpg

4、そのほか、食べられるモノとしては
  ダイコン、ほうれん草、春菊、パクチー(コリアンダー)
  の種をまいてあります。
  どれもまだ発芽には至らず。どうなることやら。

 nobotan.jpg
 (↑これは、野牡丹。遅ればせながらつぼみが付いてきました)

Posted by tekigi1969 at 17:35 | Comments [4] | Trackbacks [0]

2007年10月20日

●中日ドラゴンズ、日本シリーズ進出!

中日ドラゴンズ、クライマックスシリーズ無傷の5連勝で
一気に日本シリーズ進出決定!!!

わっしょい。
短期決戦に弱いイメージがあったから
この結果はものすごく意外。びっくり。でもうれしい。

第4戦、第5戦のチケットなんぞ買ったぼくがバカでした。
落合監督、失礼しました。

てなわけで、
今夜は自宅で、缶チューハイで、祝杯あげてます。

おつまみは
夕方収穫しておいたエダマメ。

 edamame.jpg

よーく太ってておいしい。
でも、やっぱり、ホントは、スタジアムで飲みたかった。
スタジアムの応援席のひとたち、うらやましい。
この勢いで日本ハムに、去年の雪辱果たしちゃいましょう。
次は、日本一だ!

Posted by tekigi1969 at 21:28 | Comments [0] | Trackbacks [0]

●野茂、明日先発&ぼく、明日応援どうか

1、野球好きなら、きっと誰もが大好きな野茂英雄投手が、明日21日の午前6時にベネズエラウィンターリーグのカラカス・ライオンズの先発として登板するそうです。(野茂英雄選手のブログは→こちら)2年ほど続いていたリハビリも終わり、MLB復帰に向けてついに本格始動するみたい。ヨミスポでやっている連載で、これまで色んなプロ野球のご両親に会ってきたけど、小学生、中学生時代に「野茂メジャー移籍」に刺激を受けた選手って、ホントにものすごく多いんですよ。プロにもファンにも尊敬される選手って、そんなにはいないと思う。(野茂選手からの挨拶動画記事は→こちら

2、クライマックスシリーズ第2ステージ、中日あっさり2連勝。とくに昨日の試合は、荒木→井端のちょう華麗なグラブトス(画質荒めだけど、ニコニコ動画にさっそくアップされていました。→こちら)があったり、2回、2死満塁から荒木の絶妙すぎる好走塁(詳しい状況はこちらの記事を参照→こちら)があったり、ホントすばらしい内容でした。

3、てなわけでぼくの身のまわりのドラファンのあいだでは「これはもう3連勝で決まっちゃうんじゃないの?」てな声まで出ております。でも、でもね。ぼくが持っているチケットは、第4戦、第5戦のみ。購入するとき「もしかしたら」と思わないでもなかったんだけど、まさかホントに心配する羽目になるとは。うーん。

4、でも、まあ考えてみれば、今夜の試合は「ドラゴンズ勝ち」→「日本シリーズ出てくれてうれしい」、「ドラゴンズ負け」→「明日ナマで応援できてうれしい」となるわけだから、どっちにしても、良しなのでした。なかなか上手いリスクマネージメントだったのかも。ちがうかな。とりあえず、明日のチケットを紙のかたちで発券するのは、今夜の試合を見届けてからにします。手数料は中止になっても返金されないんだもん。

Posted by tekigi1969 at 15:55 | Comments [2] | Trackbacks [0]

2007年10月19日

●CS、伊良部、胸キュンなどなど

1、昨日開幕したセ・リーグ2ndステージで、ドラゴンズまず1勝。よっしゃ。でも、テレビで観ていて、なんだかお客さんが少ない感じがしました。気のせいかな、と思ったんだけど、川相コーチもブログでそのことに触れていたから、やっぱりそうだったみたい。(→こちらの記事)巨人ファンは地上波テレビ中継が多いから、スタジアムにあんまり行かないのかしらん。でも、せっかくのCS決戦に空席があるのは、ちょっとさびしい。パ・リーグはすんごく盛り上がってたし、ナゴヤドームの1stステージもちょう満員だったのにね。2戦目から徐々に増えるような展開に期待。

2、野球といえば、おもしろい記事を読みました。元メジャーリーガーの伊良部秀輝さんのBLOGの10月12日、18日の記事。(→こちら、と、こちら)久しぶりにキャッチボールをした感想がかかれています。そこで現役時代には気づかなかった「右足の使い方」に気づいて、後悔の念がわいたのだとか。でも、ビデオで当時のピッチングを見ると、あれっ。無意識にやってんじゃん、とびっくりしたそうです。こういう体の使い方に関するあれこれって、きっと野球をずっと本気で続けているひとじゃないと分からない感覚だと思う。それを、引退してからもふっと思い出したりできる伊良部さんは、うらやましい。現役時代はヒールっぽいイメージもあったけど、コレ読んで、かなり好きになりました。

