2008年08月08日

●学研シンセSX-150はけっこう弾けます

1、シンセサイザー・クロニクルのふろくシンセSX-150。
 「演奏するのはムリ」なんてな声もチラチラあるけど、
  んなこたあない。ちゃんと、弾けるんです。
  誌面で木枠改造をしてくださった
  千石空房・Kさんのジュピター演奏が
  ニコニコ動画にアップされてました。

 

2、でもこれはけっこうテクがいる。
  もう少しカンタンに曲を弾くには、
  「リボンコントローラ」をつくっちゃう手があります。

 

3、↑のyoutube動画は、
  誌面にも登場するmasa921さんのサイト
  「SynthesizerDIY」にも出ていますよ。
  これなら鍵盤感覚で、指で弾けちゃいます。

4、「これじゃあ狭い」という方には、
  もっとダイタンに、
  でっかいリボンコントローラをつくる手もあります。
  Chuckさんの「電音の工場ブログ」のこの記事(→こちら)に
  詳しいつくり方が出ていました。

5、このへんの改造は
  電子機器の知識もほとんどいらないので
  その気になれば、あっという間にできちゃうはず。
  よかったら、ぜひお試しください。
  ぼくも改造ページの記事作成手伝ったいきおいで、
  なんかアレコレ試したい気分になっております。

 

Posted by tekigi1969 at 2008年08月08日 19:20
トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://tekigi.hiho.jp/cgi/mt/mt-tb.cgi/1664

コメント
コメントしてください




保存しますか?