2008年10月17日

●ああ、こうやってひとは深みへ

1、仕事を済ませ、あれこれ必要な連絡をとり、
  明日の取材の準備を終えたら、午後4時でした。

2、「行こう」
  そう決めて、5分後には外にいた。
  さらに10分経ったときには、海に向かって竿を出してました。
  すばらしい。

3、初めてのルアー。初めての単独釣り。
  メバル・アジ仕様だから、
  ”メバリング”とか”アジング”なんていうみたい。

4、でも、なんだかおかしい。
  オモリ(ジグヘッドとかいう)が軽いから
  上手く投げられない。
  遠投する必要はないとはいえ、どうにもサマにならない。

5、なんどかやって、ハタと気づいた。
  ぼくのつかっている竿は、ちょい投げ用の安いヤツ。
  軽い仕掛けには向いていないのだ。
  だから、メバリング用ロッド、なんてモノがあるのか。
  そうか、そういうことなんだ。

6、でも、道具のせいにするのはシャクなので
  エンヤコラと独学で、
  こんなもんかいな、と自分流の投げ方を開発しました。

7、1時間ほど海にいて、釣果はなんにもナシ。外道も見ず。
  アタリらしきものは感じたけど、
  底にひっかかっただけなのか、
  魚はいたけどうまくかからなかったのか、
  波の流れを勘違いしただけだったのかは
  分からず仕舞い。

8、暗くなってきた頃に根がかり。
  ラインが切れちゃったのをシオに、帰ってきました。
  サカナのいない釣り紀行はまだ続きそうです。

9、専用の竿買ったら、いけるのかなあ。
  いや、まだ買わないと思うけど。
  とりあえずは手持ちのアレコレでいけるとこまでいく所存。
  明日は新幹線で名古屋です。釣りでなく仕事。

 

Posted by tekigi1969 at 2008年10月17日 18:03
トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://tekigi.hiho.jp/cgi/mt/mt-tb.cgi/1703

コメント
コメントしてください




保存しますか?