3、話は飛びます。野球から胸キュンへ。マーケティング情報最先端(とぼくが勝手に思っている)電通の消費者情報トレンドボックス。最新号のタイトルが「胸キュンスイッチを押しまくれ」でした。(→こちら)「胸キュン」って、いま、ありなんですか。それとも、いまだからこそ、あえて「胸キュン」なのでしょうか。困ってます。

4、「あえて」といえば、softbankのCM(Wホワイト「広告批評」篇)で、お父さん犬の最後のセリフが「目を見れば分か」で切れているのって、すごいアイデアだと思う。これ、何かに応用できないものだろうか。(→ここで観られます。上から3つめ)

5、そういえば、先週の将棋NHK杯での羽生善治二冠のびっくり大逆転動画がネットで話題になっているそうですね。あらかじめ「もうすぐ逆転するぞ」と分かっていながら動画を見るのって、面白いものだなあ、と思いました。解説の加藤一二三九段のあわてっぷりもステキです。(→こちらです。ニコニコ動画なので登録が必要です)

6、拙著「アホウドリの糞でできた国」が、アサヒビールのサイトで紹介されていました。(→こちらです)6月の記事なんだけど、いまさら気づいて、びっくり、うれしい。ビールのお供に、ぜひナウル。アサヒビールさん、ありがとうございま。

Posted by tekigi1969 at 15:41 | Comments [0] | Trackbacks [0]

2007年10月18日

●カマキリ、ジンバブエ、CSセとパ

1、さっき庭でカマキリを発見しました。
  バジルの葉っぱにのっていた。つい5分くらい前。

 s-kamakiri1.jpg

2、ちょうカッコいい。
  太っているから、メスかな。
  この季節のカマキリって、たしかオスを食べちゃうはず。
  もう食後なんだろか。うえええ。でも、まあ、そういうものなのか。
  そう考えると、「蟷螂」「螳螂」なんていう
  おどろおどろしい漢字表記もなんとなく納得できます。

3、朝日新聞で、昨日の紙面から
  ジンバブエの経済破綻についての連載がはじまりました。
  ちょうハイパーででたらめなインフレが進行しているとは聞いていたけど
  そこに至るまでの経緯が、とても知りたい。
  本来、とても農作に適してて、資源にも恵まれている国だったはずなのに。
  特集タイトルは「国を壊す ジンバブエの場合」です。

4、本日より、セ・リーグのクライマックスシリーズ第2ステージが始まります。
  巨人の重量級打線が目覚める前に
  さらっと3連勝で決めて欲しい。
  でも、ぼくが観戦チケットを持っているのは、4、5戦。
  だから、1つ2つは落としても・・・いやいや、やっぱり勝って欲しい。

5、巨人ファンの母からのケータイメール。
  「第1ステージおめでとう。強い強いさすが正直すごいなぁー」
  「2つくらいは巨人勝たせてね。中日勝つと思うから」
  本心は分かんないけど、
  なんか、こんな風に下手に出られると
  「負けんぞー」とかいいづらい。でも、勝ちます。負けません。

6、ちなみに今夜はパ・リーグも大詰め。雌雄を決する第5戦。
  しかも、ダルビッシュと成瀬が投げ合う大舞台。
  今夜は日テレ、テレ朝、ザッピングナイトです。
  ビール用意しとこう。あ、エダマメも1株。

Posted by tekigi1969 at 16:20 | Comments [0] | Trackbacks [0]

2007年10月17日

●海辺の生活この三日

1、15日夕方。近所の生協の魚売り場。100円均一のサンマを品定めしていたら、知らないおばちゃんに「これはいつものやつよりイキがよくないよ」とささやかれました。なんでも、サンマの市場価格があがっているから、仕入れだか水揚げだかが制限されているらしい。どういう理屈かはイマイチ分からないけど、海辺の町のおばちゃんがいうことなので、そういうものかな、と思って、「そうなんですか」とうなずきました。手も止めて、視線は横のアジの干物へ。でもおばちゃんは言うなり、適当なサンマを一尾を拾い上げて、買い物カゴヘ。あれれ。「わたしはね、塩まぶして、すぐに焼いちゃうから」ああ、そうなのね。すぐに塩焼きにするなら問題ないのか。「うん、それがいちばんウマイですよね。ぼくもそうしよう」といったら、横から知らないおばちゃん2.0が登場。「あら、うちはね、圧力鍋で煮付けるのよ。そうすると、1週間はもつの」1.0も「あら、それもいいわね。梅干で?」「そうそう。骨も食べられるから」。1.0はあっという間に煮付け派に。立ち去るタイミングを逃して、あいまいにうなずいていたら、1.0と2.0「あなたも煮付けなさいな」とのこと。「うーん。今日は塩焼きにしますよ」と逃げました。実際、じゅうぶん脂ものってて、うまかったですよ。

