2008年01月14日

●寒さ、香り、えめろん

1、今朝の横須賀は寒かった。天気予報によると氷点下とか1度とか。こういうときは中途半端に恒温動物であることがうらめしい。意を決して港までゴミ出しにいったら、釣り客が多かった。ああそうか。忘れてた。3連休でしたね。そう思うとひどく寒いのも許せる気がしたのは、なんでだろ。

2、しっかしこう毎日が寒くて、しかも太陽が照らないと、窓が開けられないのが困ります。どうしても部屋締め切って、ストーブ炊きっぱなしが多くなる。しかもぼくは仕事中けっこうタバコを吸うので、ふと気づくと部屋が相当タバコくさくなっているのでした。たまに換気するくらいでは、染み付いた匂いは去らない。そうしたら、奥さんがストーブの上にお香を置いてくれました。木のやつ。香木。なるほど、これならけっこうまぎれるし、気分がいい。沈香って、やっぱりすげえもんですね。ホントは、というか、説明書的には、ストーブの上になにか置いちゃあいけないらしいけど、まあいいや。そのぶん気をつけます。
 

 s-168-6853_IMG.jpg

3、蘭奢待ってどんな香りがするんだろなあ。

4、香りで思い出したけど、さいきん「エメロン」って言葉が好きです。小さな声でつぶやくと、すごくいいんですよ。えめろん。ネットで検索したら、「エメラルドとライオンを組み合わせた造語」 という話が出ていました。この説が正しければ、エメラルドライオンだ。そんなに豪気な言葉だとは知らなかった。おみそれしちゃってたのかもしれないけれど、でも、やっぱり言葉としてはかわいいと思うな。ってか、ライオンの昔の社名「ライオン石鹸」ってのも、よく考えるとどえらいことですよ。ぼくにはちょっと思いもつかない。

Posted by tekigi1969 at 2008年01月14日 11:31
トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://tekigi.hiho.jp/cgi/mt/mt-tb.cgi/1504

コメント

偶然ですが先日「バスボン」のことを思い出していました。エメロンとかシャワランとかシャワシャワとかライポンとか、語感の良い商品が多かったですね、'70年代の洗剤業界。
ライポンの“ポン”って何だろう?(笑)

Posted by ぷるみえ at 2008年01月14日 18:10

>ぷるみえさん
 おおっ、奇遇ですね。
 ボンはなんでしょ。
 物質に「ニウム」とつけちゃうのと
 同じような効果がありそうな気がします。
 関係ないけど
 カウンタックのイタリア語読みは
 「クンタッチ」だそうです。

Posted by ふるた(適宜更新) at 2008年01月15日 13:26
コメントしてください




保存しますか?