2007年07月10日

●雑誌記事索引データベース

1、「明治・大正・昭和前期 雑誌記事索引データベース
  でなにげなくナウルを検索してみたら、1冊ヒット。
  昭和17年に「外地評論」という雑誌に載った
  「ナウル島の変遷と今後-労働政策の観点よりみたる-」
  という記事があるようです。

2、なかなか興味深そうな内容です。
  東大、京大、立教大にあるみたいなんだけど、
  大学図書館ってどうやって利用したらいいんだっけか。
  時間ができたら、閲覧しにいきたいなあ。

3、この検索サイト、つかってみると、けっこうおもしろい。
  大正、昭和初期といえば、エロ、グロ、ナンセンスの時代。
  例えば「ナンセンス」で検索すると、どうなるか。

4、「ナンセンスものがたり=シガレット型の握飯」(昭和3年「婦人公論」)
  「貧乏ナンセンス物語◆不潔同盟」(昭和5年「中央公論」)
  「 モダン・ナンセンス講座 ランデブーの訓へ」(昭和6年「婦人公論」)
  「★ナンセンス★ 現代馬鹿」(昭和7年「中央公論」)
  なんてな記事が出てきます。

5、ちなみにこの4つの記事
  1番上の掲載号のタイトルは「吾等の秩父宮殿下と節子姫号」。
  2番目の記事を書いた作者は、吉行エイスケさん。
  吉行淳之介さんのお父さんですね。
  NHKドラマの「あぐり」では、野村万歳さんが演じてました。
  3つめ、4つめの記事の作者は、サトウ・ハチローさん。

6、よ、よみてえ。
  国会図書館行けばあるのかな。

Posted by tekigi1969 at 18:44 | Comments [0] | Trackbacks [0]

2006年10月30日

●密かなブーム

1、2年半くらい前に「静かなブーム」を
  google検索したことがある。(→こちらの記事

2、でも「静かなブーム」は
  少しずつ盛り上がって、そのうち「本当のブーム」になりそう。
  もしなれなくても、そんな上昇志向をちょっと感じる。
  その点、
  「密かなブーム」はそのまま消えてしまいそうな儚さがある。
  いや、単なる語感のイメージなんですけどね。

3、googleで「密かなブーム」を検索すると、
  ヒットするのは13万9000件。

4、めぼしいモノを拾っていくと、
  「ツキを呼ぶトイレ掃除」「枝豆王子」「リクガメ」
  「クラシックパンツ」「京成線」「フルフットフィン」「焼きテビチ」
  「ユダヤ教ダイエット」「太刀台」「コナギ」
  「坊ちゃんマークの釜出し一番石鹸」などなど。

5、クラシックパンツ=ふんどし
  の売り上げが上がったのは知ってるけど、
  あとは流行しているとは、とんと聞かない。分からない。
  若干怪しげな雰囲気のものが混じっているのは
  やっぱり「密」の字の魔力なのかもしれません。

6、ちなみに「枝豆王子」というのは、
  ミュージシャン・児島啓介さんが
  枝豆の素晴らしさを伝える活動をおこなう際に
  つかっている名前だそうです。→参考

7、「坊ちゃんマークの釜出し一番石鹸」
  につきましては、
  こちらの公式サイトをどうぞ。
  かなり味わい深くて、イイ感じです。
  東北地方では有名なのかな?

Posted by tekigi1969 at 21:57 | Comments [0] | Trackbacks [0]

2006年10月26日

●ガルビッシュは意外に多い

1、こないだ実家の母から届いたメールに
  「イケメンガルビツシユ」とあった。(→こちらの記事
  そしたら某さんが
  「ガルビッシュで検索すると、けっこう出てくるよ」
  と教えてくれました。

2、googleでさっそく検索。
  「ダルビッシュ」→7万200件
  「ガルビッシュ」→9640件
  あわわ。ホントだ。

3、でも、
  「ダルビッシュ有」にすると15万7000件ヒットするのに、
  「ガルビッシュ有」は0件。
  おや?

4、「ガルビッシュ」の検索結果をよくみてみたら
  ●ダルビッシュをガルビッシュとホンキで思っているひと
  ●あえてガルビッシュと誤記してつかっているひと
  ●そういう名前のラトビア人
  ●そういう名前の少年野球チーム
  などがあるようです。
  でも、いちばん多いのは、やっぱり間違いっぽい。

5、ガルビッシュだと思っている人は
  テレビやラジオで野球のニュースを聞いているひとで、
  名前が「有」かどうかはあんまり知らないってことかしらん。

6、ちなみに、新庄剛志外野手の登録名は
  現在「SHINJO」(検索結果9万900件)になっていますが、
  「SHINJYO」でも、7万5900件ヒットします。

7、うちの母の表記法「ガルビツシユ」の検索。
  今のところヒットなし。0件でした。
  オリジナルだよ、おっかさん。よかったね。

 プリキュアプリズムホービッシュ
 プリキュアプリズムホービッシュ

Posted by tekigi1969 at 10:38 | Comments [2] | Trackbacks [0]

2006年05月14日

●36歳最後の日

1、明日が誕生日なので
  今日は36歳最後の日です。
  用事のない雨降り日曜。
  とくに何をするでもなく、
  昼からお酒飲んでぼやぼやしています。

2、36歳最後の日に、
  36歳が最期の年になってしまった
  「享年36歳」の人をネットで検索してみました。

3、エドマンド2世、石川五右衛門
  シラノ・ド・べルジュラック、ロベスピエール
  バイロン、鼠小僧次郎吉、有馬新七、ビゼー
  植木枝盛、ハインリッヒ・ヘルツ、ロートレック
  正岡子規、斎藤緑雨、ウラジーミル・マヤコフスキー
  ジミー・ロジャース、田中英光、ピストン堀口
  峠三吉、ジェラール・フィリップ、マリリン・モンロー
  ミシェル・ペトルチアーニ、沖田浩之、池田貴族
  ゲーリー・オブライトなどなど。

4、明日からは
  全員「ワカゾー」と呼べる、はず。
  いや、呼べないか。呼べないなぁ。

5、こうやってみると、
  色んな36年があるもんだなぁ。

6、検索しているうちに知った豆知識。
  「享年」って、
  死んだときの年齢をさすばあいと
  生きていた年数を記すときの
  両方があるみたい。
  だから以前は「享年〇」と書いて
  「享年〇歳」とは書かなかったのだとか。
  今は満年齢だから、一致するってことかしらん。