2、16日朝。早起きしたので、5時30分くらいに漁港脇の集積場にゴミ出しに行きました。そしたら、知り合いのTさんが登場。70過ぎてるはずなのに、さすがに現役漁師は朝が早い。「おはようございます」と声をかけたら、黙ってうなずき、「コレかい?」と両腕を大きく、歩くように振ってみせた。「ああ、ウォーキングですか。違いますよ、ゴミ出しただけ」と答えました。でもTさんは聞いちゃあいない。「コレはからだにいいんだよ。ここらは坂道多いからさ、うろうろしてりゃあ、自然にコレになるけどね」「そうかもしれないですねえ」「こうやってよ」Tさん、胸をそらして、腕を振る。「えらそうに歩くのがコツだ」とのこと。そういえば、このひとはいつもそんな風に歩いている。あれは健康のためだったのかと初めて気づきました。

3、今日、17日。風向きのせいか、湿度のせいか分からないけど、午前中は、むわっと磯の匂いがいつもよりも強く立ち込めている感じでした。午後になってタバコを買おうと外に出たら、「ついでにタマネギ、ジャガイモ、ニンジン買ってきて」と奥さんが。毎週水曜、土曜になると、近くの団地前に移動スーパーが来るのです。これがとにかく安い。タバコを買って、そこに立ち寄ると、早くも野菜売り場にハクサイが積んでありました。若干小ぶりだけれども、1玉まるごとで130円。安いっ。こいつは買わねばと勝手に追加。そしたら、帰り際に、シュークリーム山盛り300円になっているのを発見。しまった、ハクサイを買ってしまったので、お釣りが足りない。財布を持って出かければよかった。すっごく後悔しながら外に出たら、「このハクサイ、まだスカスカよね」と知らんおばちゃんにいわれました。大げさなくらい大きくうなずいたら、満足したように去るおばちゃん。ずっしりしたハクサイに出会えるのは、もっと寒くなってからだと思うよ。

Posted by tekigi1969 at 17:46 | Comments [0] | Trackbacks [0]

2007年10月16日

●カボスの葉、チケット入手

1、庭に植えたカボスの木。
  暑いのが苦手だったのか
  9月くらいから急に葉っぱが増えました。

 s-165-6524_IMG.jpg

2、でも若い葉っぱをよくみると、
  形がけっこう変。
  ひょうたんというか、だるまというか。
  スダチとかもこんな風なのかな。ぜんぜん知りませんでした。

 s-165-6523_IMG.jpg

3、ちなみに、この葉っぱをこすると
  柑橘系のいい匂いがします。
  バイマクル(コブミカンの葉っぱ。タイ料理とかのハーブ)
  みたいな感じで、つかえるかもしれない。

4、話は変わりますが、
  巨人-中日のクライマックスシリーズチケット取れました!
  それなりにアクセスは集中していたけど、
  思ったよりも、スムーズでした。なーんだ。

5、手に入れたのは、第4戦と第5戦の外野ビジター応援席。
  3戦で終わらなければ、大詰めの試合が観られるはず。
  去年に引き続き、
  今年も東京ドームで歓喜のビール、飲んじゃおうともくろんでます。

Posted by tekigi1969 at 15:44 | Comments [5] | Trackbacks [0]

2007年10月15日

●仕事、第2ステージ、チケット、パンダ

1、よくよく考えたら、今月はほとんど仕事をしていない。
  9月が忙しかったので、ついうっかりしてました。
  いまのところ、月末の出張取材までやることなし。
  関係者の方々、何かお仕事ありましたら、ご連絡ください。
  あ。止まったままの単行本企画を進めよう。

2、そういう景気の悪い話はさておき、
  ドラゴンズが、クライマックスシリーズ第1ステージ突破しました。
  正直、短期決戦ではタイガースに分があると思っていたんだけど、
  トラの目が覚める前に、一気に決めてくれました。ほっ。
  これで、第1関門突破。わっしょい。日本一になるぞい。

3、18日(木)からは東京ドームで第2ステージ。
  外野ビジター席の一般発売は、明日午前10時から。(チケットぴあのみ)
  どのくらい売り出すのか分からないけど、
  とりあえずネットから申し込んでみようと思います。

4、もし「余ってるよ」なんておいしい情報ありましたら、
  ぜひ教えてください。 (メールアドレスは、tekigi@hb.hiho.jp)
  可能であれば、3戦目、4戦目、5戦目あたりを
  3枚くらいずつ押さえておきたい。ムリかなあ。

5、そうそう。
  ぼくが構成をやらせてもらった「上野の山はパンダ日和」が、
  WWF(World Wildlife Fund:世界野生生物基金)のサイトに紹介されていました。
  →こちら
  「日本のパンダ飼育の歴史書ともいえる一冊」とのこと。
  そんなすごい本のお手伝いができたのだなあ、
  とちょっと誇らしい気持ちになりました。

