2008年04月30日

●リンリン、さよなら

1、上野動物園のリンリンが死んだそうです。
  「リンリン、さよなら 37年目、東京・上野からパンダ消える」(毎日の記事)

2、去年、上野で長年パンダ飼育員を務めてこられた
  佐川義明さんにいろんな話を聞く機会がありました。
  もう一度改めてリンリンを見に行きたいと思っていたので、
  かなわなくなって、残念です。

3、上記記事中で、佐川さんは、
  「おとなしいけど人懐っこく、子どもたちに人気があった。
   年齢とともに気弱になり、元気がなくなっていった」
  とリンリンのことをコメント。

4、「パンダってこういう動物」という表現を
  佐川さんはあまりつかいません。
  「わたしが知っているパンダにはこういう共通点があった」
  「リンリンはこういう風でしたねえ」
  ニコニコと、のんびりした調子で、話すんです。

5、パンダにも個体差があって
  その違いに、ものすごく魅力がある。
  そうおっしゃっていました。
  ぼくは、その言葉に
  「パンダだから、こういう性格だ」
  と決め付けないプロっぽさと優しさを感じたのでした。

6、そんなわけで、
  ぼくが構成を手伝わせてもらった
  佐川さんの本「上野の山はパンダ日和」には、
  上野動物園にきたすべてのパンダ9頭の個性について、
  佐川さんからみた印象が掲載されています。

7、上野のパンダ舎がどうなるかは
  いろんな複雑な問題があるだろうけど、
  いつの日にか、また赤ちゃんパンダが誕生して
  みんなが集まるような、そんな日が来るといいなと思います。

 

Posted by tekigi1969 at 2008年04月30日 21:41
トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://tekigi.hiho.jp/cgi/mt/mt-tb.cgi/1591

コメント
コメントしてください




保存しますか?