Posted by tekigi1969 at 17:36 | Comments [5] | Trackbacks [0]

2005年12月13日

●2年前の予測

1、2年くらい前に
  gooがやっていた「日本語自然文検索実験」に
  はまったことがある。
 (→ここ。ちなみに現在は終了しています)

2、あれこれ質問するとエンジンが回答してくれる。
  おもしろかった結果を
  当時livedoorでやっていたBLOGにも書いていました。
 (一部は、このBLOGにも転載済。これ、とか、これです)
  そのうちの1つを昨日読み返してびっくり。
 (→これ
  牛肉輸入再開の日時だと思えば、だいたい当たってる。
  僕は04年だと思って読んでいたけど、
  05年のことだったんですね。すごいぞ、goo。
  まぁ、その日に牛丼が間に合うかは微妙だけども。

3、ってことは、
  ビンラディンは日本にいるとかいう回答も当たっているのだろうか。
  まさか。いや、でも。うむむ。

4、今日は、
  来年出す予定の単行本の打ち合わせを兼ねての、
  忘年会に行ってきます。
  「日本語自然文検索実験」がまだあったなら
  「来年はどんな本が売れますか」と聞いてみたかったなぁ。

Posted by tekigi1969 at 09:56 | Comments [0] | Trackbacks [0]

2005年11月25日

●フォとホ

1、数年ぶりに仕事で徹夜。
  おかげさまで〆切は守れました。
  先ほど帰宅。眠いです。

2、寝る前に何か書こうと、
  googleで「ホークダンス」を検索。
  あやや、びっくり。
  616件ヒット。

3、フォークダンスは25万9000件。
  ホークは全体的に年齢が高い感じです。
  具体的には、(→こんな)サイトが並んでいました。

4、ホークソングは245件。
  何故か分からないけど、
  北海道だとかの大自然の風景写真の載っている
  ツーリング系サイトが多い。

5、「フォ」が「ホ」になると、
  「一ヶ月10万円で暮らせる村」感が強くなるようです。
  HGも年をとると、ホーと鳴くのかもしれません。
  ちなみに、ホルクローレは42件でした。

6、おまけ。
  「福岡ダイエーフォークス」を検索。
  うわ、あるじゃん。
  238件。
  おやすみなさい。

  
Posted by tekigi1969 at 22:12 | Comments [0] | Trackbacks [0]

2005年08月29日

●アスリートが育つ食卓

1、先日告知した(→こちら
  単行本「アスリートが育つ食卓」の定価が決まりました。
  1500円+税、とのことです。
  僕にとっては3冊目の本になります。宜しくお願いします。

2、先週末にgoogle検索したとき
  「アスリートが育つ食卓」のヒット数はゼロでした。
  現在は14件。
  yahoo!ブックス、セブンアンドワイあたりが出てきます。

3、ちなみに「アホウドリの糞でできた国」の
  検索結果は7690件。
  これも最初は数件。全部、このBLOGの記事でした。
  「アスリート~」もこれから増えていくといいんだけど。

4、なお、
  いまのところ、
  著者が「吉」田靖になっているサイトは2つです。
  これは増えない方が嬉しい。

Posted by tekigi1969 at 15:45 | Comments [2] | Trackbacks [0]

2005年07月20日

●半ズボンその2

「半ズボン」と「短パン」っていうのは
違うものなのだろうか。

もし同じだとしたら、
個人的には
「半ズボン」にこだわりたい気がする。
「半」という中途半端な感じに妙な愛着があるのです。
おじさんになったせいかもしれません。

googleで検索すると
「半ズボン」約14万5000件
「短パン」 約21万7000件

短パンの方が優勢になっているみたい。

しかも
「ハーフパンツ」も約18万5000件。

ずっと昔はみんな「半ズボン」と呼んでいたと思うんだけど、
知らないうちに「短パン」派の方が多くなって
さらに「ハーフパンツ」が勢力を拡大している。

ということは、
あと数年もすると「ハーフパンツ」が1位になるのだろうか。

でも
「パンツ」という単語に
やっぱり「下着」を連想してしまう層がいる限りは
なかなかそうはならないような気もするなぁ。

どうなんでしょね。

Posted by tekigi1969 at 11:14 | Comments [8] | Trackbacks [0]

2005年06月09日

●大黒といえば

1、サッカーW杯ドイツ大会、アジア最終予選で
  一気に人気者になったガンバ大阪の大黒将志選手。
  まさに救世主。
  大黒様とあったら、今や「おおぐろさま」とよむ時代。

2、ところが僕のパソコンで「大黒」をgoogle検索すると、
  トップに出てくるのは
  「Maki Ohguro Official Web Site」。

3、大黒摩季さんなのです。あれれ。
  2番目以降も、
  大黒海つり公園、大黒商事、あみだ池大黒、民宿大黒や、大黒質店
  神戸市立大黒小学校、という具合。
  なかなか、おおぐろ様が出てきません。
  
4、「おおぐろ」で検索。
  そしたら13番目に出てきました。
  ちなみにこちらもトップは大黒摩季さん。
  ううむ。そんなぐらいなのかしら。

5、ということは
  今、日本で「大黒、いいよね」と発言すると
  大黒将志よりも大黒摩季のことだと思われる可能性の方が
  高いといえそうです。
  注意した方が良いかもしれません。

6、さらに、
  「摩季じゃない方の大黒だよ」と念を押しても
  「ああ、海つり公園ね。あれはいいよね」
  と返される覚悟までしておけば完璧でしょう。



Posted by tekigi1969 at 21:56 | Comments [2] | Trackbacks [0]

2005年02月20日

●アイポットシャフルのこだわり

iPod shuffleを「アイポッドシャッフル」と書くのは
どういうわけか、ためらわれます。
きっと僕だけじゃないはず。

でも、検索してみると7,410件ヒット。
意外にいるんですね。

「アイポッドシフル」17件。
「アイポッドシフル」ゼロ。

「しっふる」なんて声に出してみると可愛いと思うんだけど、
そういう問題じゃないみたい。

某blogの管理人さんは「iPod」を最初は「iPot」と呼んでいたそうです。
「あいぽっと」。
100円ショップで売っていそうで、イイ感じ。

「アイポッシャッフル」42件

結構いますよ。〇〇駒さん、御安心を。

「アイポッフル」2件
「アイポッフル」やっぱりゼロ。

ちなみに僕のパソコンでは、
「しゃふる」と書いても一発ではカタカナに変換されません。
もしかしたら打ち間違いではないのかも。
何かのこだわりなのでしょうか。

だとしたら、
「シャ」に集中しすぎて、
「ト」の濁点をどこかに落としてしまった可能性がありますね。

拾った方は、すぐに届けてあげて欲しいと思います。

Posted by tekigi1969 at 18:23 | Comments [3] | Trackbacks [2]