 
 上野の山はパンダ日和
(↑楽天でも売ってます。なんでか表紙カバーなしの写真だけど)

 
Posted by tekigi1969 at 14:42 | Comments [7] | Trackbacks [0]

2007年10月14日

●中日まず1勝、「愛犬王 平岩米吉伝」レビュー

1、クライマックス第1ステージ1戦目、ドラゴンズさくっと快勝。1回裏の攻撃は「燃えよドラゴンズ」の歌詞みたいな理想の展開。しかも次世代の主砲・森野将彦、4打点。すばらしい。今夜も勝って、一気に決めて欲しい。でも、そうカンタンにはいかないだろうなあ。とりあえず、2戦目は平田良介選手を応援します。昨日先発野手陣のなかで唯一ノーヒットだったし、彼もまた将来のクリーンナップ候補なのです。がんばれ、ドラゴンズ!

2、図書館で借りてきた「愛犬王 平岩米吉伝」片野ゆか(小学館)読み終わりました。ものすっごくおもしろい。

  

3、平岩米吉というひとは、昭和61年まで生きていた「動物文学」という雑誌の発行人。この言葉そのものも彼の造語です。自由が丘の家で、多くの犬、狼、ジャッカルを飼って、その行動を研究。銀座に出かけるときには狼を同伴させることもあったりして、ちょっとした奇人扱いもされていたようです。その一方で、連珠(五目並べを発展させたボードゲーム)の棋士でもあったり、犬フィラリアの撲滅のための研究を援助したりと、すごく多彩な活動もしていました。科学的で冷静な分析眼と、ナイーブ過ぎるくらいの動物への愛着が、この本というか平岩米吉さんの核。彼がいなかったら、いまでも日本の犬は数年間しか生きられないような状態だったのかもしれません。(犬フィラリアはほんの20年ほど前までほとんど不治の病だった)こんなひとがいたなんて知りませんでした。本人の著書も読んでみようと思います。 オススメです。

(↓amazonで取り扱われている平岩米吉さんの著書)
   

4、ちなみに、ぼくの涙腺がヤバかったのは、ハイエナのへー坊のくだりと、シェパードのチムが死んでしまうところでした。そうそう。ちらと書いてあったんだけど、大正~昭和初期の日本で人気があった犬種は、ポメラニアンとダックスフンドだったんだって。これは、けっこう意外でした。

5、 あと、明治時代の上野動物園について触れられているくだりも興味深かった。明治40年にキリンがやってきたときは、連日長蛇の列ができたのだとか。(1ヶ月で28万人!)ちょうど、上野動物園のパンダ飼育員だった佐川義明さんの本(「上野の山はパンダ日和」)を手伝ったばかりなので、パンダフィーバーとアタマのなかで比較しちゃいました。でもきっとお客さんの驚きはキリンのときのほうが大きかったんだろな。佐川さんにお会いする機会があったら、話してみよう。

   
Posted by tekigi1969 at 16:12 | Comments [3] | Trackbacks [0]

2007年10月13日

●セリーグCS、ミャンマーなど

1、いよいよセ・リーグのクライマックスシリーズ、スタート。ついさっき発表された先発は川上と下柳だそうです。うひゃあ。うひゃあ。どきどきする。もちろん1年を通じて優勝を目指すペナントレースに比べて、こういう短期決戦は「その場の勢い」が強いから、「ホントの強さ」は出づらいんだけど、それでも「負けたらおしまい」っていうギリギリの攻防ってのは、観てておもしろい。いっそ、オリンピックのある年は、前半だけペナントレースで優勝決めて、五輪後はトーナメントで後半優勝決めたらどだろ。ぼくはすんごい興奮しそう。でも、ドラゴンズが負けたら悔しいだろな。今夜の試合は、衛星第1(我が家は見られない)しか中継しないので、ラジオで聞きます。せっかくだから、ドラゴンズ寄りの解説しそうな東海ラジオを遠距離受信しようかな。

