2009年08月10日

●ヨルダンのハルヴァも食べてみました

1、ハルヴァという食べ物を
  最初に知ったのは、この本です。

 

2、チェコで子ども時代に食べた”トルコ蜜飴”
  として登場します。
  すんげえうまそうな書き方だったので、
  「いつか食ってやろう」と思ったのでした。
  詳しくは→こちらの過去記事参照。

3、そしたら今年の3月にトルコにいった
  友だちのYちゃんが「あったよ」とお土産にくれたのです。
  それが↓これ。
 s-181-8105_IMG.jpg
  詳しくは→そのときの過去記事参照。
  ナッツたっぷりで、なかなかおいしかったです。

4、どうやらハルヴァはアラブ人が
  世界各地に広めた経緯があるらしく、
  インドにもモロッコにもポーランドにも
  だいたい同じような名前の、似た食べ物があるらしい。
  ということは、米原さんが
  「この世にこんなものがあるのか」と書いたハルヴァは
  もしかしたら、違うハルヴァかもしれない。ぬぬぬ。
  参考→wikipediaのハルヴァ

5、ちなみに
  お茶やお茶菓子を扱っておられる
 「天空茶想」のCoGさんが、
  コメント欄で、このときのハルヴァは
  ロクムで有名なお店ハジベキルの量り売りだと
  教えてくださいました。
 (こちらでは、限定販売でハルヴァをネット通販なさっています)

6、イギリス在住のだまかなさんは
  ぼくの記事を読んで興味を持ってくださったらしく。
  近所のスーパーでギリシャ産のハルヴァを購入。
  すごくゴマかったそうです。
  だまかなさんのハルヴァ記事→こちら

7、てなわけで、
  中東、ヨーロッパ、アジア近辺にいく知人に
  「ハルヴァってのがあったら買ってきて」と声をかけまくっていたら
  今度はヨルダンのをもらったのでした。
  将棋記者Sさん、ありがとう。

8、それがこれ。ハルヴァ@ヨルダンの首都アンマン。

 halva.jpg

9、粗く砕いたナッツ類を飴で固めた感じ。
  乾いたムース状だったトルコのとはぜんぜん違う。
  これもこれでとてもおいしかったです。
  でも、やっぱし「この世に~」とは違う気がする。
  ポーランドのがおいしいというウワサもあるし、
  もっと、あちこちのを食べてみたくなりました。
  ハルヴァをめぐる、旅行好きな友だちのご好意頼りの旅は、
  まだきっと続きます。たぶん。

Posted by tekigi1969 at 17:40 | Comments [1] | Trackbacks [0]

2009年08月08日

●今年の夏野菜

1、長雨で野菜が高いらしいけど、
  うちの庭野菜は、なかなか順調。
 (7月に一気に育って枯れちゃったキュウリはのぞく)

2、今年いちばんうまいのは、シシトウ。
  2,3日に一度くらい収穫して
  焼いて食ってます。ビールにちょうあう。

 sisito.jpg

3、今年は
  シソとバジルを大量に植えたので、
  何にでもシソいれてます。
  そうめん、豆腐、炒め物などなど。
  バジルは定期的にソースにして冷凍保存。

4、ゴーヤも順調。
  バンバン実がつくので、小ぶりでも気にせず毎日食ってます。
  去年植えたのの種が勝手に発芽したのです。
  こういうのを沖縄では”ウチムイ”とかいうらしい。

 goya.jpg

5、トマトは、ミニではなく、
  もらいもののイタリアントマト苗なので、
  もうちょい大きくならないといけないはず。
  ソースにするとうまいんだと思う。

 tomato.jpg

6、あとはエダマメ(黒豆)が
  うまくいけばカンペキ。
  夏の盛りに食いたいなあと早めにまいた分は
  やっぱり量、味ともにイマイチでした。
  おいしいのが採れるのは、たぶん月末か9月かな。

 mame.jpg

Posted by tekigi1969 at 10:02 | Comments [3] | Trackbacks [0]

2009年08月03日

●小麦粉を直接発酵させるパンその4

小麦粉を直接発酵させるパンその1
小麦粉を直接発酵させるパンその2
小麦粉を直接発酵させるパンその3」の続き

 その3で、
 小麦粉発酵は冷蔵庫に移りました。
 ここから先は3~4日ごとの作業です。

◎八日目。(5月17日)

 冷蔵庫からタッパーを取り出すと、
 確実に小麦粉の塊が大きくなっています。

 pan5.jpg

 比較のために4日前の状態をもう一度掲載。

 pan4.jpg
 ね。大きくなってますよね。

 タッパーを横からのぞくと、
 肉まんの生地みたいな気泡を発見。

 pan6.jpg
「発酵してるんだ」と実感できました。

 この団子をタッパーから取り出します。
 柔らかめのガムのような粘り気のある固まりになっているので、
 スプーンを使いました。
(けっこう重いので、木のスプーンだと折れます。
 てか、1本折りました。金属のモノがいいです)
 はかりに乗せ、計量。

 ここから先は、その3と同じです。
 同じ重さの精白された小麦粉
 と
 その半分の量の水
 を用意。
 これをスプーンでぐるぐる混ぜ、
 ガムのような固まりをくわえて、5分ほどこねる。

 そして、再び4日前と同じように、
 全体をビニール袋で包み、
 冷蔵庫に入れました。

 こうして、また3~4日冷蔵庫に置きます。
 確実に、小麦粉発酵のパンが近づいている感じです。
 ・・・続きは次回!

 
 ↑
 このレシピ記事は、
 けっこう我流にアレンジしてはいますが
 基本的には、こちらの本を参考にしています。
 詳しく正しく知りたい方はぜひこちらで。

Posted by tekigi1969 at 17:51 | Comments [0] | Trackbacks [0]