2005年02月14日

●セイントヴァレンタインデイのこだわり

そういえば今日は2月14日でした。
「ブ」と「ヴ」が拮抗する一日です。

google検索をしてみると
「バレンタイン」 4,940,000件
「ヴァレンタイン」  83,600件
圧倒的に「バ」が多いようです。
「ヴァ」はこだわり派なんですね。

「セント」「セイント」を付けるとどうなるか。
二つの語の間の「・」はあえて付けずに検索してみました。

●バレンタイン
「セントバレンタイン」  630件
「セイントバレンタイン」 255件
●ヴァレンタイン
「セントヴァレンタイン」  1,950件
「セイントヴァレンタイン」  40件

おもしろいことに、
「セントヴァレンタイン」が一番多くなります。

深読みすると、こんな結論になるのかな。

1、あえて「ヴァ」と選ぶこだわり派は「セント」まで付けることが多い。
  でも「セイント」はやり過ぎだと思っている。
2、「バ」でいいやと考えるタイプは「セント」「セイント」はなくてもいい。
  でも、どっちかといえば「セント」かな、と感じている。
  「セイント」にしちゃうのもわりとアリなのと思う。

もうひとつ、「デー」「デイ」の使い分けがあるのだけど、
これを全部の組み合せで検索するのは面倒なのでパスします。

ちなみに
このあいだ念のために書いたこちらの記事(→「好きなチョコ」)の甲斐もなく、
本日、茶コレートもドモーリも僕の手元には届きませんでした。
遅れているのかな。そうだそうだ、きっとそうなのだ。
来年まで待ってみよう。

Posted by tekigi1969 at 22:37 | Comments [2] | Trackbacks [0]

2005年01月20日

●ファイナンシャルとフィナンシャル

去年、お金関係の書籍の仕事をする機会があったのだけど、
記事を書いていて何度か迷ったのが、
「ファイナンシャル」と「フィナンシャル」。

一般的にこういう時は、
「英語では~と発音をするのだから~が正しい」
と考えるのが真っ当なやり方なのだとは思うのだけど、
僕個人としては「今の日本でどっちが親しまれているのか」の方に興味がある。
しかも、英語の辞書を読むと
finace、finacialの発音は、「ai」でも「i」でもどっちでもいいらしい。

日本での現状を知るために、googleで検索してみました。

「ファイナンシャル -フィナンシャル」(フィナンシャルを含まないように-を付けました)
 15万7000件ヒット。

「フィナンシャル -ファイナンシャル」」(ファイナンシャルを含まないように-を付けました)
 11万6000件ヒット。

かなり拮抗している模様。
僕の結論としては「どっちでもいいのかな」となります。
でも、financialの名詞形である「finance」だと状況が一気に変わります。

「ファイナンス -フィナンス」 217万件ヒット

「フィナンス -ファイナンス」 186件ヒット

圧倒的にファイナンス。ほぼ100%近いです。

ということは、
多くの人が
「名詞ではファイナンスだけど、形容詞ではフィナンス」
ということをやっていることになります。

「ファイナンス フィナンシャル -ファイナンシャル」の検索結果→こちら

細かい正誤を気にすれば、
これはきっと「おかしい」と言えるのだと思う(たぶん)のだけど、
僕は何だか気に入ってしまいました。
しばらくは、このパターンで書いていこうかなと思います。

あと、
「フィナンス」「フィナンシャル」を統一しているごく一部の方々には
尊敬の念を感じました。
何となく「やり手」「本格派」っぽい。イメージだけですけどね。

 
Posted by tekigi1969 at 10:23 | Comments [186] | Trackbacks [1]

2005年01月19日

●世界のどこかに

1、最近自分が書いたBLOGの記事を読みかえしました。
  「糞」「放尿」「モホ面」「ウンウンウニウム」といった単語がずらり。
  僕は大丈夫なのか。
  リビドー方面に何かしらあるのかしら。どうかしら。

2、でも「〇〇駅で放尿している人見ましたよ」なんて
  コメントをいただけるのはおもしろかったです。
  今、この瞬間にも、世界のどこかで誰かが立小便をしているのですね。
  ちなみに「今、この瞬間にも」というキーワードで検索をすると、
  悲惨なニュース記事がたくさん出てきます。
  放尿は見当たりません。でも必ずしてるはず。力説することじゃないのかな。

3、あ。でも、yahooで検索してみたら2番目にこんなサイトが。
  「腸弱会通信

4、「今、この瞬間にも、どこかのトイレの前で足踏みしている人々がいるのです!」
  と書いてあります。
  この人達は外ではしないで、理性的に並ぶがゆえに緊迫しているんですね。

5、ルールを守る心優しき腸の弱い人々。
  トイレは早めに出るようにせねばと痛感しました。

 
Posted by tekigi1969 at 09:57 | Comments [0] | Trackbacks [0]

2005年01月06日

●誰かがきっと笑います

1、横浜は雨。
  キーボードを打つ指がかじかむほど寒いです。

2、でもこの程度で寒がっていたら、きっと北海道の人には笑われますね。

3、新年も6日目になって、仕事はいきなり山場です。
  某書籍の入稿が明後日。でも、8日は福岡取材なので僕はいない。
  だから明日が〆切。
  続々と送られるファックスに、電話機がうなり声を上げています。

4、でもこの程度で忙しがっていたら、きっと・・・
  うーん。誰が笑うんだろうか。
  googleで検索。

5、「日本一忙しい」と入力して、ヒットしたのは4760件。

6、主に登場するのは3名です。
 「日本一忙しい14歳」
 「日本一忙しいストライカー」
 「日本一忙しい俳優」
  どれが誰だか分かりますか?