2、西原理恵子さんがミャンマー(ビルマ)について描いているのを読みました。(→ここ)この国についてぼくはちっとも詳しくないんだけど、いろんなことを思います。ミャンマーのことを指して「グットピープル、クレイジーガバメント」なんてよくいうそうです。こういう状況が続いているのは、信心深さもあるんだろうし、「グッドピープル」なのもあるんでしょうね。でもきっと、経済的(というか生活的)に豊かってことが、この状況が続いているいちばん大きな理由じゃあなかろうか。あのあたりは気候がいいから、米も二毛作、三毛作ができるエリアがけっこうある。政府がデタラメでも、ひとまず食える。ほどほどには生きていける。だから「我慢の限界」ってやつの敷居が、ぼくらよりもずっと高い。それがいいのか、悪いのかは分かんないけど。でも、「そういうもん」としてやっているのは、すごいリアルな感じがする。そのことで思い出したのは、ソ連時代のロシアの話。あそこは長いこと共産主義国家で、物不足で、体制末期はデタラメな経済状況になっていたと聞くけど、じつは国民のほとんどが自宅とは別に畑を持っていて、休日はそこでジャガイモとかを育てていたそうです。(ロシア語で、こういう「家とは別に持っている畑」のことをなんとかっていうんだけど、忘れた)共産主義のルールは休日が多い。その休みを利用して、みんな畑のある家に出かけて、自分で食うものをつくる。これは会社員でも、政府の高級官僚も一緒で、エリツィンですらやっていたらしい。ソビエト時代、国内で生産されていたジャガイモの4割以上は、この自家栽培&自家消費ものだったそうです。だから、あんな状況でも生きていけた。 こういう強さって、ルールとは違うところで常に存在している気がする。漁師をみていると、日本でも彼らのような人たちは、けっこう似たような感覚で生活しているのかもしらんなあ、と感じます。
(こんなようなことを今朝mixiに書いたら、知り合いの方が「日本でも『隠田』ってのがありましたね」と教えてくれました。そっか。あれはどの程度黙認されてたんだろ。なんだかさいきん「正確にはルール違反だけど、ひとまず見逃すのがマナー」だった事柄の歴史にちょっと興味があります。)

3、さーて、いよいよクライマックスシリーズ始まります。応援バット持ってこねば。今夜は森野選手に期待します。このポストシーズンで、次世代のミスタードラゴンズになって欲しい。

Posted by tekigi1969 at 17:33 | Comments [2] | Trackbacks [0]

2007年10月12日

●エダマメ収穫(1株だけ)

1、庭のエダマメがだいぶいい感じに太ってきたので
  さっき1株だけ引っこ抜いて、収穫しました。

 s-165-6510_IMG.jpg

2、一株だけでも、こんくらい採れる。
  横浜で育てていたころは
  何度やってもコガネムシにやられちゃったのに。
  ここでは、放っておいても育つみたい。
  何が違うのか分かんないけど、うれしい。

3、でも、よーくみると、
  もうちょい太らせる余地がありそう。
  まだ10株以上あるはずだから、徐々に徐々に。むふふ。

 s-165-6515_IMG.jpg

4、エダマメは「足が速い」食べ物のひとつ。
  収穫すると、分単位で糖度が落ちるのだとか。
  農家では
  「エダマメはお湯を沸かしてから、収穫しろ」
  なんていうそうです。

5、そこまではしなかったけど、
  収穫後30分以内でゆでることができました。
  ちょっと冷まして
  夕食のときに食べるつもり。
  少しつまみ食いしたら、うまかったですよ。

Posted by tekigi1969 at 16:48 | Comments [4] | Trackbacks [0]

●巨人と中日

1、読売ウイークリー臨時増刊「奪回!原巨人 5年ぶりのV」(読売新聞東京本社)が発売されました。ぼくも4ページほど後ろのほうで書いてます。お好きな方はぜひ書店で手にとってみてくださいね。ちなみにぼくが担当したのは「ジャイアンツ5000勝の歩み」という記事。調べてみると、節目となる試合の多くで、中日ドラゴンズが相手をつとめているのでした。2000勝、3000勝、4000勝、5000勝達成の相手はぜんぶドラゴンズ。あの伝説の10・8も名古屋球場だったし(ぼくは近くのマンション屋上から観てました)、「メークドラマ」完結も中日に勝利しての優勝だったのです。もしかしたら、「伝統の一戦」はトラじゃなくて竜なのかもしらん。仕事は中立に書くけど、明日からのクライマックスシリーズでは、もちろんドラゴンズを応援しまっせ。

 165-6509_IMG.jpg

2、ドラゴンズといえば、今夜、名古屋のバーで「クライマックス前夜祭」ってのがあるそうです。19時から21時まで、なんと川相コーチが来る!しかもバーの名前が「バント」!!!横須賀在住でなければ、きっと行っていたなあ。(「川相コーチを囲む会」BLOGの記事→こちら)さすがに飲みには行けないけど、浦賀の町で応援バット片手に気合いれようと思います。

3、いつかドラゴンズの選手を取材したい。できれば井端選手か、英智選手を。

Posted by tekigi1969 at 15:20 | Comments [0] | Trackbacks [0]

