2010年11月26日

●「電子書籍を出してみたよ」はこうやって出したよ4

「電子書籍を出してみたよ」はこうやって出したよ3のつづき。

1、電書フリマの会場では、「ライターの古田靖」と名乗るよりも「カナカナ書房のなかのひと」「眼鏡のアイコンのtekigi」といった方が「ああ!」といってもらえるようでした。こっちでぼくを知ってくださった読者さんが、以前出した著作を買ってくださるということも増えてきた。キンドル本も電書も、作業量に見合う売り上げにはまだほど遠かったけれど、それがぼくという書き手の存在を知ってもらうきっかけになっているらしい。

2、だったら、日本語でもっと書こう。そう思っていたところにパブーというサービスがあることを知りました。ここならBLOGを更新する感覚で書けちゃうし、自動的にEPUBとPDFに変換することもできる。それで書いたのが「小麦粉発酵ベーグル指南書」という電子書籍です。最初は完成したら有料にするつもりでしたが、あれこれ考えてやめました。ちょっと前に流行った、フリーなんちゃら、ってヤツを試してみたかったのです。この本がきっかけでカナカナ書房とぼくのことに興味を持ってくれたら、それでOK。儲かったわっしょい、とする。いわば試供品です。ほとんどひとりで作った本だから、失敗したって、誰にも文句はいわれない。この辺を独断で決められるってのも、インディーレーベルのちょう身軽なところだな、と思いました。

 bagelmini.jpg
 ↑表紙は友だちのMさんが描いてくれました

3、ラインナップが増えてきたことで少しずつレーベルっぽさもでてきました。twitter経由で知り合った福岡の映像作家石川亮介さんがPVをつくってくださったのもこの頃です。

 

4、そんなことを続けていたある日、飲み会の席で一度お会いしたことのあるデザイナーOさんからメールが来ました。彼女がときどき仕事をしているwebコンテンツ会社さんが電子書籍の配信をはじめたがっているというのです。仕事になるかは分からないのだけど、紹介してもいいかとのことでした。ぼくに異存のあろうはずがありません。ともかく会いましょうと新橋のルノワールにいきました。

   
 ↑
 紙の本もつくっております。
 いまのところ、仕事としてはこっちが「本業」です。

Posted by tekigi1969 at 2010年11月26日 16:08
トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://tekigi.hiho.jp/cgi/mt/mt-tb.cgi/1873

コメント
コメントしてください




保存しますか?