2007年11月28日

●最近のお仕事、京都土産

1、こないだ「執筆協力」というかたちで
  お手伝いさせてもらった単行本が出ました。
  会計の入門書です。「面白いほどよくわかる」シリーズ。
  ご興味のある方、おられましたら、よろしくお願いします。

 
 (↑amazonの商品リンクです。)

2、昨日は日帰りで京都まで行ってきました。映像クリエイターさんのインタビュー取材。すごく興味深い話がたくさん聞けました。何気なくつかっていたデジカメの見方が、これからちょっと変わりそう。せっかくの機会なので、お土産代わりに「アホウドリの糞でできた国」を置いてきちゃいました。楽しんでもらえるといいな。帰るとき「ふたばの豆餅食べていくつもりです」とお話したら、「近くに有名な油屋さんがありますよ」と行き方を教えてもらいました。行ってみたら、あの有名な山中油店がどーん。

 s-167-6701_IMG.jpg
   

3、さすがは創業200年の風格。でも威圧感はなくて、独りでも気楽に入れる雰囲気がうれしい。ブリキ製の縦にぐるぐるまわる商品ディスプレイに目を奪われつつ、なかへ。オリーブオイルがずらっと並んでいて、それぞれ味見ができるように少しずつ皿に盛ってある。お店の方が、ちぎったフランスパンの入ったビンを出してくれて、お好きなものを探してくださいね、とのこと。どれもうめえ。でもどうせなら、ここの油が欲しいところ。その場の思いつきで「オリーブオイル以外で、生のままでもサラダとかにつかえる油はないですか」と聞いてみた。勧めてもらったのが、ここで作っているゴマ油と落花生油。それぞれ舐めさせてもらって、即、買うことを決めたのは「玉締しぼり胡麻油」でした。めちゃくちゃうまい。

 s-167-6704_IMG.jpg

4、説明書きによると、摩擦熱をかけないように1時間かけて圧搾し、そのあと2日間かけて和紙で濾したゴマ油とのこと。フランスパンにもあいそうだし、サラダ、豆腐なんかもいいな。そんなことを言ったら、お店の方に「焼いたお餅にしょう油と一緒にかけてもおいしいんですよ」と教わりました。ぬぬぬ。それはぜひやってみよう。あと、ぶりの照り焼き、卵焼きとかの風味を増すのにも使えるそうです。「ここぞ!」というときのとっておき調味料になる予感。大切につかいます。

Posted by tekigi1969 at 2007年11月28日 13:26
トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://tekigi.hiho.jp/cgi/mt/mt-tb.cgi/1463

コメント
コメントしてください




保存しますか?