2012年11月04日

●Google先生とぼく


1、今年4月にトルタルを創刊したときGoogle先生はこの言葉をまだご存知なかったようだ。律儀な先生は、ぼくらが検索窓に入力するたび「もしかしてタルタルではありませんか?」と表示してくださったものだ。

2、先生はものすごく頭が良いと思ってた。でも、それは昔の話なのかもしれないな。だって数ヶ月経って検索結果がそれなりの数増えても「タルタルではありませんか?」と聞き返すのは変わらなかったから。ぼくらは呆れて、でも慣れっこになっちゃって、そのうち気にしなくなったのさ。

3、ところが、半年経ったある日のことだ。

 google1.JPG

4、「おいボブ見てみろよ」思わず叫んでしまったよ。先生はとっくに「タルタル」といわなくなっていたんだ。いつからだろう。気が付かなかった。ちゃんとトルタルを覚えてくださったんだ。アルゴリズムバンザイって思ったし、一瞬でも機転の利かない理想主義者野郎だなんて軽視しかけてごめんなさいとボブ(犬)と一緒に反省したのさ。

 google2.JPG

5、先生はもうひとつ贈り物をしてくれた。予測変換に「電子雑誌トルタル」を加えてくださったんだ。こんな検索語句を入力するヤツがそんなにたくさんいるとは思えないけど、でも気持ちは受け取っておくよ。ありがとう、先生。タルタルがまだ予測の2番めにいるのには目をつぶっておいてあげるよ。

<電子雑誌トルタル最新号、3号はこちら(無料)>
 torutaru3ss.jpg
ダウンロードURL→トルタル3号
EPUB3読み方ガイド→「トルタルの読み方」
トルタルバックナンバー→カナカナ書房の電書一覧




Posted by tekigi1969 at 2012年11月04日 14:02
トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://tekigi.hiho.jp/cgi/mt/mt-tb.cgi/1924

コメント

That time, too, Adam Ivanitch said nothing. But when the same thing was repeated a third time he flared up and felt it incumbent upon himself to defend his dignity and not to degrade, in the eyes of so gentlemanly a company, the prestige of the fair town of Riga, of which he probably felt himself to be the representative. With an impatient gesture he flung the paper on the table, rapping it vigorously with the stick to which the paper was fastened, and blazing with personal dignity, and crimson with punch and amour Propre, in his turn he fastened his little bloodshot eyes on the offensive old man. It looked as though the two of them, the German and his assailant, were trying to overpower each other by the magnetic force of their stares, and were waiting to see which would be the first to be put out of countenance and drop his eyes. The rap of the stick and the eccentric position of Adam Ivanitch drew the attention of all the customers. All laid aside what they were doing, and with grave and speechless curiosity watched the two opponents. The scene was becoming very comical, but the magnetism of the little red-faced gentleman’s defiant eyes was entirely thrown away. The old man went on staring straight at the infuriated Schultz, and absolutely failed to observe that he was the object of general curiosity; he was as unperturbed as though he were not on earth but in the moon. Adam Ivanitch’s patience broke down at last, and he exploded.
クロエ ポーチ http://saison.cc/chloebags2.php

Posted by クロエ ポーチ at 2013年12月04日 23:50

His friend smoked acutely. “Well, I daresay I shan’t begin.”
アウトレット coach 割引 http://kuroisi.com/coachbags2.php?product_id=152

Posted by アウトレット coach 割引 at 2013年12月05日 11:59
コメントしてください




保存しますか?