2012年04月29日

●4月28日ヒトハコ時報「横須賀からの手紙」


1、去年に引き続き、友だちのやっている「ヒトハコ時報」に参加させてもらいました。不忍ブックストリート一箱古本市の当日、古書ほうろうさん前の編集室でリアルタイム制作・頒布するというフリーペーパーです。ツイッタアカウントは@Hitohako_jihoh。現地の様子は同時にUSTREAMでも配信されました。ぼくは、およそ1~2時間ごとにやってくる〆切に合わせて「横須賀からの手紙」という連載記事を即興で書いて送る役目。

2、以下、その原稿転載です。(30分くらいで推敲もしないで書いちゃってるので誤字脱字、いいかげんなところなど見つけても何卒ご容赦下さい)

●横須賀からの手紙第1回(12時発行)
去年に引き続き、今年も横須賀・浦賀の自宅から不忍に向けて短文をお届けすることになりました。宜しくお願いします。本を手に入れるには買う、借りるのが一般的だと思いますが、合法的な手段としてもうひとつ「もらう」という方法があります。いまでも強烈に覚えているのは中学1年生のときにもらった本です。それまでたいして口を聞いたことのなかった同級生(男子)に「この本あげるよ」といきなり渡されたのは、カート・ヴォネガット『スローターハウス5』でした。ぼくはその本をすごく気に入ったのですが、妙な具合の疑問が残りました。彼はなぜ、ぼくがそれを気に入ると分かったのか。そして、なぜそれをプレゼントしなくてはいけなかったのか。どうして、よりによってスローターハウスだったのか。何となく想像はつくのだけど、あんまり深入りするべきじゃないたぐいの事のような気がしたのです。高校生になって、別の同級生から「絶対に気に入るから」と自信満々に渡されたのはディック・フランシスの競馬シリーズでした。ミステリーはほとんど読む習慣がなかったのだけど、そこはさすがの名作。グイグイ楽しく読み、そう話しました。そしたら翌日さらに数冊、読み終わると次は10冊どさっ、どさっと持ってきてくれるようになってしまったのです。「そこまで好きなわけじゃない」とは言い出せず、全部読みました。このとき妙な疑問を感じることはなかったのは、たぶんこの同級生がきれいな女の子だったからです。今年はこんな感じで、本についてリアルタイムに書いてみようと思います。いまは4月28日朝9時過ぎ。1時間おきにやってくる〆切に間に合えば、次号でまたお会いしましょう。

●横須賀からの手紙第2回(印刷機トラブルで14時ごろ発行)
横須賀・浦賀の自宅から不忍に向け、1時間おきに書いております。ライター古田靖です。「ヒトハコ時報」を毎号続けて読むひとはあんまりいなさそうだけど、前回の「もらう本」の続きで「あげる本」について書きます。文章書きの仕事をしているにも関わらずぼくはあんまり本を持っていません。読書はそれなりにするのだけど、基本的に気に入った本を何十回もくどいくらいに読み返すタイプだからです。そのなかで「10年ごとに読もう」と決めた本がいくつかあって、ひとにあげるのはたいていその一冊です。10年ぐらいおきに読み返すと、始めて読むのと変わらないくらい新鮮な感じがするのと、感想がまるっきり変わるのがおもしろい。ときには「こんな本に熱を上げておったとは!若造めが」と10年前の自分を見下す楽しみまで味わえます。ちなみに若気の至り本は次の10年が来る前にだいたい処分しちゃいます。10代のときから40代になったいまもまだ継続的に読んでいて、ときどきひとにあげている本のひとつが澁澤龍彦「高丘親王航海記」です。初めて読んだとき「なんかすげえ。でもたぶんこの小説のホントのすごさを自分はまだ分かっていなんじゃないだろか」と思ったのが、この10年おき読書のきっかけになりました。もうすぐ43歳になるのだけども、まだじつは「ホントのすごさ」に届いている実感はわきません。ちょっとだけ分かりそうな予感が出てきたかな、とかそんなくらいです。いつかこの本を読んで「若かったなあ」と思うときが来るのでしょか。80まで生きたらもしかして。

