2008年02月17日

●小屋、相撲、ネギ

1、図書館で予約した「小屋の肖像」(中里和人・メディアファクトリー)が届いた。すごくいい。ついでに借りた「R」「路地」もすごい。「R」は、カーブの写真集。左右対称の同じ構図で曲がり角がずらーっと続く。物体としてのパワーもそうだけど、中里さんの写真のチカラもあるっぽい。でもやっぱり小屋だなあ。読んでいるうちに、ぼくのあいだでむやみに地味に小屋熱が高まってきました。ひとまず「小屋の力」ってのを追加で図書館予約。しかし、この熱はどこに向けるべきなのか。建てるのか。いやいや。お気に入りの物件を見つけて、数年単位で見守る感じがふさわしそう。あるかな、そんな小屋。

 

2、こないだスーパーですれ違ったおばあさん。深刻な顔をして、ケータイ電話で話していました。憮然とした表情で、怒っているというよりも、ふてくされている感じ。「どうせさあ」といっている。「あのひとは相撲のことしか話さないじゃん」なんだなんだ。「だから行かないよ」ふむ。おばあさんを怒らせるほどの相撲好きってどんなのか興味がわきました。もしかしたら旦那さんなのかな。

2、きのうの昼に「今夜は鍋にしよう。白菜とネギがないから買いにいこう」と話していたら、ピンポン。玄関から。ご近所さんから野菜のおすそわけ。ウソみたいなタイミングで、白菜とネギその他をいただいたのです。シンクロなんちゃらだ。いや、ちょっと違うか。なにはともあれ、おかげさまで買い物を一回サボることができました。ありがとうございます。しかもネギが、すばらしくおいしかった。こういう偶然って、小さくても、とてもうれしい。これを狙ってできる運の持ち主がいたら、何をやっても大成功するんじゃないだろか。

Posted by tekigi1969 at 2008年02月17日 14:47
トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://tekigi.hiho.jp/cgi/mt/mt-tb.cgi/1533

コメント
コメントしてください




保存しますか?