2007年10月11日

●メガネをとりにいきました

高輪までメガネをとりにいってきました。←こう書くと、なにやらハイソな感じで、「こだわりのアイウェア」とか買ったみたいだけど、もちろん違います。テキーラ2本あけて飲んだくれた朝に落としたメガネです。京急電車でグーグー迷惑にも眠ったときに生き別れた、ぼくの大切なビジョンツール。ドとレの音は出ないけど、とっても大事にしてたのに。そしたら、受け答えはちょっとたどたどしいけど、とっても親切で機転が利くKQのキクチさんのおかげで見つかったのでした。受け取り先は高輪警察署。僕の予想では落としたのは久里浜駅付近。でも届いた先は品川駅でした。メキシコでつくったお酒、渋谷で飲まれ、浦賀にたどりついた僕と、高輪に向かったメガネ。世界ってすごい。つながってるなあ。
そうそう。関係ないけど、土曜からはじまるセ・リーグのクライマックスシリーズは、HISの虎狩りツアー東京ドーム行きらしいですよ。中日スポーツにそう書いてありました。(→こちらの記事)平井、石井、鈴木の三人でHIS。ゴロはけっこういいのに、浸透しそうな気配が微塵も感じられないのがステキです。でも、ドラゴンズにはぜひぜひがんばってもらいたいです。
クライマックスシリーズといえば、アメリカの方々にとって「クライマックス」ってのは、性的な絶頂を連想しやすい単語らしいですね。和製英語では「一番盛り上がるところ」ぐらいの意味だけど。ってことは、こないだの試合でホームランを打ったブキャナンあたりは、こっそり「クライマックスで一発ぶちこんでやったぜ」とか内心思っていたんじゃないだろか。この顔みてたら、ホントにそんな気がしてきます。(→こちら
そういえばテレビの中継でソフトバンクの選手はみな「王監督を絶対に胴上げしたい」「そのために1年間がんばってきた」とコメントしてたんだけど、どうしてそんなにみんな胴上げがしたいんだろう。そう考えると、とっても不思議な気分になりました。背中になにか秘密があるのかしらん。オオクワガタとかヘラクレスオオカブトとかの生息地になっているとか。それならみんなが殺到する気持ちも分からんでもない。今年もまたもやプレーオフで消えてしまったけども、来年こそは、リーグ優勝、プレーオフ、といっぱい胴上げできるといいですね。でも日本シリーズはドラゴンズが出てくるはずなので、そこはひとつ、アレしていただきたい。

えーと、まあ、そんなわけで、今日は高輪警察署でメガネを受け取ってきたわけです。ひさしぶりのクリアな視界で、これから内藤-亀田次男戦、テレビ観戦しようと思います。今回は、チャンピオン内藤さん、応援してます。関係ないけど、三男の「和毅」くんを「ともき」と読むのって、不思議ですね。「知」と「和」を書き間違えたわけじゃないとは思うけど、なにか由来があるのかしらん。

Posted by tekigi1969 at 18:22 | Comments [6] | Trackbacks [0]

2007年10月10日

●KQのキクチさん、ありがとう

1、パソコン、新しいのを買いました。OSもMeからXPへと進化。まだ設定途中&旧パソコンのデータは触ることができない状態だけど、BLOGはなんとか更新できるようになりました。

2、てなわけで今日の午前は家電屋、PCショップを行脚。あんぎゃ。10キロ近い本体を抱えてバスで帰りました。それから電話。KQじゃなくて、京急のご案内センターにかけたのです。日曜から3回目の問い合わせ。「日曜朝に落としたメガネは届いていませんでしょうか」という内容。イベント帰りに酔っ払って無くしたアレです。また聞いてみた。1回目は「届け出はない」2回目は「該当しそうなものはない」といわれたのです。今回担当してくれたのはキクチさんという女性。フレームの色、特徴などを告げる。「ないようです」との答え。「ダメですか」落胆。がっくり。ところがここからのキクチさんが偉かった。ステキだった。「現在届けられている眼鏡は3つあるのですが、お客さまのメガネは○色とのことでしたが、△色は混じっていませんでしたか?」「ああ、そういう風に見えるかもしれません」「それでしたら、書類に書いてある色が違っているかもしれないですね」「それ、確認できませんか」「すでに警察に届けてしまっているので、連絡先と登録番号をお教えしましょうか」「お願いします」で、警察署に連絡して、さらに詳しい特徴を伝えたら、そのメガネがぼくのだと確認できたのでした。あきらめかけていただけに、すごくうれしい。わっしょい。ありがとうございます、KQのキクチさん。あなたの機転が無かったら、たぶんこれ見つかってなかったと思います。

3、ものすごくうれしかったから、よっぽど「ありました!ビンゴでした!」と電話しようかと思ったんだけど、ちょっと変かなと思ってやめました。ご案内センターに再び連絡する機会があって、キクチさんにつながったら、いつかお礼をいいたい。

4、それにしても、「メガのフレームの色は?」といわれて、いつも思い出せないor的確な色彩表現ができないぼくは、変なのだろうか。でも、言い表しづらいと思うなあ、クルマとかメガネの色って。

Posted by tekigi1969 at 21:41 | Comments [0] | Trackbacks [0]

2007年10月09日

●本日もケータイより



パソコン異音がおさまらないので本日もケータイからコーシンデス。今朝は5時起き。自転車で鴨居港へ。エサ屋さんからアオイソメを購入して、釣りにいきました。With父。二人とも20年以上ぶりに竿握る。ちょいとキハズカシイ。

