2009年05月15日

●40代、はじめました

朝起きたら、40歳になっていました。

恥ずかしながら
今回がはじめての40なのです。
これまでは一度もなったことがなかった。
もしかしたらチャンスは何度かあったのかもしれないけど、
まったく気づかず、40年かかっちゃいました。

将棋でいえば
一手詰めの玉を、数十手かかって詰ませたような
麻雀でいえば
両面待ちピンフに変化するまで回してたら、ツモのみであがったような
ハクサイでいえば
冬に育つタイミングを逸して、春に花が咲いてしまったけど、
わき芽を摘んで食うと、けっこうウマイよ、というような
そんな不惑。むしろ、ふわく。

ネットで調べてみたところ、
チェ・ゲバラ、幸徳秋水、ナンシー関、高橋和巳さんは
ぼくにとってはすでに若造の部類になった。
彼らはみな39歳で亡くなっている。
40歳の朝の景色を知らない。ぼくは知っている。いま見ている。

なんだか保健室で眠っていたら
知らないうちに学級委員になっていたような気分。
キンドーさんになっちゃったともいえるし、
バカボンのパパまであと1年ともいえる。

とかなんとか考えてもラチがあかない。
ひとまず
やるべきことの第一歩として
缶・ビン・ペットボトルゴミの収集日であることを確認のうえ
朝5時半に、指定場所に出してきました。

季節限定メニューの
冷やし中華みたいな気分で
しばらく掲げてみます「40代」の看板。たぶん10年くらいはやるでしょう。

適宜、宜しくお願いいたします。

Posted by tekigi1969 at 2009年05月15日 07:48
コメント

ふわー、10年もやるんですか。
根気ありますねえ。
なにはともあれ、節目節目、
おめでとうございます。

不惑だろうと、
例の「フルタ家の誕生日の儀式」は
やったんでしょうね?

Posted by ばひょ at 2009年05月15日 10:14

誕生日おめでとう。

昔はキンドーさんって凄いおじさんに思えたけど、今になってみればちょっと気の若いおじさんって感じだね。

Posted by さまん at 2009年05月15日 10:30

>ばひょっち
 ありがとうっ。
 例の誕生日儀式は
 今年はやってないよ。いやホントに。

>さまんくん
 ありがとう!
 キンドーさんはおじさんかおばさんかすら怪しい存在だったけど
 まさか同い年になるとはねえ。
 40歳なんて
 想像上の年齢だと思ってたのに。

Posted by ふるた(適宜更新) at 2009年05月16日 11:04

40歳の件、拝読しました。
今回、FEED METERはどのようなものかを調べていたらつながりました。

ナンシー関さんは青森だったようです。
(JICC出版社/宝島社)

高橋和巳氏に関しては『邪宗門』も読んだことあります。

39歳で無理をして小説を書くことしか考えなくなってしまった高橋和巳氏のことは自分は<小説の大リーグボール3号>のように感じてしまいます。

小松左京氏は確か高橋和巳氏の友人だったと思いますが。

Posted by kimyu at 2009年05月16日 18:21

遅ればせながら、おめでとうございます。不惑ですか。ちょとびっくりしました。
40代男性は全員胃をこわしているものだと昔は思っていました。なんでだろう。


Posted by atrie at 2009年05月16日 21:35

遅ればせながらおめっとございます☆
たしかに季節がら、冷やし中華ですね、おでんではない。

。。とかいいながら自分にもヒタヒタと足音が聞こえて聞きます。ヒタヒタ。
40代どんな世界だろう、すぐ追っかけます!

Posted by sago at 2009年05月18日 12:31

>kimyuさん
  FEED METER経由だったのですね。
 ぼくも右下に貼ってはいるのですが
 イマイチ機能など、よく分かっていません。

>atrieっち
 ありがとうっ。
 40だけど、ちっとも不惑じゃないよ。
 だからびっくりしなくていいです。
 胃うんぬんは、なんだろう。夏目漱石のイメージかしらん。

>sagoっち
 ありがとうございまっす。
 おでんでもいいけど、やっぱり「はじめました」は冷やしでいきたい。
 40代、すぐだよ。うん、すぐ。すぐ。
 さきに探検して待ってます。

Posted by ふるた(適宜更新) at 2009年05月18日 18:57