2008年11月16日

●泣ける写真(ちょう個人的に)

1、写真は、昨日一枚だけ撮ったものです。

 s-179-7988_IMG.jpg

2、ぼくの日常行動RPGには
  「カメラを構える」というコマンドが存在しないので、
  路上で写真を撮ることは、ほとんどない。思いつかないから。
  でも、これは「おおおっ」とパチリといった一枚なのです。

3、昨日は母校(愛知県にある滝学園という学校)で
  土曜講座、というのをやってきました。ここに来るのは二年ぶり。
  聴きにきてくれた生徒さんたちは、
  みなぼくがここを卒業してから生まれたらしい。
  当たり前なんだけど、「ホンマかいな」とか思っちゃいます。

4、終わってから、ふと思いついて、
  以前の通学路をみにいった。
  ぼくらが「裏門」と呼んでいたほうへテクテク歩く。

5、この学校にはずっと以前、農業科というのがあって
  裏門のそばに、その名残の牛舎だか鶏舎の建物が残っていた。
  二階部分が美術部、1階が演劇部他になっていて、よくたむろっていた。
  そこを抜けて、門を出ると、狭い路地で、
  田んぼというか、畑みたいなのがあって、用水路が流れていた。
  でも、跡形もなし。きれいな門を出ると、いきなり片側2車線の幹線道路。

6、かなりびっくりしながら、記憶をたよりにテクテク歩く。
  そしたら、用水路が出てきた。
  どうやら旧美術部のエリアがなくなって、道路になったらしい。
  でも、この流れは、中学の時に、誰かが何のつもりか
  大量のネギを流して怒られた、あの用水路だ。(あれはなんだったんだろう)
  おおお。左側にグラウンド。サッカー部が練習してたところだ。

7、「うん、たぶん、そうだよなあ」
  心細い感じで進んでいて、狭い車道がぬっとあらわれて、立ち止まった。
  近くに幹線道路があるから、クルマはちょっとしかいない。
  それなのに、反射的に止まったのは、
  20数年前はここをビュンビュン、クルマが走っていたからです。
  「わっ、ここだ!」とようやく確信できた。間違いなくここをぼくは通っていた。

8、というわけで、
  冒頭の一枚を興奮気味にパチリ。ぼくにとっては、
  13歳から18歳まで毎日歩いていた場所です。
  21年ぶりに確認。
  ものすごくグッとくる光景なのですよ。とくに左上の(営業してない)店舗兼住宅が。

9、単なる、何の変哲もない、そこらの路地なんですけどね。
  でも、やっぱり泣けるなあ。
  青くさい確信とか、生意気な魂胆とか、あれこれ抱えて
  自転車をひく同級生のKeiくんとかと
  なにやら話しながら、歩いていたんですよ、ここを、ずっと。飽きもせず。

10、それにしても、まさか、おっさんになって、
  この小さな交差点に泣きそうになるとは、
  17歳の時は想像もしなかったな。

Posted by tekigi1969 at 2008年11月16日 18:30
トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://tekigi.hiho.jp/cgi/mt/mt-tb.cgi/1717

コメント

「泣ける」オッサンは最高です。

・・・て、生意気ですね。すいません。。

生意気な自分に泣けてきます。

Posted by Anonymous at 2008年11月17日 01:28

たしかに…。
想像しなかったね。うん。

Posted by kei at 2008年11月18日 00:43

>?さん
 コメントありがとうございます。
 生意気だなんてとんでもない。
 30こえると、少しずつ
 涙腺と駄洒落のタガがはずれるみたいですよ。
 きっと誰でもそうじゃないのかなあ。

>keiくん
 まったくねえ。
 でも、まあ
 そんな想像する10代はおらんのか。

Posted by ふるた(適宜更新) at 2008年11月19日 13:05

なるほど。そうなんですか。
では、タガがはずれきってしまう前に
いっぱいダジャレとこうと思います(笑)
そうすれば、最高なオバハンになれるかなあ。なんて。

名無しコメントで失礼いたしました。
これからも時々おじゃまさせてください。
ありがとうございました。

Posted by 涙腺30 at 2008年11月19日 23:25

>涙腺30さん
 すごい名前での再登場、
 ありがとうございます。
 タガとは関係なしに
 がんがんいうと、年齢を調節できるかもしれませんね。
 また、ぜひのぞきにきてください。 

Posted by ふるた(適宜更新) at 2008年11月21日 10:52
コメントしてください




保存しますか?