途中で雨が降り出すまでの二時間くらいやりました。当たりはあるけど、エサばかり盗られる二時間。父はアイナメとかを一応釣りあげたけど、ぼくの竿にかかったのははフグ一匹きり。まあ、今日のところは華もたせておくぜ。帰り道「キンモクセイの匂いがする」「あれはアスパラじゃないか」「桃がこんな季節に咲いてるぞ」とかいう父。こんなに植物に詳しいとはしらなんだ。でも、もしかしたら、ぼくがずっと聞き流していただけかもしらん。買った竿を我が家に置いて、新幹線で帰宅しました。次回は春かな。それまでにはよいポイント見つけておこう。

Posted by tekiteki at 18:53 | Comments [0] | Trackbacks [0]

2007年10月08日

●ふたたびガガガ



またもやパソコンから異音がしているのでケータイより。6日のミニイベントはマジシャンくんの活躍もあって無事に終わりました。ありがとうございます。

当日持ち寄られたおつまみはチキンソテー、梨、お菓子類あれこれ、ナッツ、焼きそば、鰺&鰯鮨、チーズの蜂蜜かけなどなど。ごちそうさまです。楽しくなりすぎてテキーラのボトルを二本空にしたあたりから記憶とびとび。気づいたらメガネがなかったのはナイショです。見付かるかなあ。でも楽しかったなあ。

Posted by tekiteki at 21:22 | Comments [0] | Trackbacks [0]

2007年10月06日

●赤とんぼつかまえました

1、ドガガガ、コツンコツンと大きな音をたててフリーズしたパソコン。なんとか復旧しました。でもきっとこいつは時間の問題。連休明けには新しいのを買っときます。

2、昨日は晴れたので、窓拭き(外側)をしました。100円ショップのワイパーをつかうとけっこうきれいになる。バケツ持って庭をうろちょろしてたら、赤とんぼを発見。弱っているみたいで、あんまり動かない。ゆっくり背後から手をのばしたら、あっさりつかまえることができました。30年ぶりくらいじゃないだろか。戦後初の個人的快挙です。(あ、湾岸戦争からです)放しても、ジッと動かないので、バケツの取っ手に乗せておいたら、いつのまにか消えていました。

 s-164_6487.jpg

3、ちなみに、こいつにとまっていたのです。

 s-164_6491.jpg

4、こないだ植えたばかりのムラサキシキブ。正確にいうと「コムラサキ」というみたい。じゃあ、清少納言はどうなのだ、とネットで検索。セイショウナゴンと入力したら、なんでか大人の絵本と怪談が出てきました。何だろうこの差は。

5、あ、今夜はミニイベントですよ。(詳細→こちら)朝までどっぷり飲むのもいいし、ちらっと飲んでさっさと帰るのもカッコイイかもしれません。テキーラ飲みながら待ってます。

Posted by tekigi1969 at 08:24 | Comments [0] | Trackbacks [0]

2007年10月05日

●ガガガと



パソコンから異音がしてます。セーフモードで応急処置してもフリーズ。

ひとまず電源抜いて様子みてます。このブログもケータイから更新ちゅう。そろそろ寿命かな。ダメなら明日にも新しいのを買います。

Posted by tekiteki at 17:53 | Comments [0] | Trackbacks [0]

2007年10月04日

●野球、しかしが、パンダの本など

1、おとつい「あのときは『さすがにもうダメだ』と思ったよね」なんて書いたら、ホントにもうダメでした。どばあ。セ・リーグのペナントレースはジャイアンツの優勝。おめでとうございます。ぐがが。「奇跡の逆転優勝」じゃなくって、ヤクルトの”名手”宮本選手の「まさかの悪送球」によるサヨナラで今年のシーズンは終わっちゃいました。ぺしゃんこ、というか、ぺしょんこですよ。最後のG3連戦で英智選手がケガで退場しなければ、あの走塁は防げたはずだし、井上選手会長のコケもなかったんじゃないか、とか、考えても仕方のないことがアタマをグルグル。ぺしょん。ぺしょしょん。でも、まあ仕方ない。いやあ、いまになって思います。クライマックス・シリーズあって良かった。ドラゴンズは短期決戦には向いてない気もするけど、まだ楽しみが続くってのは、大きいですよ。東京ドームで試合あったら、観戦チケット買わねば。

