2009年12月31日

●今年もお世話になりました

2009年も
12月31日午後5時を過ぎました。

旧年中は
更新ペースがちょっと落ちてしまいましたが
新年はもうちょい
頻繁な適宜にしたいと思いますので
宜しくお願いいたします。

みなさま、
どうかお元気で、
なんというか、
よいアレやコレをおむかえ下さい。
 

 

Posted by tekigi1969 at 17:35 | Comments [7] | Trackbacks [0]

2009年12月14日

●新聞広告がでました

1、今月末発売予定の
  ぼくの新著「新企画は宇宙旅行!」の
  新聞広告がでました!

 asahi.jpg

2、掲載されたのは昨日の朝日新聞18面読書欄なんだけど、
  きょうは新聞休刊日だったから、
  まだお手元にある方は良かったらチェックしてみてください。
  テレビ欄ヨコです。

3、コピーの末尾には
  「仕事と夢の幸福な関係!」とあります。
  編集部の誰かが考えてくれた文句だと思うんだけど、
  「なるほど!それだよ!」と、うれしかった。

4、宇宙旅行のこと、旅行業界のこと、
  ビジネス的な視点なども、きちんと書いたつもりだけど、
  たぶん、ぼくがいちばん描きたかったのは、これだったのです。
  個人と社会、個人と仕事、社会と仕事の幸せな関わりかたが
  ここにはあった、と思うのです。
  読んでくださった方に、もし、それが伝わったらうれしいっす。

5、新聞の切り抜きもっていけば、
  本屋さんでの注文予約もカンタンですよ。

6、もちろんネットでも買えます。
  amazon、楽天さんなどなど、予約受付ちゅうです。
  宣伝からみの更新が多くって申し訳ないですが、
  いやもうホント、これでご飯食べてますので、ご容赦ください。
  宜しくお願い致します。

    
  ↑  左がamazon、右が楽天ブックスさんです。
Posted by tekigi1969 at 17:03 | Comments [0] | Trackbacks [0]

2009年12月13日

●ブックカバーと本の手触り

1、ちょっと奮発して文庫用のブックカバーを買ってみました。

 %E3%82%AB%E3%83%B4%E3%82%A1%E3%83%BC.jpg

2、つくったのは、ご近所に住んでる染織家・西川晴恵さん。
  ヘンプ100%で、琉球藍天然発酵染。
  友だちだからってワケじゃなく、これ、以前から興味があったのです。

3、電子書籍はひとつの流れとして確実にある。
  でも、きっと、モノとしての本も残るんだと思う。
  例えば、テレビが普及したあとも、
  ラジオは新しい立ち位置を占めて、独自の娯楽として君臨している。
  モノとしての本にも、新しい可能性があるんじゃないかなあ
  とか、そんなようなことを漠然と思ってて、
  なにかのヒントにならないかな、と、買ってみたのでした。

4、つかってみて感じたのは手触りのおもしろさ。
  しかも本のカバーってのは、
  読んでいるあいだじゅう、ずっと触っている。
  そこに心地のいい布があるってのは、すごく落ち着くし、おもしろい。

5、それで思い出したのは、
  寄藤文平さんが
  「アホウドリの糞でできた国 ナウル共和国物語
  の装丁をしてくださったときのこと。
  
6、あの本の表紙カバーは
  じつは馬糞紙なのです。馬のウンコでできた紙。
  「糞つながりでおもしろいっすね」
  なんてぼくは言っていたんですが、
  あのとき寄藤さんはサンプルを何度も撫でて
  「これ触り心地がいいんですよね」
  と力説なさっていたのでした。

7、装丁デザインってのは見た目のことだと思っていたので
  ぼくはすっかり忘れていたんだけど、
  単行本には、触り心地、重さ、ページのめくり心地といった
  付加価値もあるのでした。ずっと前から。たぶんこれからも。

8、文庫本はその辺がちょっと弱いんだけど、
  手織りのヘンプ布カバーをつけたことで、
  「おお!触り心地って大切じゃん!」と、それを思い出した次第です。
  これが今後のヒントになるかはまだ分かんないけど、
  単純に読書が気持ちよくなることだけは確か。
  最近は、
  本好きなひとに会うたび「これ触って、持って、ページめくってみてよ」と
  話しております。

 book.jpg

9、ちなみに
  このカバーをつくった西川さん、というか、はるちゃんの作品は、
  こちらの「webshop COCOON」で
  見たり、買ったりできるそうです。
  ブックカバーは残念ながら品切れちゅうだけど、
  「只今つくっております」と書いてあるから、
  そのうちきっと並ぶと思いますよ。

