2008年07月14日

●つかえない実を収穫する

1、イマイチやる気が起きないのは、暑さのせいだろうか。それとも、ちっとも勝てないドラゴンズの影響なのか。はたまた、イザとなると急にカタくなる琴欧州の呪いか。いや、まあ、自分が悪いのだなあ。ぼやぼや原稿書いたり、病院いくのもサボったりしております。脱臼した肩は、だいぶ良くなりました。でももうちょい湿布が欲しいかな。まあ、明日にしよう。そうしよう。

2、てなわけで、トケイソウの実を収穫してみました。おいしそうなんだけど、食べられません。漬けても、果実酒にならない。時計干なんてモノもない。たくさんあっても役立たない。でもおいしそう。

 s-175-7512_IMG.jpg

3、よーくみると、実のお尻のあたりに、トケイソウの針(短針・長針・秒針に見える部分)の痕跡を発見。けっこう、かわいい。

 s-175-7516_IMG.jpg
 ↑びりょん、と出てるだらしないヒモのひとが、
 ↓この花びらの時計針部分に相当するようです。

 s-173-7375_IMG.jpg

4、そういえば、以前BLOGでチラと書いたビーツという野菜。(→こちらの記事の後半部分)おすそわけしたご近所Oちゃんが、真っ赤な断面写真をアップしてくれました。(→こちら)リンク先を見てもらえば分かるとおり、芋みたいな外見とはちがって、なかは真っ赤なのです。こういう色を「マゼンタ」っていうんですね。この記事で初めて知りました。色彩用語知ってるってカッコいい。「ブラウン」といわれて「茶色のこと?」と聞き返すくらいの色彩オンチなぼくとしては、こういうさりげない表現に憧れを抱いちゃいます。

5、さあて、少し涼しくなったし。もうちょい仕事します。

Posted by tekigi1969 at 2008年07月14日 15:08
トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://tekigi.hiho.jp/cgi/mt/mt-tb.cgi/1648

コメント
コメントしてください




保存しますか?