2011年10月10日

●あたいのからだを通りすぎていったフローたち


1、今年の夏くらいだったと思う。約1週間ほどのあいだこのBLOGが消えていました。レンタルサーバ代金の振り込みを忘れたのです。ギリギリ気づいたので幸い復帰できたけど、危ないところでした。まあパソコンのHDと同じで、いざ消えちゃたら「仕方ないや」とわりとあっさりあきらめた気もするけど、そのくらい「ブログ」というものが縁遠くなってしまっていたのも事実です。

2、この一件で改めて「ブログ」というものの位置づけ・使い方を考えちゃいました。サーバ代払って維持する必要があるのかどうか。一般的な風潮としてはブログは過去のものになりつつある気もします。でも「これからどうなる」的な予測は置いといて、ぼくがどう位置づけてつかうか決めようと思ったのです。

3、いまのぼくはウェブ上に何かを書こうとするときにtwitterやfacebookなんかのSNSをつかいます。かつてはこのブログに書いていたようなモノも、ほとんどあっちに書いている。何しろ手軽。ただSNSには文字数の制限があるので、その「モノ」はかなり限定され、断片になってしまう。考えをまとめる前に、思いつきの断片をつぶやいて済ますことも多い。バラバラな分だけ即座に書けるし、即座に反応もしてもらえるけれど、バラバラな分だけすぐに流れていく。文字通りの「フロー」な感じです。フローなつぶやきをやりとりするようになって、ブログはストックかもしれないと思うようになりました。

4、例えていえば、誰かが書いた数百字くらいエッセイ原稿があって、その中身がまるごとドンと置いてあるのがブログ。twitterのようなSNSは、その内容をポストイットに書きだして、バラバラにして、あちこちに貼り出しているようなイメージ。

5、ポストイットのやりとりはすごく手軽で、楽しい。でも見つけた1枚のポストイットを何かの断片に見立てて、そこから自分なりに考えた全体像をストックしておく場が欲しい。数枚の紙片を組合わせて、独自のものをつくったりもしたい。(たぶん「ライター」「編集」という仕事の本質は、これだと思う)そのための簡易ストック場所を確保するため、このブログを存続させてみることにしました。

6、正直いうと、どうなるかは分かんないです。やっぱり面倒くさいからと放置しちゃう気もする。でもポストイットのやりとりにある程度手馴れてきたいまだからこそ、自分のアタマをつかってそれを編集し、ストックしていく作業をする時間を確保したほうがいいとは、わりと本気で思っています。

7、てか、ケータイ持つことで他人の電話番号を記憶できなくなっちゃったようなマネはあんまりしなくない。アウトソーシングはできるだけ意識的にやりたい。

8、あたいのからだを通りすぎていったフロー情報たちに、知らんぷりなんてさせないわ。目にモノ見せてやらなくちゃなのよ。

9、そんな気分なのです。


Posted by tekigi1969 at 2011年10月10日 15:56
トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://tekigi.hiho.jp/cgi/mt/mt-tb.cgi/1894

コメント

I just want to tell you that I am just all new to blogging and site-building and truly enjoyed you're blog site. More than likely I’m want to bookmark your website . You amazingly come with fabulous stories. Kudos for revealing your website.

Posted by Evangeline Alleshouse at 2013年09月11日 12:13
コメントしてください




保存しますか?