2009年04月03日

●山野草、野球、真空管、苺、共産党

1、晴れて、仕事がない。なんて素晴らしい一日。
  庭に、テンナンショウが出てたなんしょ。
  会津若松の方言ではなくって、
  山野草なのです。天南星と書くらしい。

 s-181-8163_IMG.jpg

2、去年、
  中日対横浜のデーゲームを観にいった帰りに
  横浜スタジアム前のテントで奥さんが見つけた。
  やる気のなさそうな、だらっとした感じと
  それでいて、けっこう個性的なシマシマ茎が気に入ってます。
  冬のあいだも、ちゃんと地下で生きていたようでよかった。

3、プロ野球といえば、きょうはいよいよ開幕です。
  今年はあんまりいい話のないドラゴンズですが、
  オープン戦で
  ついに打撃開眼した(というウワサの)藤井淳志外野手と
  若手投手の奮闘を期待してます。
  「川上、ウッズ、中村抜きで全然だいじょうぶじゃん!」
  と思いたいっ。

4、てなわけで、
  今年もラジオでがんがんプロ野球中継を聞くため
  ヒマにまかせて真空管ラジオのキットをつくってみました。
 (ホントは次にやる仕事の予習をするため)

 s-181-8167_IMG.jpg

5、大人の科学製品版の真空管ラジオver2ってやつ。
  アンテナのデカさもあるんだけど、
  やっぱり真空管の存在感だなあ。
  スイッチをいれたら
  「堪え難きを堪え」とか聴こえてきそうな感じでした。

6、もちろん、そんなワケはなかった。
  でも、
  最初に偶然受信した番組では
  「日本共産党の今後は」とか話してました。
  なんだか、それはそれで、みょうにシックリきましたよ。

7、ついでに、庭のイチゴの写真も。

 s-181-8165_IMG.jpg

8、なんでか
  女峰(にょほう)ばかりに実がついて、
  豊香(とよのか)は咲いても大きく太らない。
  (写真は女峰)
  我が家はにょほー向きのアレなのだろか。

9、ラジオにせよ、イチゴにせよ、山野草にせよ
  自分でつくれる(育てられる)となると
  とたんに距離感が変わってくる気がします。
  「どういう風になってるのか」が分かると、すごく近く感じる。
  こういうのが、
  共産党のひとのいう、疎外うんぬん、なのかしらん。

 
 ■学研 真空管ラジオVer.2 大人の科学シリーズ良質な真空管を3本使った往年の実験ラジオ...
 ↑
 楽天の商品リンクです。

Posted by tekigi1969 at 2009年04月03日 16:36
トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://tekigi.hiho.jp/cgi/mt/mt-tb.cgi/1779

コメント
コメントしてください




保存しますか?