7、答えは、
  岩井七世、平山相太、哀川翔さん。
  最初の人は知らないけども、彼らにはきっと笑われますね。

8、というわけで仕事しまーす。

 
Posted by tekigi1969 at 18:28 | Comments [2] | Trackbacks [0]

2004年12月20日

●「ブ族」と「ヴ族」の攻防

クリスマスイ「ブ」と書く人を「ブ族」
クリスマスイ「ヴ」と書くのは「ヴ族」
と勝手に命名。

さっきの記事で書いたとおり、
12月24日の表記法攻防戦では、78%がブ族で22%がヴ族でした。
ブ族の圧勝。

でも、この割合は攻防の場面によって違うみたいです。
典型的なのが、2大「ヴ」ブランドの表記。

今度はgoogleで検索しました。

「ルイヴィトン」 340,000件ヒット
「ルイビトン」   21,700件ヒット

ヴ族の勝ち。
ところが

「ヴェルサーチ」 125,000件ヒット
「ベルサーチ」  151,000件ヒット

接戦ですが、こちらは「ベ」の方が多いのです。
「ブ」でないのが残念ですが、まぁこれもブ族の一種ということでご容赦下さい。

ブ族とヴ族の攻防戦は、
色んな場所で繰り広げられているのかもしれませんね。
何か思いついたら、また調べてみます。

関係ないけど「ルイビトン」って字面、なんだか好きです。
ホンモノでもニセモノでもない中性的な魅力を感じるなぁ。


Posted by tekigi1969 at 16:08 | Comments [12] | Trackbacks [0]

●「イブ」と「イヴ」の比率

クリスマス「イブ」と「イヴ」の比率はどのくらいか。

googleはどちらも同じ単語として検索しちゃうので、
今回はyahooで調べてみました。

クリスマスイブ 221080件ヒット
クリスマスイヴ  64629件ヒット

だいたい22%がイヴなのですね。
結構高い気がします。人々はブを捨て、ヴに向かっている。
でも、そのうち「あえてブ」という勢力も出てくるでしょう。

日本で最初に「ヴ」を使ったのが誰なのかは知りませんが、
「日本初のヴ」で検索をすると、
TRFが日本で最初のヴ・ユニットだという記事がいくつか出てきました。

小室さんの知られざる先駆者ぶりをまざまざと見せ付けられた気がします。
最近は何だか夫婦漫才コンビみたいになってますけどね。


Posted by tekigi1969 at 11:34 | Comments [1] | Trackbacks [0]

2004年10月30日

●ローヤルとロイヤルの違い

ローヤルとロイヤル、ロイアル。
どれも元は「royal」のはず(一部「loyal」もあり)なのだけど、
日本では何となく使い分けがなされているような気がします。

てなわけで、いつものように検索サイトで確認。

<ローヤルで検索>
googleはご丁寧に「もしかしてロイヤル?」と両方とも表示しようとするので、
「ローヤル -ロイヤル」と入力しました。
ヒット数は9万7400件。
ローヤルゼリー関連、サントリーローヤルの記事が多いです。
特徴としては、地方色が強い。
トイローヤルおもちゃ生活館、ローヤル家電は東京だけど、
ローヤル不動産(秋田県)、ホテルローヤル(北海道伊達市)、焼き肉道場ローヤル(岐阜県)といった調子です。

<ロイヤルで検索>
「ロイヤル -ローヤル」で検索。
64万4000件ヒット。ローヤルの7倍近くあります。
レストランとホテルの名前がズラズラっと並びます。
ロイヤルホスト、ロイヤルウイング(レストラン)
京都ロイヤルホテル、横浜ロイヤルパークホテル(ホテル)
などなど。

<ロイアルで検索>
「ロイアル -ロイヤル」で検索。
1760件と数はぐっと減りましたが、そのかわりに高級感がアップ。
栃木県のケータリングサービス「ロイヤル
売買物件「ロイアル一番町」(半蔵門駅そばらしい)
その他、ロイアル・シェイクスピア・カンパニーの記事など。

<まとめ>
「ー」を「イ」にかえると都会っぽくなり、
「ヤ」を「ア」にするとリッチになる。

そういえば、ロワイヤル、ロワイアルなんてのもありますが、
これはきっとフランス語読みなんでしょうね。
この検索結果からすると、
「ローヤル」→「ロイヤル」→「ロイアル」と高級感を追求してきた日本人が
新たにフランス風を導入してみた、という感じがします。

Posted by tekigi1969 at 08:47 | Comments [6] | Trackbacks [0]

2004年10月25日

●君はどこの貴婦人?

先日の台風で座礁した「海王丸」という帆船は
「海の貴婦人」と呼ばれていたそうですね。

ネットで検索してみると、
「森の貴婦人」=オカピ
「空の貴婦人」=DC―8
「山里の貴婦人」=キイジョウロウホトトギス(鳥じゃなくて植物)
「鉄の貴婦人」=エッフェル塔
「インド洋の貴婦人」=モーリシャス
「イタリアの貴婦人」=バルサミコ酢
なのだとか。

ではGoogleで見つけた「野菜の貴婦人」は何でしょう?


答えは「うど」でした。→参照サイト

何だろう、この違和感は。

こんなサイトもありました。
演歌歌手 永井みゆきの空の貴婦人
ファンの方がやっているようですね。
ものすごく愛情が伝わってくるホームページです。

Posted by tekigi1969 at 14:28 | Comments [0] | Trackbacks [0]

2004年10月15日

●毛がはえたようなモノ


ア、「ホームページに毛が生えたような物だよ」

イ、これは「BLOGって何?」と聞いた知人に対する、ある人の答え。
  的を得ているのか、いないのか分からないけど、
 「毛が生えたホームページ」を想像すると楽しいなぁと思いました。

ウ、うちの奥さんは先日、美容室に行った時、
 「坊主に毛が生えたような感じにして下さい」と言ったらしい。
  ベリーショートのことだとか。
  上手く伝わったのかな。

エ、googleで検索してみると、実に色々な物に毛が生えているのが分かります。
 「電卓に毛が生えたようなモノ」
  これはエクセルの説明ページに登場する表現。
  こう言われたら、ものすごく簡単な気がします。

オ、その他にも、
 「民宿に毛が生えたようなホテル」
 「すごろくに毛が生えたようなゲーム」
 「自分勝手に茶色い毛が生えたような犬」
  なんてのもありました。みんなモサモサ。

カ、個人的に感心しちゃったのは、
 「小学生に毛が生えたような中学生」。
  なるほど。確かにその通りだ。


Posted by tekigi1969 at 21:43 | Comments [0] | Trackbacks [0]