●横須賀からの手紙第3回(16時ごろ発行)
横須賀・浦賀の自宅から古書ほうろう前編集部に向け、約1時間おきにお送りしている連載3回目です。ただいまお昼ごはんを食べ終わったところで、こちらも不忍と同じくきれいに晴れています。我が家からは浦賀湾が見えるのですが、きょうは咸臨丸フェスティバルというイベントをやっているようです。ちょっと興味があって、文章の仕事とは別に、ここ2年ほど個人で電書(よくいう電子書籍)をあれこれつくっています。先日はトルタルという無料の電子雑誌を創刊しました。原理的にいえば電書が古書になることはありませんが、つかわれているフォーマットが過去の遺物になる可能性はけっこうあります。そうすると、その電書を読むためには昔懐かしいデバイスをひっぱりださなくちゃいけなくなって、なかなかページがめくれなかったりして「読みづれえなあ」「こんなに面倒だったっけ」と悪戦苦闘しながら読むことになるかもしれません。面倒です。でもすげえ楽しい気もします。「電古書」の誕生です。電古書は放っておいても、いずれきっと生まれるでしょう。でも、いますぐ読んでみたい。それで「電”気”書籍」という言葉だけつくって、海を見ながらときどきボンヤリ考えてみています。このあいだ某万年筆職人さんに言われたのは「機械式テレビジョン」をつかった電気書籍構想でした。19世紀につくられた発明品で、ニプコー円盤というグルグル回る円盤をつかった電子式以前のテレビです。けっこうきれいに映るらしい。詳しく知りたい方はググっていただくとして、この大げさなデバイスをつかって短編小説を表示させてみたい。たぶん、それはすごく電古書に近いものになるんじゃないでしょうか。時間とお金と人手があったら、やってみたいことのひとつです。

続きは5月3日の「ヒトハコ時報」で書くつもりです。

     

<電子雑誌トルタル創刊号>
 torutaru_1%28SS%29.jpg
 ダウンロードURL。無料。→トルタル創刊号
 読み方ガイド→「トルタルの読み方」
内容紹介PV(YouTube)→電子雑誌トルタル創刊します!



Posted by tekigi1969 at 13:57 | Comments [0] | Trackbacks [0]

2012年04月23日

●あれこれやります、やってます


1、去年から時々USTREAMをやっている「湘南電書」の次回配信が決まりました。4月24日(火)17時からでタイトルは「出版デジタル機構に来てみますた」。出版デジタル機構からは沢辺均さん、深沢英次さん、さらに偶然同時訪問なさる達人出版会の高橋征義さんにも参加して頂けるそうです。

2、出版デジタル機構(Pubridge)というのは「電子出版ビジネスの市場拡大をサポートするための公共的なインフラを整える」ための集まりで、300社以上の出版社が賛同して、4月2日に株式会社になりました。←イマココ。何をどうするかはこれから決まるそうだけど、電書インフラってAppStoreをはじめとする各社のストア、EPUBとかのオープンフォーマットがすでにあるし、これからはamazon、楽天さんのkoboも始まる。ぼくもまるっきりの個人だけど、けっこう出せている。それなりにやっている。そんな状況のなか、半官半民投資ファンドからすごいお金を投入して何をサポートするのか、どうしたいのか。ちょっとよく分からない。豪華ゲストの方々に、その辺教えて頂いたり、考えたりしてみようと思います。平日夕方ですが、ご興味ある方ソーシャルストリーミング等でぜひ助けて、じゃなくて、ご参加ください。

 
Streaming by Ustream
 ↑
 ここから見ることも出来ますよ。

3、5月6日(日)の第十四回文学フリマに参加します。先日創刊した電子雑誌トルタル関連の冊子・グッズが登場予定。”電子”じゃないトルタルをぜひ体験しに来て下さい。詳細→こちら

