2009年05月13日

●キュウリ、高尾山、漢字、メビウス

1、ここ数日の気温急上昇で
  キュウリの花が開花しました。
  本来ならば7月くらいのはず。
  まだ5月中旬なのに、育つのだろうか。

 s-182-8261_IMG.jpg

2、先日新著「秘境添乗員」を出したばかりの金子貴一さんが
  (参考→本の紹介記事「金子貴一「秘境添乗員」はおもしろい!」)
  今月末に結婚式を挙げるそうです。おめでとうございます。
  ぼくは知人と一緒に二次会にいくつもりなのだけど、これが金子さんらしくてすごい!
  場所はなんと高尾山!(夏にビアガーデンやってるところ)
  そこでアイヌ音楽、アイリッシュハープ、クルド人グループによる音楽と踊りが
  繰り広げられるのです。ものすごく楽しみ。(注 貸切ではなくなったようです)
  金子さんをご存知な方だけでなく、初めての読者さんでも参加OKみたい。
  ご夫妻を祝福したいというかたは、こちらの→金子さん公式BLOGからどうぞ。

3、TRC(図書館流通センター)のBLOGがおもしろい。
  「TRCデータ部ログ」。こっそり愛読してます。
  こないだは、こんな本が紹介されていました。
  「漢字で書く「欧米男子の名前・550例」」
  「漢字で書く「欧米女子の名前・550例」」の二冊。

 

4、英語の名前を漢字表記に直すときの
  「良い例」「悪い例」を、具体的に解説している本のようです。
  漢字の持つ意味がイチイチ書かれているみたい。
  Adamを「阿陀夢」にするのはいいけど「仇無」はマズイぞ、とか。
  どのくらい需要あるのかわかんないけど、おもしろいなあと思いました。
  遊びで買うにはちょっと高いか。でも欲しい。

5、もちろん意味以前に
  きっと画数だとか、見た目の印象の良し悪しも重要なはず。
  英語圏のひとからみて、漢字ってのは
  「クールでエキゾチック」だったりするらしいけど、
  ぼくには、そういう視線でみたイメージはちょっと想像しづらい。
  古田靖、という字は、はたしてどうなんだろうか。

6、これで思い出したんだけど、
  先日来日したフランスの天才マンガ家ジャン・ジロー=メビウスさんが
  京都で着ていたTシャツがちょうカッコよかった。
  竹熊健太郎さんのBLOG「たけくまメモ」に
  写真がありますよ→こちらの記事です。

7、「もえびうす」ってタテに書いてある。
  メビウスは萌えをしっているのだろうか。
  どっちもありうる。どっちでもカッコいい。

Posted by tekigi1969 at 2009年05月13日 18:24
トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://tekigi.hiho.jp/cgi/mt/mt-tb.cgi/1806

コメント
コメントしてください




保存しますか?