2008年12月17日

●竜王戦をチラ見しながら原稿書き

1、きょうも原稿書きなど。
  「『アホウドリの糞でできた国』のイメージで書いて欲しい」
  といわれている某単行本と
  「『瀬川晶司はなぜプロ棋士になれたのか』の感じで」
  といわれている某単行本を交互に。
  そしたら、ワケがわからなくなってきた。

2、あらためて、以前書いた原稿をみると
  「どうして、こんなふうに書けただろう」と自分でわからない。思い出せない。
  これは、やっぱアレだな。
  ハチワンなんとかみたいに、
  文章書きながら、ダイブしちゃってるのかもしれない。

   

3、でもぼくのは、きっと、あんなに深くはない。
  たぶん洗面器に1分ダイブ、とかそんなのだ。
  てか、あらゆる仕事って、勉強とかでも、
  ちょう集中しているときって
  けっこうああいうふうになっているんだと思う。

4、とかいいつつ、きょうはだいぶヨソ見気味。
  今期竜王戦の大一番・第七局が始まったのです。
  ネット中継、BS生放送、BLOGなどなど、
  チェックしてます。
  こいつだけは見逃せないのだっ。

5、観戦にいった第5局後の打ち上げで
  「第4局は、ネット中継をみて、最後泣いちゃいましたよ」
  と某竜王にいったところ
  「それはやりすぎでしょう」
  ニコニコいわれました。
  こういう物言いがスカッとしてて、イヤミにならないのが、
  このひとの魅力なのだなあと思った次第です。

6、どっちもがんばれ。
  泣かせてくれ。
  ぼくもがんばる。できるだけ。

Posted by tekigi1969 at 2008年12月17日 18:36
トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://tekigi.hiho.jp/cgi/mt/mt-tb.cgi/1733

コメント
コメントしてください




保存しますか?