4、湘南電書、トルタルで一緒にあれこれやっている古田アダム有さんが中心になって「カフェ神保町電書」というのが始まりました。電子書籍/電子出版に関心のあるひとが、気軽にやりとりできる空間づくりをめざしたものだそうです。第一回は「まあ飲みながら話してみましょうか」という感じで、4月26日(木)19時からおこなわれるので、ぼくも行きます。公開イベントページ→こちら(Facebook内)聞いた話によると、毎回けっこうすごいメンバーが集まりそうです。とはいえ、電書は、たぶんこれまでの立場とか住み分けとかあんまり関係ない的なものになる(なって欲しい)と思っているので、ご興味ある方は気軽に来ちゃったらいいと思いますよー。

5、電子なアレが多いですが、紙のアレも絶賛つくっております。最近出た編集協力単行本はこんな感じ。何をやっているのか自分でもちょっとカオスな感じですが、宜しくお願いしていただけたらなあと願って止みません。

     

<電子雑誌「トルタル」もまだまだ創刊ちゅうです>
 torutaru_1%28SS%29.jpg
ダウンロードURL。無料です。→トルタル創刊号
読み方/対応ソフトが分からないという方の読み方ガイド→「トルタルの読み方」
内容紹介PV(YouTube)→電子雑誌トルタル創刊します!



Posted by tekigi1969 at 08:51 | Comments [0] | Trackbacks [0]

2012年04月14日

●トルタルのこと、電子雑誌のこと


1、電子雑誌を創刊したいと思ったのは2010年で、iPhoneで読む電書をつくってみたのがきっかけでした。よくいわれることだけど液晶画面で長文を読むと目が疲れるし、上手く頭に入ってこない。つい「眺める」という感じになってしまう。(慣れの問題もあるかもしれない。ちなみにKindleとかの電子ペーパーだと最初からスイスイ読める)そこに対応した文章の作り方・段落の組み方を工夫したりするのは楽しいんだけど、短文だけで構成された電書があったらいいんじゃないかな、と思ったのが最初。

2、ついでにいうと、スマホで何かを読む時間は大抵の場合、連続していない。電車だったり、コーヒーブレイクだったり、ベッドだったり、トイレだったりで「ふと」「なんとなく」見るんだと思う。だから、その断続的な時間に合わせたヒマつぶし的なものがつくってみたかった。

 559560693.jpg

3、2010年から個人的に「カナカナ書房」だったり「湘南電書鼎談」でちょこちょこ電書とかブックアプリをつくってみて、ウェブのなかで「自分の判断で好きなように扱える素材」を持つということのおもしろさを感じるようになった。ぼくは文章書きだけど、99%はまず発注ありきで制作しているから、そうそう自分勝手には扱えない。「ネタバレにはなるけどツイートしたら宣伝効果のほうが大きいじゃん」と思うケースでも、版元さんや編集さんの意向もあるから、うかつに触ることはできない。いちいち調整するのもめんどうくさいから、つまんなくとも、無難なことしかできない。でも自分と仲間でつくったものなら、できる。それはウェブ、とくにソーシャルメディアでは武器になるだろな、と思った。融通が利くってステキなことよね。そしたら2011年末にこんな本が出た。

 

4、ぼくがライターになったのは雑誌が好きだったからで、これまでに20誌くらい(もっとかも)で原稿を書いてきた。いまは単行本メインだけど、やっぱり雑誌的なことには関わっていたい。というか、そういう「場」が欲しい。「やりてえ」と思って年を越した。

5、他人を巻き込むほどの気合も見通しもない。でも、もしかして同じようなことを考えている人も多いんじゃないか。1月15日Facebookに「電子雑誌をつくりたい」と投稿したら、絵・写真・動画・音楽・文・編集・デザイン・プログラムの人から「やりたいね」といわれて、2日後には「あれ、できるかも」と思っていた。ここいらへんで引っ込みがつかなくなった。

