2008年04月09日

●ベジ

1、原稿まるけの生活をしていると
  だんだんアタマがぼやーんとなってくる。
  これはアカンと
  気分転換に、奥さんの買い物についていきました。

2、てくてくスーパーまで歩く。アタマはぼー。
  目に付く看板の文字を読み上げたり、
  犬をみて「犬だ」といったり。
  思いつくこと、ぜんぶダダ漏れで、てくてく。
  花屋さんにパセリの苗が並んでいて、
  「キッチン・ベジ」と札がある。

3、「キッチンベジ。ベジって何の略だろう」
  分かってるのに、なんでかクチに出してしまった。
  奥さんも面倒になったのか、
  答えがちょうテキトーでした。

4、「キム・ベイジンガー」
  「ふうん」
  「うん」

5、「女優さんだよね。顔浮かばないけど」
  「だったような気がする、わたしも浮かばないけど」
  「その彼女がハリウッドでなく、キッチンにいるんだ」
  「そう、いるの」

6、「あれ着てるんだね」
  「どれ?」
  「ほら、衣文架けじゃなくって」
  「前掛け」
  「そうそう。甲冑着でなくって」
  「割烹着」
  「そう。着てるんだ」
  「着てるかもね。キッチンだし」

7、「エモンカケって衣文架けと書くけどさ」
  「うん」
  「アタマのなかでは、衛門架けにならない?」
  「ならない」

8、まあ、そんな感じで野菜と米と赤玉土を買って
  家に帰り着きました。
  少しリフレッシュできたような気がします。

9、いま念のためにネットでみてみたら、
  キムの苗字は
  ベイジンガーでなく、ベイシンガーなんですね。
  これじゃあ、ベシじゃん。

Posted by tekigi1969 at 2008年04月09日 21:28
トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://tekigi.hiho.jp/cgi/mt/mt-tb.cgi/1576

コメント
コメントしてください




保存しますか?