2004年10月10日

●100円ライターの見えざる力

googleに「落とした」と入力すると、ヒット数は30万3000件。
逆に「拾った」は、16万1000件。

落とす人の方が拾う人の約2倍存在するようです。

僕はタバコを吸うのだけど、
100円ライターって、落とす、拾うの傾向がはっきりしている。

「ライターをいつも無くす人」
「帰宅すると見知らぬライターがポケットに入っている人」

中間ってあんまり見ない。
僕は前者で、知人の一人が後者に属します。しかも彼は吸収力バツグン。
だから気づくと全てのライターがその人の周辺に集まっている。

喫煙習慣のある友達ばかりで一晩中お酒を飲んだりしていると、
ある瞬間にその知人以外全員が「火貸して」と言っている。
知人に悪気はないので、
「あれ?ここに5つもあるぞ」とすぐに返すのだけど、
数時間で元通りになっちゃう。

もはや引力の法則。星の成り立ち。
基本的には超新星になる前にバラバラ(気づいて返す)になるのだけど、
放置しておいたらライターの重力でブラックホールになって、
さらにゴーッと吸収しはじめるのではないかとハラハラします。

彼に対抗するには
ライターを無尽蔵に持ち歩き、しかもバラまくホワイトホールのような人物が必要。
名古屋に一人そんな友達がいたのだけど、
最近その人は北海道に引っ越しました。
ブラックホールは都内在住。

というわけで、
間に挟まれた東北地方には今、
見えない力がグワーと働いているのではないかと勝手に妄想している次第です。


Posted by tekigi1969 at 17:23 | Comments [0] | Trackbacks [0]

2004年10月06日

●イチローすごさ49%増し

1、「すごい イチロー」のgoogleヒット数が6万2300件に増加しています。

  9月29日に検索した時は4万1900件だったから、
  48・68%の増加です。

  1週間で5割増だとすると
  4週間で5倍
  6週間で11倍。
  12週間後には129倍になっちゃいますね。きっとならないけど。

2、巨人のペタジーニは来季年俸大幅減というウワサ。
  報道によると、今季7億なのが来年は2億になるなんて話も出ています。
  ということは、約71%減。
  この調子でいけば、
  2006年は現在の8%の年俸。
  2008年は0・7%で490万円。あ、これでも暮らせそう。


3、最後はこれ。
  「巨人戦ガラガラ、「史上最少」観客 雨の消化試合横浜戦

  球界再編問題のゴタゴタで嫌われた影響なのか
  それとも単に消化試合だったからなのかは分かりませんが、
  東京ドーム以外での巨人戦の観客数が減っているそうです。

  この試合は公式発表では「入場者数1万人」になっているのだけど、
  どう見てももっと少ない感じです。
  朝日新聞はわざわざ数えていたみたい。イジワルだなぁ。おもしろいけど。

  この記事によると試合開始前は150人!!
 「プレーボール時には2倍くらい」と書いてあるから、300人。
  これを計算するのは、やめておきます。
  来年はきっとおもしろくなるはずだ。

Posted by tekigi1969 at 13:12 | Comments [0] | Trackbacks [0]

2004年09月29日

●スゴイと言ったら100円

1、イチローすごいですね。
  彼は生まれてこの方一体何回「すごい」と言われたんだろう。

2、「すごい イチロー」で検索すると4万1900件ヒット。
  「凄い イチロー」は2万5700件。
  「スゴイ イチロー」だと7160件。

3、「すごくない イチロー」は587件しかありません。
  やっぱりすごいんだ。

4、いっそのことイチローは
 「スゴイと言ったら100円」という契約を結んだら良いと思う。
  マリナーズとの契約よりよっぽど稼げそう。

5、日本とアメリカの国民約3億人のうち、
  半分が1回「すごい」と言っただけで150億円。
  きっと今年はこれより多い。

6、でも今年彼に向けられている「すごい」は
  以前の記録の時の「すごい」よりも熱気と気合がこもっているはず。
  このエネルギーが発電に使えたら便利なのに。

7、あんまりコメントを発表しないイチローだけど、
  心の中でこっそり「スゴイ」の数を数えていたらどうしよう。
  うっかり連発していると、ある日突然請求書が届く・・。
  もしもに備えて、必死にテレビの前で連呼する。
  「すごくない。すごくない」

8、わっ、今日第一打席二塁打だ!!すごいぞイチロー。

Posted by tekigi1969 at 11:15 | Comments [0] | Trackbacks [0]

2004年09月24日

●鉄人は何号までいるのか

鉄人といえば28号が有名だけども、
ネット上には何号までいるのだろう。

検索してみました。
(これまでの検索関連記事は→「いろいろ検索」カテゴリーから読めます)

googleを使うと
「数字」と「文字」を別ワードとして検索してしまうようなので
今回はyahoo!を使用。

<鉄人29号>
 80件ヒット。
 宇多田ヒカル掲示板で何かあったようです。→検索結果

<鉄人30号>
 10件ヒット。
 アンテナがあるみたい。→こちらの上から二つ目
 こうやって見ると金属バッドのようです。

<鉄人31号>
 4件ヒット
 2002年北海道マラソンの605位だった選手の所属が
「鉄人31号」です。→こちら
 会社名だったらすごい。

<鉄人32号>
 なし

<鉄人33号>
 8件ヒット
 ビアンクール フール・ドミ・セックという商品が当選しています。→こちらの上から5人目
 33号は鳥取県に在住。

<鉄人34号>
 1件ヒット

<鉄人35号>
 484件ヒット。
 いきなり増加しました。
 ただ数字を変えるだけなのに、不思議と片寄っているんですね。
 地上35m以上で使う基礎工事用のグッズが登場→こちら
 なんだか妙にカッコイイ。一つ欲しい。

<鉄人36号>
 3件ヒット

<鉄人37号>
 14件ヒット
 新潟県のスリフトモール上越というショッピングモールの中にある
 オモチャ屋さんが「鉄人37号」

ちょっと果てしなさそうなので、
一気に飛ばします。

<鉄人54号>
 9件ヒット。
 広島カープ苫米地鉄人選手(背番号54)の応援記事が出てきます。
 なるほど。

<鉄人119号>
 1件ヒット→検索結果
「逮捕しちゃうぞ」映画化についての掲示板で発見。

<鉄人2800号>
 2件ヒット→検索画面

↑現在までに発見した中では、これが最高の鉄人でした。

結論はとくにないです。
2800号以上の鉄人を発見された方は教えて下さい。

Posted by tekigi1969 at 14:46 | Comments [5] | Trackbacks [0]