6、こういうときは「勢い」こそが最優先だと考えるタイプなので、とにかく融通を最大にしようと決めた。「EPUBで作成して無料で配布」としたのは、できるだけ多くの「まだ電書とか読んだことない」という人に届けたかったから&リフロー型の本づくりを経験するのは将来役立つと思ったから。「まだ原稿料も何もないので、メリットは各自自分で見つけてください」という無茶な条件でもやろうという人たちが集まって(といっても住んでいるところも思惑もバラバラなまま、散開戦術的に)スタートしたのでした。

7、たまたまその直後に「再起動(リブート)せよと雑誌はいう」の著者・仲俣暁生さんにお会いする機会があった。そのときに「セックスピストルズの初ライブは演奏ボロボロで客もごくわずかだった。でもそのときの観客はみな帰宅後バンドを組んだ」という話(伝説)が出て、密かにそれでいこうと決めた。「楽しそうじゃん、なるほどね。でも俺のほうがもっとうまくできる」と思われたらこの雑誌は勝ちだ!というのがぼくの編集方針になった。
(続けるかも。続けないかも。)

トルタル創刊号の案内はこちら→トルタル創刊しました!

創刊号はこちらから直接ダウンロードできます。無料です!

 →トルタル創刊号

読み方/対応ソフトが分からないという方はこちらにガイドがあります。

 →「トルタルを読むには」(4月11日改訂)



Posted by tekigi1969 at 09:09 | Comments [7] | Trackbacks [0]

2012年04月09日

●トルタル創刊1週間


電子雑誌トルタル創刊から1週間が経ちました。
おかげさまで日本、アメリカ、香港、台湾、フランス、オーストリア、スペイン、韓国、イタリア、ブラジル、インドなどから
創刊10分で100ダウンロード
16時間で1000ダウンロード
1週間弱で2000ダウンロードしていただきました。ありがとうございます。

%E3%83%88%E3%83%AB%E3%82%BF%E3%83%AB%E3%81%AE%E3%81%82%E3%82%8B%E9%A2%A8%E6%99%AF19.jpg

でもやっぱり「EPUB3」という新しいフォーマットに戸惑われる方も多いようで「落とせない」「読めない」というケースも少なからず、あるようです。
こちらに、読み方/対応ソフトのガイド
 →「トルタルを読むには」
が用意してありますが、
これだけでは分かりづらいようなので、
もう少し詳細なガイドを作成しようと思います。
すみませんが、もうしばらくお待ちください。

 トルタル創刊号直接ダウンロードURL(無料)はここです。
 →トルタル創刊号

「何の本なの?」という質問もいただきました。たしかに、あんまり説明してなかったかもしれません。伝えたい気持ちはあるのですが、でもせっかくの「雑」誌なのだし、一口に説明できるようなモノにはまだしたくないっす。というわけでPVでご説明ということにさせてください。

 

というわけで、引き続きトルタルを宜しくお願い致します。

あ、そうそう。2号もやります。準備開始しますよー。



Posted by tekigi1969 at 08:56 | Comments [0] | Trackbacks [0]

2012年04月01日

●電子雑誌トルタル創刊しました!


カナカナ書房の電子雑誌「トルタル」創刊しました!
創刊号はこちらから直接ダウンロードできます。無料です!

 →トルタル創刊号

読み方/対応ソフトが分からないという方はこちらにガイドがあります。

 →「トルタルを読むには」

 %E3%83%88%E3%83%AB%E3%82%BF%E3%83%AB%E5%89%B5%E5%88%8A.jpg

たった1つのファイルですが、
スマホ、パソコン、タブレットで読めるはずです。

もし「友だちにもあげたいな」というときには
このダウンロードURL
http://bit.ly/torutaru_1
を直接伝えると軽くて便利だと思いますよ。ブログやSNSに貼っていただいてもOKです。

トルタルを宜しくお願い致します。



Posted by tekigi1969 at 12:19 | Comments [0] | Trackbacks [0]