2008年04月28日

●九州取材その1

1、週末は九州取材でした。

2、25日は朝6時に家をでて、熊本空港10時30分着。今回はスポーツ選手のご両親に話を聞く旅なのでした。そのままタクシーで取材先のMさん宅へ。運転手さん、なんでか関西弁。以前の勤務先は神奈川県の平塚だったとかで標準語もイケて、熊本弁ももちろんイケるクチ。「バイリンガルですね」とか話していたら、ボランティアで熊本観光案内もしているのだとか。「レンコンは、細川藩の家紋に似ているので、この地域では長い間献上品だった。それが庶民に広がって、辛子レンコンが生まれた」とか、けっこうな名調子で、いろんなことを教わりました。取材も順調で、とても楽しい時間になりました。終わってから、建設中のフットサル場を見学して、熊本駅前へ。意外にもなにもない。再開発中なのかな。ホテルにチェックインして、熊本ラーメン、熊本城。こっちは繁華街でにぎやかでした。城下町だったのだなあ、と思いながら、天守閣、できたばかりの本丸御殿。閉館ギリギリだったんだけど、通りかかった警備員さんが「この建物は50億円で復元したんだけど、この昭君之間だけで3億(金額はうろ覚え)かかった」とものすごく自慢げ。ははあ、と土下座はしなかったけど、そのくらい、びっくりしました。

3、夜は念願の馬刺しを食べに青柳というお店へ。うめえ。ちっともケモノっぽくないのは、シンセンだからかな。「おもしろいのがあるんですよ」と板前さんにいわれて「ぜひ」とでてきたのが、シャクの素揚げ。干潟にいるヤドカリの仲間。こういうものらしいです。(→こちら)このときは、そんなこと知る由もないので、ただうまかった。横須賀もサカナはうまいけど、干潟はない。きい、悔しい。でもうめえ。有明海ばんざい。辛子レンコンは「うちのは自家製で辛さ控えめです」といわれたけど、十分辛いよ、仲居さん。帰りは路面電車で戻りました。寝て起きたら、旗の波。テレビで、長野駅前。そうか。そうでしたね。

(たぶん続きます)

Posted by tekigi1969 at 2008年04月28日 17:08
トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://tekigi.hiho.jp/cgi/mt/mt-tb.cgi/1589

コメント
コメントしてください




保存しますか?