2004年09月22日

●百京年の彼方にあるもの

以前このBLOGで、
ゼロを限りなく並べて検索したらどうなるかを調べたことがあります。
(「色々検索」カテゴリーをご参照下さい)

これとほぼ同じことを「年数」でやってみました。
そしたら思いがけない結果が出ました。
単位があがるごとに世界がガラッと変わるのです。

●「百年」で検索
 〇〇百年史といった歴史記事が多い。

●「千年」で検索
 千年王国という単語が並ぶ。
 何故か映画、DVDがいくつも出てきます。
 →千年女優千年火

●「万年」で検索
 お店の名前がずらり。
 亀屋万年堂、亀屋万年閣、1万年堂出版など

●「億年」で検索
 地球の歴史についての記事ばかりになります。
 生命の神秘など、科学の匂いが漂ってきました。

●「十億年」で検索
 SF小説が多いです。→検索結果

●「百億年」で検索
 ついに宇宙に飛び出しました。→検索結果

●「千億年」で検索
 サザンオールスターズの「愛の言霊」という曲に関係したサイトが多く出てきます。
 宇宙の果てには、愛があるようです。

●「兆年」で検索
 愛の次には何か出て来るのか。
 なんと、セキュリティ関係のサイトでした。→検索結果
「この暗号を解析するには〇兆年かかる」という表現があるからです。

●「京年」で検索
 登場するサイトに統一感がなくなってきました。→検索結果
 どこかの会社の事業計画書が出てくるのは何故なのだろう。

●「百京年」で検索
 不思議なことに京都だらけです。→検索結果
「京」という単語のせいかな。
 これまで出てこなかったのに不思議だ。

●「垓年」で検索
 6つ出てきました→検索結果
 宇宙の未来についての記事
 無限の数値についての記事
 何かの数学の問題の解答
 誰かが書いた日記
 そして2ちゃんねるブラウザの記事が二つ

<結論>
歴史の果てには、
宇宙があり、その向こうには愛、そしてセキュリティ。
最後は京都を経由してやっぱり2ちゃんねるに行き着く。

Posted by tekigi1969 at 13:30 | Comments [0] | Trackbacks [0]

2004年07月16日

●消えてゆく「ギグ」

「ギグ」って最近聞かない。
たまにライブハウスのフライヤーで
「シークレットギグ」なんて見かけるとなんだか恥ずかしい。

googleでの検索結果。

「ライブ」   254万件
「ライヴ」   252万件
「コンサート」 200万件
「リサイタル」  15万件
「ギグ」  1万9200件

ギグはリサイタルの10分の1ぐらいしかありません。
かなり死語に近付いている模様。

しかもギグの検索結果を見ていると、

ライブハウスの名前→こちら

人形劇団の名前→こちら

宇都宮市民芸術祭軽音楽祭→こちら

など、かなり「地方」「地域」「伝統」的なニュアンスの強いものが並んでおります。
ヤバイですね。
ギグ=過激そうなバンドのライブなんてイメージはもはや過去のモノらしいです。
「ギグ保存会」なんてそのうちできるかもしれません。

もう一つ
音楽用語で僕が気になっているのが
「ガレージ」という言葉。

90年頃にPIXIESとかSONIC YOUTHを形容する時には
これは「ガージ」と表記していた記憶があります。
いつから変わったんだろう。

検索hit数を比較しようと思ったんだけど、
車のガレージが大量に出てきてしまうのであきらめました。

「いつの間に変わったの?」で、最後にもう一つ。

「ビョーク」って、sugarcubesのメンバーだった頃は、
どの音楽雑誌でも「ビヨルク」と書いていた気がするんだけど、
ソロになったら変わってましたね。
あれも未だに違和感が抜けません。

こういうことにこだわっているうちに、
おじさんになるのかしらん。

Posted by tekigi1969 at 09:55 | Comments [0] | Trackbacks [0]

2004年07月13日

●ストッキングは「電線」?「伝染」?

ストッキングの「でんせん」。
男なので体験したことはありませんが、字くらいは書ける。
と思っていたのだけど、
僕が「でんせん」だと思っていた漢字は間違っていました。

まず最初に正解を。
「伝線」
これが正しいようです。辞書で確認しました。
でも、これ、僕のパソコンでは変換されません。

例によって、みんなどうやって書いているのか調べてみました。
使ったのはgoogleです。

検索結果はこんな感じ。

「ストッキングが伝線」 561件
「ストッキングが電線」  82件
「ストッキングが伝染」  89件

それぞれのシェアは
 伝線 76・6%
 電線 11・2%
 伝染 12・2%
でありました。

思ったよりも正解率高いんですね。
僕は伝染だと思い込んでいたんだけどなぁ。ちょっと恥ずかしい。

ちなみに、この検索の過程で、こんな記事を見つけました。

読んでみると分かるのですが、
この短い文章の中に「伝染」「電線」「伝線」が全部混ざっちゃってます。
書いてるうちにワケ分かんなくなっちゃのかな。


Posted by tekigi1969 at 21:22 | Comments [2] | Trackbacks [0]

2004年05月14日

●「いたせりつくせり」率は9・9%

さっき奥さんと話をしていて
「あれ?いたせりつくせり?いたれりつくせり?」
と迷ったので、Googleで検索。

「いたせりつくせり」の検索結果  560件
「いたれりつくせり」の検索結果 5090件

正解は「いたれりつくせり」
間違え率は9・9%
結構高いようですね。

ネットで日々文章を見る習慣ができてくると、
「これなんて読むのだろう」というモノが増えてくる。

最近では「orkut」が結構悩みました。
どうやら「オーカット」で良いみたい。
紛らわしいのはダメじゃんとも思うのだけど、
でも会う人ごとに違う読み方をしているのは、なかなか楽しい。

「台風一家」が正しくは「台風一過」だと気づいた時、
子供の頭の中に漠然とイメージされていた
「台風の家族」「日本晴れの空と台風の子供」といった映像は
はっきり消えてなくなってしまうわけで、
これはちょっと寂しいことのような気がするのです。

そういえばこのBLOGをいつも読んでくれている知人に
「あのさぁ、言いづらいんだけど、適宜って何て読むの?」
とメールをもらいました。

「テキヨロ?じゃないよね」

結局読み方教えちゃったのだけど、
ウソ教えておけば良かったなぁと
今になって、ヘンな後悔をしております。

「てきよろこうしん」で僕は全然OKです。


Posted by tekigi1969 at 17:28 | Comments [0] | Trackbacks [0]

2004年04月07日

●アフリカ代官山

昨日「ドイツ村」について調べていて、
どうやら遠く離れた場所や言葉を並べると、
そこには異次元ができるらしいと気づきました。

例えば「白金運輸株式会社

シロガネーゼがトラックを操り、華麗に働く様子が目に浮かんできます。
セレブな富岡製糸工場。

アフリカ代官山

ちょっと確信犯っぽいですが、
じっーと店名だけを見つめていると
やがて「代官山」といううっそうとしたジャングルに被われた小山が。見えないですか?

