2009年04月01日

●「ポールセンの針金録音機」発売

1、大人の科学マガジンvol23「ポールセンの針金録音機」発売されましたっ。
  学研さんの紹介ページは→こちら

2、うちにも届きました。
  「大人の科学」の仕事をすると
  ふろくをもらえるのが、みょうにうれしい。
  プレゼントっぽい大きさの箱で届くから、
  得した気分をかきたてられる。

 s-181-8153_IMG.jpg

3、今回のふろくは、録音・再生のできる磁気記録機。
  付属の針金だけじゃなく、
  自宅にあるハサミとかにも録音できちゃいます。
  よかったら家のあちこちに録音をして、遊んでみてください。
  けっこういろんなところに録音できるはずです。

4、あれこれ試してみると、
  磁石がくっつくのに、録音が上手くできない場所とか
  鉄を含んでいるはずなのに、磁石がつかないモノとか
  が出てくるはずです。

5、ぜひ試してほしいのは、キッチンのシンク。
  シンクのステンレスは
  たいてい磁石がつかないはずです。だから録音もできない。
  でも、
  ある部分だけ録音できたりするのです。

6、「なんで?」
  と思ったら、誌面を開いてください。解説やヒントが載ってます。
  その磁気記録解説ページのうち
  4ページほどの文章を書きました。
  同世代にはきっと懐かしい、
  荒馬宗介(アラマソウカイ)復刻マンガもきっと役立ちますよ。
  なんでHDDが衝撃に弱いのかも分かるはず。

7、時間ができたら、ぼくもつくろうっ。

 
 ↑
 amazonはこちら。
 まだ写真がないみたいだけど、
 在庫はちゃんとあるようです。

8、ちなみに、次号はちょっとびっくりなモノがふろくになるらしいです。
  大人の科学マガジン初のデジタルふろくはなんと→これ!
  仕事ではないんだけど、
  こ、これは欲しいっ。もぐらたたきプログラムしたいっ。

Posted by tekigi1969 at 2009年04月01日 17:35
トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://tekigi.hiho.jp/cgi/mt/mt-tb.cgi/1778

コメント
コメントしてください




保存しますか?