2、なんだかさいきん「合成語」が好きです。かわいいと思う。たぶん最初に意識したのは中学のときの理科の先生。この先生、説明しているときの接続語の「しかし」と「が」が一緒クタになって、「しかしが」とよくいうのです。最初は違和感があったんだけど、慣れてくると「よっぽど強調したいんだろな」と妙な愛着が湧いてきた。さらに盛り上がる先生は「しかし、が、けれども」とまでつながっていくこともあって、そうなるともう、「え!ホントに?」とか合いの手ぐらい入れたくなってくる。そんな調子で、合成語好きとなったぼくのあいだで近ごろ流行っているのは「ようやっと」です。「ようやく」と「やっと」が合体している。これを口に出していうと、すごく気分が出るのです。「ようやっと晴れましたねえ」とか、もっさりした語感がたまらない。あんまり共感してもらえないかもしれないけど、オススメです。

3、9月半ばに出版された「上野の山はパンダ日和」。著者は佐川義明さん。ぼくが構成を担当した本です。ネットでこっそり検索していたんだけど、ようやっと読者さんの感想記事を見つけました。ほんの数件だけど、おおむね好評みたい。ホッとしました。たとえ、たったひとりでも「読んでよかった」と思ってくださる読者さんがいたら、そりゃもうものすごくチカラになるのです。これはきっと出版だけじゃなくて、何の仕事をしていても、一緒なんでしょうね。今年は編集協力とかのお手伝いが多かったけど、来年は自分の著書も出せるようにがんばりたいと思います。けれども、しかしが、今週はお休み。冬野菜植えて、週末にはイベントやります。

 
 上野の山はパンダ日和 佐川義明
 (↑楽天でも買えますよ。なんでか表紙が白黒だけど)

Posted by tekigi1969 at 18:43 | Comments [2] | Trackbacks [0]

2007年10月03日

●10月6日(土)夜、ミニイベントやります

10月6日(土)夜、渋谷のlazy workers barで、ミニイベントやります。

朝霧JAMと同じ日だけど、
小さなバーだから踊ったりするスペースはないけど、
いろんなジャンルの音楽かけて、
朝までわやわや、ぐびぐび、やってます。
よかったら気軽に遊びに来てください。 ぼくも朝までいます。
(前回はこんな感じでした→終わったときのBLOG記事

あと、今回は
ぼくの知人(てか親戚)マジシャン(見習)が何かやってくれるそうですよ。

時間:10月6日(土)22時~翌朝5時
場所:lazy workers bar
    (リンク先地図参照。渋谷駅マークシティ徒歩1分)
料金:無料(飲み代だけ各自ショットで頼んでください)

 s-145_4544.jpg
(↑写真は去年、別のお店でやったときのもの)

食べ物はメニューにないので、持ち寄り自由。

もし「最強のおつまみだと思うモノ」があるひとは、
それを一品もってきてくれたら、うれしいです。
ぼくはやっぱり、お刺身かなあ。
でも渋谷まで持って行くのが面倒。まだ迷ってます。

というわけで、
ご興味とお時間がある方はぜひどうぞ。
ご質問などありましたら、
tekigi@hb.hiho.jp
までメールください。

 s-119_1905.jpg  こんなんなるまで飲みましょう。
 (↑写真は3年くらい前のイベント後の朝光景)

Posted by tekigi1969 at 18:00 | Comments [0] | Trackbacks [0]

2007年10月02日

●『さすがにもうダメだ』と思ったよね

中日、負けました。
夕べの試合は東海ラジオを遠距離受信。
負け越したあたりで意識が遠くなって
終了したときには、半分寝てました。

眠かったのか、聞きたくなかったのか。
自分でもよく分かりません。

これで巨人のマジックは1。
今日ヤクルト、明日横浜とやって、どっちかに勝利するか
もしくは
あさってから残り3試合を戦う中日が1つでも負ければ、
ジャイアンツの優勝が確定します。

おっし、「奇跡の大逆転優勝」の舞台は整った!

「あのときは『さすがにもうダメだ』とみんな思ったよね」
なんて、1週間後に言いたいっ!

今夜はヤクルト絶賛応援しますっ。
古田監督!先発しそうな石川投手!
がんばってください!!

Posted by tekigi1969 at 13:43 | Comments [0] | Trackbacks [0]

2007年10月01日

●アサガオの種とり

1、深夜の地震は寝ていて気づきませんでした。
  5強は箱根で、横須賀は震度2。
  実家から「だいじょうぶ?」とメール。午前3時の着信。
  さすがに元パン屋はお店を閉めても朝が早いなあ、
  と妙な方向で感心しちゃいました。

2、ちょっと雨が弱くなってきたので
  枯れたアサガオの整理を兼ねて、種を収穫。

 s-164_6481.jpg

3、こんな感じで1つのなかが3部屋に分かれてて
  それぞれに2つずつ、リンゴの種みたいのがはいってます。
  たまに1つだったり、カビてたりもある。

4、とりあえず、こんだけあれば充分。
  てか、多すぎるかも。

 s-164_6483.jpg

5、ちなみにこのアサガオは青い花のやつ。
  春になったらまた撒いてみます。
  来年も同じように咲くかな。

Posted by tekigi1969 at 12:46 | Comments [0] | Trackbacks [0]