オシャレな名を持っている大手チェーンの支店を検索すると
味わい深い組み合せがわさわさ登場します。

「メガネのパリミキ 斑鳩店」
「メガネのパリミキ 河内長野市役所前店」
「メガネのパリミキ 長崎屋秋田店」

パリミキの人は、支店を出すたびに苦労しているのかもしれません。

日本ではほとんどオシャレを意味する修飾語になっている「パリ」ですが、
その応用形が「ド・パリ」で、マキシムが有名です。

「ド・バリ」(「゜」じゃなくて「゛」)で検索してみたら、こんなのがみつかりました。
シャンソン ド バリ
しかもこれは「バリ」でも「パリ」でもなく「今治」の歌だそうです。

世界中をぐるぐる回っていたら、
行き着いた先は愛媛県でした。

さて、仕事します。


Posted by tekigi1969 at 10:12 | Comments [0] | Trackbacks [0]

2004年04月06日

●なぜこんなにドイツ村

東京ドイツ村の存在は知っていたのですが、
何気なく検索してみると、
実は日本中にドイツ村ってあるんですね。

東京ドイツ村

赤城高原牧場クローネンベルクドイツ村

岡山農業公園ドイツの森クローネンベルク」(注)音が出ます

うえのドイツ文化村

実は千葉県にあることで有名な「東京ドイツ村」ですが、
「うえのドイツ文化村」に至ってはなんと宮古島にあります。

これを数式にしてみると
東京+千葉=ドイツ
うえの+沖縄=ドイツ
解くのはかなり難解です。

ようするに動物と自然とビールとウインナ―の4つの神器がそろえば
場所は問わずに、そこはゲルマンということかしらん。

もしかすると、
我々が知らないうちにこっそり日本を少しずつ
ドイツ化する計画が進行しているのかもしれません。

負けるなムツゴロウ王国。
浮かんじゃだめだ。

(関連記事)「ムツゴロウ王国移転宙に浮く」(ヤフーの記事)


Posted by tekigi1969 at 16:22 | Comments [7] | Trackbacks [0]

2004年04月05日

●工夫される草nagi剛

もうひとつ検索してみました。
検索ワードは、「彅」の字が出ないことで有名な、草彅剛さん。

今回もGooの検索エンジンです。
みなさん苦労しているようですねぇ。

「草なぎ剛」11600件
「草ナギ剛」 1900件
「草nagi剛」 32件

どわっ。nagiもアリなのですか。
でも、まだまだ未知の表記法があったのです。


●難しい字は無視しちゃえ派
「草剛」32900件(注)写真集のタイトルのようです。

●変な字は間違えちゃえ派
「草凪剛」 597件(注)草凪純という人がいるみたい。
「草薙剛」2150件

●画数多いからバラしちゃえ派
「草弓剪剛」326件

●もっとバラしちゃえ派
「草弓前刀剛」423件

恐るべし、SMAP。
ここまでくると、もはや日本刀です。

ちなみに
「草弓前刀岡リ」はヒットしませんでした。
最後の「り」を工夫すれば見つかるのかな。

Posted by tekigi1969 at 10:03 | Comments [0] | Trackbacks [0]

●七人のハーブチー

春になったので、
市民菜園にイモと下仁田ネギを植えてきました。
ベランダには、ハーブがわさわさ。

夏になったら、ミントをどっさり山盛り煮て、冷し、
ウォッカに混ぜてぐいっと飲むのです。

Gooの検索エンジンに「ハーブティー」と入力すると、71100件がヒット。

「ハーブテー」だと47件です。

ちなみにGoogleを使うと、「ハーブテー」を勝手に「ハーブティー」に直してくれる。
ちょっと無粋。こういう検索には不向きです。

「ハーブチー」 7件→こちら
いるんですね。「はーぶちー」。
ちょっと驚きました。

「ハーブ茶」2330件
「ハブ茶」 3090件←こういう名前のお茶があるみたい。

「ハブティー」46件
「ハブテー」 7件←自動車改造サイト多し。
「ハブチー」 0件

これで、このページが検索エンジンでヒットする「ハブチー 1件」になるかな。

最後に「ヴ」を使った用例を検索。

「ハーティー」 34件

「ハーヴテー」「ハーヴチー」はなし。

やはり小粋な使いは、ちーとかてーとは言わないようです。

Posted by tekigi1969 at 09:11 | Comments [0] | Trackbacks [0]

2004年03月06日

●小数点以下17桁の世界

今日は締め切りのない土曜日。
お昼ごはんを食べてから、
家庭菜園のための種イモとイタリアントマトの種を買ってきました。で、色々準備をしたら、再びヒマに。

さきほどの単位巡りの続きをやってみました。
今度はGoogle(日本語サイト限定)で逆に遡ります。

検索「0.1」 ヒット数 92万5000件
 (色んなサイトがあります)

検索「0.01」 ヒット数 19万4000件
 (シャッターの速度とか水質調査のサイトが多い)

検索「0.001」 ヒット数 5万9800件
 (水質調査だらけに)

検索「0.0001」 ヒット数 1万8800件
 (水質調査の世界は以前続く)

検索「0.00001」 ヒット数 4120件
 (環境ホルモンの文字が登場)

検索「0.000001」 ヒット数 2170件
 (意味不明の数字が並ぶサイトだらけに→参照

検索「0.0000001」 ヒット数 792件
 (大学のサイトだらけのようです。来てはいけない場所にいる感覚に陥ってきました)

検索「0.00000001」 ヒット数 392件
 (深海に潜っている気分。ぶくぶく)

検索「0.000000001」 ヒット数 906件
 (ちょっとヒットが増えました。でも、数式だらけです→参照

検索「0.0000000001」 ヒット数 206件
 (再び減少。何故でしょう?2ちゃんねるが登場します→参照

検索「0.00000000001」 ヒット数 200件
 (「エヴァンゲリオン特別編」というページが登場します。ここはどこなんですか?)