 

 ↑
文庫用のブックカバーには収まらないけど、
ぼくの最新刊(左)、予約受付ちゅうの近刊(右)も
もしよかったら、手触り確認してみてくださいね。 

Posted by tekigi1969 at 16:12 | Comments [0] | Trackbacks [0]

2009年12月08日

●「新企画は宇宙旅行!」予約開始

1、きょうアメリカで、
  ヴァージン・ギャラクティック社の
  宇宙船スペースシップ2(SpaceShip2)の実機がついに公開されました。
  ロケットエンジンの開発が順調にいけば、
  来年中にも、誰でもいける(まだ高いけど)宇宙旅行がスタートします。
  →関連記事「ヴァージンの宇宙船、「スペースシップツー」の実機を公開

2、それで、いきなり宣伝で申し訳ないのですが、
  ぼくの次作が、まさにこのあたりのことを書いたものなのです。
  「新企画は宇宙旅行!」というタイトルで、
  いまはamazonほかで予約受付ちゅう。販売は24日ごろの予定です。

 

3、ノンフィクションです。
  大手旅行会社に勤めるひとりの文系人間&営業一筋のサラリーマンが、
  新事業を考える部署に異動となり、
  突然ひねりだした企画が「宇宙旅行」でした。2005年のことです。
  そこから、彼がどうやって「JTBの宇宙旅行」を作り出していったのか。
  それを関係者に取材をして、まとめました。

4、詳しいことはおいおい書いていきますが、
  この本に、宇宙飛行士や学者さんは少ししか登場しません。
  おもに活躍するのはサラリーマン、脱サラおじさん、
  コンサルタント、エンジニアといった人々です。
  彼らが2005年当時、何を考え、していたのかを通じて、
  民間が手がける宇宙旅行とは、NASAやJAXAのものと何が違うのか
  宇宙ベンチャーの強みと弱み
  ニッポン企業のサラリーマンにしかできないこと
  Xプライズとは何だったのか
  旅行の歴史と、旅行会社という仕事の楽しさ
  といったことが、リアルに分かる一冊にしたつもりです。

5、もしちょっとでもご興味をもっていただけましたら
  ぜひ、宜しくお願い致します。
  まだ自分くらいしか読んでいないので、言いますが、
  「ホントにおもしろい本なんじゃないか」と思いますよ。

6、ちなみに楽天ブックスでも予約で買えます。
   ↓
 
 【予約】 新企画は宇宙旅行!

Posted by tekigi1969 at 15:51 | Comments [0] | Trackbacks [0]

2009年12月07日

●1ヶ月おきは、ちょっと「適宜」じゃなかったかなと

1、バタバタしまくりの一年でしたが
  ようやく大きな仕事はひと段落しました。
  順調にいけば年末にも新著が出ます。
  「新企画は宇宙旅行!」というタイトルで、
  ひさしぶりのノンフィクション読みものです。
  きちんと決まったら、またお知らせします。

2、BLOGの更新が滞っていたのは、
  忙しかったせいばかりでもなくって、
  twitterにウツツを抜かしていたせいもあります。

3、最初は2年くらい前にアカウントをつくったんだけど、
  「どこがおもしろいんじゃ」と思って放置してたのです。

4、でも、その後日本人ユーザーが増えたあたりから、
  「ちょっとしたつぶやきに、どこからともかく反応があって、
   ナニカの話題で知らない同士で会話があって、
   またそのまま解散していく」
  という独特のやりとりが楽しいぞよ、と聞いて、
  「こりゃ、使い方が違ってたんだな」と気づいて、
  公開用のアカウントをとってから、
  がぜん、おもしろくなってきました。

5、とはいいつつ、まだまだ試行錯誤。
  「twitterとはこういうモノだ」
  とは言えないことが、どんどん実感できる感じで、
  毎日のように
  「あ、使い方変えようかな」といじったり、
  モトに戻したり、しております。
  なんというか、溺れてみなくちゃワカンナイ情報ツール、という感じ。

6、ウツツはまだ抜かしそうですが、
  BLOGも
  もうちょっとヒンパンな適宜ペースで
  更新していこうと思っております。今日から。

7、ひとまず今夜は
  友だちにもらったマグロを食います。押忍。

(ちなみにエラーが出ていなければ
 左右のどちらかに、最新のtwitter発言が
 表示されているはずです)

 
 ↑
 10月に出たぼくの最新刊!amazonの商品リンクです。

Posted by tekigi1969 at 17:25 | Comments [0] | Trackbacks [0]