2009年05月02日

●ベーグル、カラダ、次の粉、召喚魔法

1、庭のレタスはうまいけど、
  これはあくまで「はさまれるモノ」であって
  どうせなら「はさむモノ」もうまいほうがいい。

2、てなわけで
  ひさしぶりにベーグルを焼きました。
  去年もたぶん1度しかつくらなかったんだけど、
  分量さえ確認できれば、作業はぜんぜん大丈夫。
  カラダは正直だな、へっへっへ、てか、手が覚えてるみたい。

 s-182-8235_IMG.jpg

3、つかったのは
  友だちにもらった「春よ恋」という小麦粉と南部小麦の全粒粉。
  国産だからなのか、品質がいいからなのかは知らないけど、
  ともかくおいしかったです。
  ベーグルはバターもタマゴも牛乳さえもつかわないから、
  おいしい粉をもらったときは、これがいちばんよく分かる。

 
 [チャック袋]国産パン用粉 春よ恋100(道春) 1kg_

4、でも「プレーンなのがおいしい」とか言ってると、
  北海道で乳牛を育てているともだち某Ⅰくんが悲しむかもしれない。
  ユダヤ教徒でもないんだし
  (ベーグルはもともとユダヤ教の戒律遵守のためのレシピ)
  ここはたっぷりバターを塗って、
  チーズもはさんで食おうと思います。もちろんレタスも。

5、あ、そうだ。パンでやってみたいことがあったのだ。
  2つあるのを思い出した。
  1つは、キタノカオリを試してみたい。
  北海道でこれをつかったベーグル食べたら、すげえうまかったのです。

 
 北海道産小麦粉「キタノカオリ100%」1kg

6、もう1つは、
  ドライイーストも、レーズンとかの自家製酵母もつかわずに
  水と小麦粉だけで、発酵させるというパンに挑戦すること。
  以前そのやり方を書いた本を読んで
 「初夏になったら、やってみよう」と思っていたのです。
  忘れてた。今年はぜひ挑戦しよう。

 
 ↑
 この本です。

7、イーストやら酵母ってのは、
  ようするに、召喚魔法みたいなものらしい。
  パンなら、パンを膨らませるのに向いている菌がいて、
  味噌なら味噌、日本酒ならどぶろくを発酵させるのに
  それぞれ相応しい菌が空気中にふつうにいる。
  小麦粉と水だけで、
  目的のそいつを呼び寄せられれば、気分はかなり諸葛亮。
  孔明みたいで、FFでもいいけど、楽しいんじゃないかしらん。

Posted by tekigi1969 at 2009年05月02日 17:15
トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://tekigi.hiho.jp/cgi/mt/mt-tb.cgi/1797

コメント
コメントしてください




保存しますか?