検索「0.000000000001」 ヒット数 641件
 (また増えました。終わりはあるのか?)

検索「0.0000000000001」 ヒット数 72件
 (現在小数点のあとに、ゼロは12個あります。ここにも既に人類はたどり着いていました)

検索「0.00000000000001」 ヒット数59件
 (「数理工学演習第一 レポート2」というページが。こんなに海深くまで勉強お疲れ様です)

検索「0.000000000000001」 ヒット数541件
 (これがピコメートルらしいです)

検索「0.0000000000000001」 ヒット数66件
 (「数値計算の落し穴」というページが。僕は今そこに落ちているのでしょうか?)

検索「0.00000000000000001」 ヒット数49件
 (「大きい数と小さい数」を漢字で表記するページが。また人の気配が濃くなってきました→参照

果てがなさそうなので、今回はここでいったん浮上。
どういうわけか、息苦しい気持ちになりました。

結論。
人ってすごい。

以上です。
そのうち、この続きはやります。いつか、未開の地を見つけるまで。

Posted by tekigi1969 at 16:49 | Comments [0] | Trackbacks [0]

●「百垓円」で検索すると分かること

100万円と1000万円では生活レベルがかなり違う。
単位が上がると見えてくる世界が変わるはず。

というわけで、Googleで調べてみました。

検索ワード「百円」
結果 16万件ヒット
「百円文庫」「百円ショップ」「百円玉より小さなメモリカード」などがでてきます。安売情報多し。

検索ワード「百万円」
結果 68万4000件ヒット
「○百万円盗まれる」などの事件記事が多い。生生しい感じのゾーンです。


検索ワード「百億円」
結果 2万8100件ヒット
「○百億円の負債」「予算」「銀行」「投機」などの報告記事がメイン。
 どこかの組合とかのPDF文書が多数あります。

検索ワード「百兆円」
結果 2890件ヒット
「日銀」「日本」「金融」などの文字が躍ります。
「猪瀬直樹」さんの記事も出てきました。
 なんだか無性に偉い人に見えてしまうから不思議です。

検索ワード「百垓円」
結果 2件
 突然減ります。
「1万円札を積み上げて宇宙へ行こう」という記事と、
2ちゃんねるのスレッドの2件のみ。
現実感はほとんどありません。

結論。
単位が大きくなると、どんどんスケールが大きくなって、最後は2ちゃんねるに行き着く。

では、最後。

検索ワード「百億万円」
結果 277件
あ、あった!!驚いた。
トップに出てきたのは「死語どっとコム」です。

この記事のタイトルに「百垓円」と入れたのは、
googleで検索したとき登場する3番目のサイトになりたかったからです。

Posted by tekigi1969 at 11:55 | Comments [23] | Trackbacks [0]

2004年02月25日

●Goo日本語自然文検索いわく「牛丼復活の日は12月24日」

久しぶりにGooの日本語自然文検索に質問をしてみました。
(過去の記事は、こちらとか、こちら

質問は、「牛丼復活の日を教えて下さい」
答えは、「12月24日」

おおっ、クリスマスイブ。

聖夜には着飾ったカップル達がイルミネーション輝く吉野家に並ぶ光景が見られそうです。

Posted by tekigi1969 at 11:25 | Comments [0] | Trackbacks [0]

2004年02月13日

●「抱っこひもスリング」「大人向けベビー人形」が静かなブームだとか

今日締め切りの原稿は全て送信しましたよ。

「静かなブーム」というのは、わりと言った者勝ちなところがありますね。
というわけで、検索エンジンで調べてみました。
今一体何が「静かなブーム」なのでしょう。

結果は
抱っこひもスリング
大人向けベビー人形
道端でipod

全部知りませんでした。
どうでもいいけど、ベビー人形の記事、見出しが「大人向けけ」になってます。
おとなむけけ・・・何となく邪悪ないやらしい感じ。
欲しくなっちゃいそう。

Posted by tekigi1969 at 18:31 | Comments [13] | Trackbacks [0]

2004年02月07日

●Gooの日本語自然文検索のチカラ

おはようございます。

昨夜に引き続き、
Gooの日本語自然文検索であります。
今回は未解決事件の犯人を
Gooに教えてもらいました。

質問1「世田谷一家殺人事件の犯人は?」
回答 「宮川裕章」

 フルネームで回答がありました。
 誰なんでしょう?ちなみに2位は「ホフマン」
 そういえば、外国人犯行説もありました。

質問2「三億円事件の犯人は?」
回答 「タイムスリップ」

 おおっ。時空を超えた犯罪者だったのか。
 ちなみに5位は作家の「清水義範」さん。

質問3「拉致事件の黒幕は?」
回答 「ハマコー」

 急に愛称で答えてくるとは思いませんでした。
 2位は「安倍」3位は「金大中」。

「名探偵Gooの事件簿」シリーズは、
 また気が向いたらやってみたいと思います。

Posted by tekigi1969 at 09:28 | Comments [7] | Trackbacks [0]

●Gooの日本語自然文検索で遊んでみました

Gooが始めた
日本語自然文検索実験
はなかなか使えます。

これは日本語で質問文を入力すると
回答を探して表示してくれるという
新しい検索方式。

で、色々聞いてみました。
回答はいくつか有力な候補を並べる
形式になっているようです。

質問1「Gooの社長は誰ですか?」
回答「中嶋」

当たっているのか分かりませんが、
いきなり呼び捨てなのが嬉しいです。

質問2「世界は平和になりますか?」
回答「ロシア」

非常に良い感じです。
ちなみにこの質問の回答候補は
2位以下順に「中国」「山梨県」「カウンタ」
でした。

このシステムは、
知っている回答を教えてあげることもできるので、
徐々に経験を積めば、
アタマも良くなっていくのだと思います。
温かく見守りながら、育ててあげたいものですね。

Posted by tekigi1969 at 00:16 | Comments [0] | Trackbacks [0]